YOKOHAMA lover

山口投手はベイスターズのエースである

このエントリーをはてなブックマークに追加

一部では、昨夜の先発は先週の水曜日先発したペトリック投手で、山口投手は4日の先発と予想されていましたが、実際には先週水曜ファームで無事に調整登板を済ませた山口投手が、中6日で先発でした。ペトリック投手には申し訳ないですが、私にとっては山口投手が優先なのは当然です。私的には、山口投手は、ベイスターズのエースなのです。2連敗、それも前日はクローザーの山﨑投手が炎上するといういやな負け方でしたから、昨夜は絶対に勝たなければいけない試合でした。それも、疲弊気味のリリーフを休ませられるよう、長い回を投げることが求められていました。そうなれば、もう、山口投手の復帰しかしかありません。

チームが一番大事なときに捻挫で戦列を離れ、またもや皆様にご迷惑をおかけしましたが、その分俊はこれからやってくれるでしょう。昨夜の試合での落ち着いたマウンド捌きは、以前にはなかったものです。顔つきが、別人になってきました。味方が初回に、梶谷筒香選手の連続ホームランなどで4点取ってくれながら、その後追加点を奪えないどころか全くヒットも打てず、けして試合の流れが良いとは言えなかったのですが、苦しそうな、あるいは不安そうなところは全くなく、涼しげな、優しげな表情のままでした。3回の満塁のピンチを切り抜けたときも同じ表情です。当たり前の仕事をしただけという表情で、派手なガッツポーズも笑顔もありませんでした。苦手のフィールディングも、やや難しいピッチャーゴロを、無難にこなしていました。山﨑投手や今永投手、ペトリック投手のような、内野手なみのフィールディングでなくてもいいのです。慌てず、普通にやってくれればいいのです。山口投手は、ようやく本物になってくれたような気がします。

ラミレス監督は試合前、故障上がりなので6回程度を考えていたようでうすが、6回で100球を越えても7回も続投し、さらに8回も投げるぞと言う素振りを見せていた山口投手でした。あとは、7回に若い選手に初球を打たれたようなミスをなくして、勝負に徹底する厳しさを出してくれれば、言うことはありません。もちろん捕手のリードにも責任があるのですが、若い高城捕手任せではいけません。持ち前の優しい性格だけは変わらないでしょうけど、冷静に、相手がどんな選手で、何を狙っているかまで考えるようにはなれるはずです。

山口投手はFAの権利を取得していますが、どんなときにもずっと応援し続けて来た私にとって、山口投手がチームを出ていくという選択肢はあり得ません。DeNAは、絶対に引き留めてくれるでしょう。山口投手は、ベイスターズのエースなのですから。

山口投手に代わって、8回阪神のクリーンナップを抑えたのは、スタメンに復帰して3安打を打った鳥谷選手と4番福留選手のふたりの左打者は田中投手、そして右の強打者原口選手には三上投手という、石橋をたたいて渡る万全の継投。絶対に追加点を与えないというベンチの思いと、ふたりのセットアッパーの気持ちが、一致しました。9回はもちろん山﨑投手です。先頭のゴメス選手には、敢えてストレートを選択し、力が入りすぎて制球が甘くなってホームランを打たれて1点差とされましたが、その後はきっちり3人で抑えました。解説の衣笠さんは、ゴメス選手へのストレートは、自分で気合いを入れに行ったのだろうとおっしゃっていましたが、そういうことなのでしょう。前日のいやな負け方は、一夜で払拭できたと思います。ベイスターズのクローザーは、山﨑投手です。

追記: 宮﨑選手が最短の10日間で昨日1軍に復帰したことは予想どおりでしたが、サードでのスタメンは予想していませんでした。今季キャンプでも、サードは練習もしていなかったはずですが、この10日間、ファームで練習してゴーサインが出たのでしょうか。宮﨑選手にサードができるなら、エリアン選手のサードがエラーが多すぎるだけに、打線を組むのは楽になりますが、無理だと思っていました。でも、昨夜は守備機会は一度だけでしたが、無難にこなしていました。意外に大丈夫なのかも知れません。いずれにせよ、左腕投手が相手のときは、宮﨑選手が打ってくれないときついです。今日は、サイドハンド右腕の青柳投手が相手ですが、宮﨑選手は打撃では右足に不安があるのかまだ本調子ではないようだし、スタメンはどうなるか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

山口投手はベイスターズのエースである

1998yokohamaさん、コメントありがとうございます。

別の方のコメントへも返答したように、もちろん高城捕手を責めるつもりはありません。山口投手に、もっと上のレベルを目指して欲しいだけです。

スライダーの制球が急に完璧になることはなくても、相手がどんなことを考えて、何を待っているのか、自分の持ち球の精度がどれぐらいのか、もっと考えられる投手になることは、できると思うのです。投げ損なったからホームランを打たれましたでは、真のエースにはなれません。相手が格上の大打者なら仕方ないですが、20歳そこそこの若い打者に、簡単に外角スライダーの配球を読まれて踏み込まれ、ホームランを打たれたのが、悔しいのです。

宮﨑選手は、フライも入れれば、1度ではなく2度の守備機会でしたね。宮﨑選手がサードスタメンでいけるなら、相手の先発が左投手でも、今より点を取れるようになると思うのですが。

山口投手はベイスターズのエースである

aaakkkさん、コメントありがとうございます。

山口投手と山﨑投手については同感です。

私は捕手も投手も経験がなく、本当のところは分かりませんので、基本的に捕手のリードについてコメントすることは控えてきましたし、今日も高城捕手を批判するつもりは、毛頭ありません。ただ、這えば立て、立てば歩めの親心ではないですが、山口投手には、さらに上を目指して欲しいのです。真のエースになって欲しいのです。

素人考えで、プロ野球で右打者の初球に外角低めのストレートかスライダーというのは、定石のひとつだと思われますが、定石どおりではいけないときもあるとも思うのです。山口投手は、今日それまでもいいスライダーがあると思えば高目にいくのもあり、もともと山口投手のスライダーに完全な制球は期待できません。まして、タフな山口投手も久々の登板、先週のファームの試合でも5回しか投げておらず、長い回を投げるのも久しぶりです。7回、100球も越えて、握力なども落ちているかも知れません。

この回の先頭の、これも若い右打者北条選手にも、外角低めのスライダーから入って、これは成功していました。

1軍に上がって来て、代打に起用されて、初球からでも思い切って振っていこうという中谷選手、直前の北条選手への攻めもしっかり見ていたと思いますし、この場面若手にはストレートよりもスライダーでというのもある意味定石、おそらく十中八九、中谷選手は外角低めのスライダーを待っていたと思います。そこに高めに甘くなったスライダーが来たのですから、ホームランにもなるでしょう。

素人が結果論で言っているだけかも知れませんが、山口投手には、若手の打者などは翻弄するような投手になって欲しいのです。投げ損なったからホームランを打たれてたでは済ませて欲しくないのです。

山口投手はベイスターズのエースである

コメント失礼します。

高城のリードはよかったですよ。
ホームランは山口の失投です。
代打で起用された選手は初球から打ちに来る傾向が強い。スライダーを投げさせたのはよかったのですが、高く浮いてしまいました。
もっと低く投げていれば結果は違ったと思います。

その山口も7回2失点ですから先発としては十分投げてくれました。
欲を言えば、球数を減らして完投を目指してほしかったのですが、復帰登板にチームが連敗中ですからね。
完投能力があるだけに、山口には完投を期待してしまいます。


山崎はゴメスに打たれましたけど、後続は打ち取りましたし、抑えとしては最低限リードを保ったまま試合を締めてくれれば、まぁいいと思いましょう。

不安はありますがね。

今日のスタメンですが、石川とエリアンが起用されるのでは?

右のサイド(本人はアンダーとサイドの中間と言っていましたが観てないので)は左に弱い傾向で、青柳投手もそうみたいです。

宮崎がサードで常時起用できると大きいのですが、足の状態を見ながら、まずは対左で起用して行けばいいのではないでしょうか。

フライとゴロを無難に処理してくれましたが、今後は強い打球やバント処理などでどの様なプレーを見せるか注目したいと思います。

山口投手はベイスターズのエースである

コメント失礼します。

メンタルを問題視されチームが勝たせるエースが山口と揶揄された時もありましたが、完全に立場が逆転しましたね。
チームを救ってくれました。
投手が7回まで投げてくれると本当に助かります。

先発が長い回を投げてくれなくなり(広島も先発が長い回を投げれなくなって急に怪しくなり始めましたが)、中継ぎが疲弊してしまいましたが、継投が本当に楽になります。

山崎は、
ホームランこそ打たれましたが、決定的に悪くはない(春先の本当に調子の悪い時期との比較で)ようでした。
これは4失点した先日の試合もです。
昨年の印象が強すぎるので、悪くは感じてしまうのですが、試合は締めてくれるものと期待したいです。


>もちろん捕手のリードにも責任があるのですが

高城は外角低めのスライダーを要求したかったようですが、
ボールが浮いて、変化の少ない棒球のスライダーがいっちゃったように見えまして、あれを捕手の責任にするのは厳し過ぎるとようには感じています。

こんな記事も読みたい

* 猛打賞デビューも、次戦は音なし。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

すごい久しぶり【巨人好きが巨人を勝手に語る】

【中日vs巨人 第14回戦】田口麗斗、まだまだ成長中!?初完封&ジエンゴでジャイアンツ、5連勝!!【孤独のプロ野球】

借りは即返す。苦手相手に接戦勝利!【ベイスターズファンの慟哭】

心配だけど、ここが勝負所。頑張れ山﨑康晃!【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

8月の戦いの重さ【素人目線のベイスターズ考察】

型を崩す覚悟を【DeNAベイスターズウィークリー評論】

惜しくも初戦を落とす。取り返しましょう。【ベイスターズファンの慟哭】

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:505
  • 累計のページビュー:18270375

(05月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  5. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  6. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  7. DeNAの功罪と最大の危機
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss