YOKOHAMA lover

白崎選手と筒香選手 ふたりのドラ1野手が試合を決めた

このエントリーをはてなブックマークに追加

CSクリンチ2.5 残り6試合

筒香選手は入団のときから、もちろん期待が高かったのですが、2軍で大活躍したルーキーイヤーの終盤1軍に昇格し、初安打のホームランを放ったのを見て、私は筒香選手が今の姿になることを確信したものです。高校時代、甲子園でのホームランも凄かったですが、プロの投手から打ったあの一撃は、また衝撃的だったのです。

一方の白崎選手も、六大学の首位打者ですから、守備と打撃を兼ね備えた選手として、期待したものです。しかし、何年経っても、期待に応えてくれず、ここまで来てしまいました。今日も2回表の無死満塁のチャンス、無死と言っても打線は下位になっていきますから、最初の白崎選手が肝心です。ここで見逃しの三振。確かに打者にとってはきびしい外角低めのコースでしたし、そこに投げられる能見投手が一枚上と言えばそれまでですが、今日の審判はあのコースは終始ストライクに取っており、そうでなくても追い込まれているのに見逃していい球ではありません。案の定この回は無得点に終わりました。白崎選手はこれで、24打席ノーヒットです。

そのまま2点リードされて迎えた5回表、先頭の白崎選手が3球目のスライダーを、ものすごい当たりのホームラン。このホームランでさすがの能見投手も多少なりとも動揺があったのでしょう。モスコーソ投手に四球、桑原選手はサード強襲のヒット、ロペス選手に四球で、今日2度目の満塁です。しかし今度は迎えるバッターが違います。4番筒香選手は、全ベイスターズファンの期待に応えて、走者一掃のタイムリーツーベース。本当に凄い打者です。

しかし白崎選手だって、ホームランの後の打席は右方向にクリーンヒット、こういう打撃もできるのに、なんで24打席連続ノーヒットになってしまうのでしょう。

大洋が横浜に来たのは1978年ですが、その頃も野手は打撃も守備も良いのに、計算できる投手が2,3人しかいない。打っても打っても点を取られて負けるというチームでした。その10年ぐらい前から、ドラフト1位は続けて野手を指名していた時期があり、1969年の荒川堯選手は二度とあってはならない悲劇的な事件が起きた上に入団直後にヤクルトに移籍しましたが、翌年は野口内野手を指名し、1972年には法政の長崎慶一外野手、翌年には慶応の山下大輔内野手と2年連続で六大学のスター選手を指名して、私が元祖マシンガン打線と呼んでいる当時の打線が完成しました。

しかし横浜に来る少し前からは、ドラフト1位はずっと投手を指名し続けています。大洋ホエールズがベイスターズになっても、DeNAになっても、野手をドラフト1位で指名することは、あまりありませんでした。(もちろん、どのチームにとっても投手は重要ですし、その年の補強のポイントによりますから、これは横浜に限ったことではなく、またそれが悪いと言っているわけでもありません)

1974年が日本石油の根本投手、そして翌年が大商大の斉藤明夫投手、その翌年は門田富昭投手(遠藤投手はこの年の3位)。そして78、79年は2年連続して木田勇投手を指名しましたがいずれも抽選で逃し、1980年には久しぶりに野手の東海大原辰徳選手を指名しましたが抽選で外して、結局高校生投手を指名しています。次に野手を1位指名したのは、大成しませんでしたが1983年の銚子利夫選手、その次はもう1988年の谷繁捕手になってしまいます。こうして見ると、横浜に来て以来、大洋時代にドラフト1位指名で成功した野手は、谷繁選手ただひとりだったことになります。

ベイスターズに変わってからも、1994年の横浜高校紀田選手も1999年PL学園田中一徳選手も大成せず、1998年の松坂投手の外れ1位として指名した古木選手が、少し活躍してくれただけでした。2000年内川内野手、2001年村田内野手と、結果的に4年連続野手を指名して、ようやく大成したドラ1野手がふたり出現したのですが、ふたりともFAで出て行ってしまいました。その後も投手の1位指名が続き、2008年の松本外野手が久々の野手指名でしたが期待どおり大成したとは言えず、翌年2009年の横浜高校筒香内野手が、ついに大輪の花を咲かせました。そしてまた投手の指名が続き、2012年東浜投手の外れ1位として指名したのが、駒沢大学の白崎内野手です。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ヘーゲンズのCS先発はないかとおもった試合。 広島 3-5 中日【二つの歓喜をもう一度!】

2016ジャイアンツ新人テスト。84人が参加、2次テスト通過者は6人 【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

大島、平田の動向によって中日打線は大きく変わる【プロ野球の魅力を語る】

三浦のために。惜敗。【ベイスターズファンの慟哭】

三浦大輔と共に【トゥモアナ精神で行こう】

24年連続勝利逃してもまだまだ【YOKOHAMA lover】

この時期は対戦相手の先発投手のモチベーションが、勝敗を左右しますね【温故知新ベイスターズ~2017】

三浦大輔は横浜の誇り【栄光の星を目指して】

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:6239
  • 累計のページビュー:19376319

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  5. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  6. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  7. DeNAの功罪と最大の危機
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss