温故知新ベイスターズ~2017

改めて思う広島、阪神との投手力、控え選手の差、やはりファーム監督交代必要なのは阪神よりDeNA

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日ベイスターズは広島に負け、巨人は阪神に勝ち、4位に転落になりましたが、別に僕はショックとも思わないし、これが今のベイスターズの実力と思って淡々と受け止めています。 ただ、このままズルズルと巨人や阪神とのゲーム差が離れていくなら、さすがに酷いと思い怒りと落胆の気持ちになりますから、4位になっても巨人や阪神に喰らいついて最後まで3位以内確定しないようにしてもらいたいです。 いわば昔聞き慣れたベイスターズがセ・リーグをかき回す、そんな存在になって欲しいです。 特に阪神とまだ5試合残っているのですから、阪神を3位、あるいはBクラスに落とすことも不可能ではないです。 正直、まだベイスターズの選手には3位を守るだけの精神力、大事な試合を勝つチーム力が無いと思います。 むしろ4位になって挑戦者になって上位いじめに徹する方が力を発揮しやすいのではないか、と思います。 ただそうファンに思われているようでは、まだまだチームに力がある、とは言えないのですが。

そして阪神戦からいろいろ言われていたラミレス監督の継投、僕は基本的には納得出来ない所はありません。 2戦の田中続投に関しては、今シーズンの田中はストレートに力が無く、カーブやスライダーで交わして何とか抑えてい状態だったので、選球眼の良い大山、変化球打ちの上手い中谷には厳しいかな、という判断で三嶋に替えたのは間違いとは思いませんし、中谷が速球に弱いので猶更三嶋vs中谷なら三嶋に分があるのは確かです。ただ中谷に対して三嶋が力んで暴投してしまったのが誤算のように思いました。あれでカウント悪くして四球を出し、鳥谷は打ち取った当たりだったのですが、柴田があの打球を捕れずに後ろにやってしまった為にサヨナラ負けしました。 三嶋はピンチで力んでとんでもないワンバウンドの球を投げてしまったこと、柴田はあの難しくもないゴロを捕れなかったことを反省し、次に生かして欲しい、それだけだと思います。 3戦目の8回のエスコバー福留まで続投→大山からパットン投入も予め監督はそう考えていた交代に僕は見えました。ただベンチの誤算は俊介か福留のどちらかでアウトが取れる計算が取れなかった、という所ですかね。 前の日2イニング投げさせているので、なるべく負担を減らすようにアウト1つ、理想を言えばアウト2つ取ってパットンに残り1つか2つのアウトを取ってもらう、そういう計算の下でしたから、僕にはあのエスコバー続投、パットン交代はそれほど批判されるような交代にも思いませんでした。

そういう負担を減らす意図の見える交代が批判されるのは、他の球団が前の日に2イニング投げさせた投手を次の日にも1イニング任せたり、あるいは巨人も前にカミネロがピンチを作ってから前日2イニング投げているマシソンに替えたという、この阪神戦と同じような継投をしているのですが、結果的に無失点に抑えた、ということで批判されず、逆にウチの場合はそういう交代をして点を取られているから言われるのでは、と思います。 ファンは結果論で、酷使しても抑えれば何も言わない、逆に打たれると批判ゴーゴーになりますからね。

でもそれは間違いだと思うし、むしろ今結果が良くても今後については良くない起用法ならどんどん批判すべき、逆に今回は結果良くなくても今後の為には良い起用法なら、褒めて評価するべきです。 そういう観点で言うと、昨年の8月の広島戦で筒香がサヨナラヒットを打った試合、あの時は緒方監督はジャクソンと中崎の酷使を避ける為に確か一岡の後に実績をそんなに残していない薮田を使いました。 そしてある程度予想された通り、薮田が打たれDeNAがサヨナラ勝ちしましたが、僕はこの起用を評価し、目先の1勝にとらわれず長期的な目で見た好采配、と評していました。 実際この緊迫する場面で投げた薮田が、梶谷、筒香に対して臆することなくどんどんインコースの速い球とか使って攻め込んでいた姿は僕には印象に残っていて、ベイスターズは勝ちはしましたが、この薮田という投手、後に良い投手になるよ、と思っていて今はその通りになりました。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

改めて思う広島、阪神との投手力、控え選手の差、やはりファーム監督交代必要なのは阪神よりDeNA

セルテさん、コメントありがとうございます。

あの3戦目は、終盤まで3点以上リードしていないと、正直勝つのは難しかったと思います。
そのぐらい、広島の選手は去年の優勝の経験があるから優勝に対するプレッシャーはあまり無く、むしろ本拠地で今日決めるぞ、という気持ちで押せ押せで野球してましたからね。
あの勢いは、そう簡単には止められないですね。たとえあの試合菅野が先発していたとしても、3点ぐらい取られていたのではないでしょうか。そのぐらいの広島の打者の勢いは僕も感じていました。

ただその広島打線、ということを考えても、2回以降の今永は悪かったですけど。

ファームも一軍同様、全体的に世代交代ですね。
高卒の4投手、エースにはなるのは厳しいかもしれませんが、砂田以外はローテーションの一角に入っていけるだけのモノは持っている、と僕も思います。
ドラ1とかで高卒の投手最近獲れてないですから、山口や国吉級、というと確かに厳しいですね。

僕も大体セルテさんと同じような人員整理の予想をしています。
ただ久保は大幅減俸で残すかな、と思っています。
過去にDeNAは清水に2億減、三浦に1億5千万減、ということをやっていますから、久保も5千万円減ぐらいの提示をするかもしれず、それで本人が同意するなら残るのではないでしょうか。
今の久保だと、5千万でも欲しがる他球団は無いでしょうし。

国吉放出は、確かにありそうですね。
村中、堂林だったら相当ウチが得する感じですから、そうなると福地辺りも出す可能性も否定出来ませんね。

改めて思う広島、阪神との投手力、控え選手の差、やはりファーム監督交代必要なのは阪神よりDeNA

エコロジストさん、コメントありがとうございます。

他の人への返答で書いた通り、僕は琢朗さんがまだ広島でコーチを続けたい、という意思があるのなら、お願いすべきではないと思います。
そりゃ僕も選手時代の石井琢朗は好きな選手でしたし、だからこそあのコストカッター社長佐々木の愛の無い戦力外通告が許せないのですが、あの事件で琢朗さんの気持ちが広島に移っているので、正直広島でやり切ったという気持ちにならないと横浜には戻らないと思いますよ。
謝っても琢朗さんのわだかまりが消えなければ、横浜に戻ることは僕にはあまり考えられません。
そのぐらいあの時のフロントが、琢朗さんに酷いことをやってしまった、ということです。

改めて思う広島、阪神との投手力、控え選手の差、やはりファーム監督交代必要なのは阪神よりDeNA

ローマンさん、コメントありがとうございます。

>こんな時こそ、ひたすら応援です。

本当にそうですね。今の3位争いをしている状況は幸せなことなんですよ。ちょっと前の、最下位はほぼ決定で若手の成長と個人記録にしか楽しみが無い時と比べたら、今のように采配とかこの場面では、とかいろいろ言えるのは幸せですよ。
それは僕も思っています。だからこそ、4位のままでも最後まで選手もファンも諦めずにいて欲しい、それを強く願っています。

改めて思う広島、阪神との投手力、控え選手の差、やはりファーム監督交代必要なのは阪神よりDeNA

peachさん、コメントありがとうございます。

仰る通り、打線は先週末と比べたら雲泥の差、と言えるぐらい良くなっています。
不振だったロペスが復調してきましたし、宮崎、筒香もそれなりの調子に戻っていますし、倉本、桑原、柴田辺りもヒットが出るようになりましたから、あとは繋がりなんですけどね。それが昨日はイマイチでした。
勝てる試合にする為には、8回の無死満塁で最悪でも1点は欲しかったですね。もうツーアウトになって、巨人が長野のタイムリーで同点になった瞬間で球場がドッと沸き、そこからは倉本のタイムリーを期待するのは難しくなりました。
相手チームの優勝、というと2014年の巨人の浜スタでの優勝を筒香とか梶谷とかが見ているので、僕は今更広島の優勝を見なくても、と思っていました。だからむしろ胴上げは見なくて良かったと思います。
ベイスターズは2011年の中日の優勝も見せられて、それを見て村田がFAを堂々と宣言しましたから、あまり相手チームの優勝を見せられるのもどうかな、という気持ちはします。
昨日広島が優勝を決めたら、3年周期でベイスターズは相手チームの胴上げを見る法則みたいになってしまいますし。
今永、前のコメント返しにも書いた通り、昨日を含めた最近4試合の防御率7.94ですからね。勝負所でこういう悪い成績だと、いくら二段モーションの修正の影響があったにしても酷過ぎで、エースとは言えないです。普通、エースならこの時期に今まで並か、良くなるぐらいでないといけないのですが、その辺がまだまだですよね。
これではせっかく2桁勝っても、10勝した後が悪かったね、という評価になってしまいます。
三上は普通なら2回無失点は当たり前なんですけどね。それを褒められるようでは、今までどれだけ悪かったか、という話になる訳ですけど。

柴田は守備と小技、あと勝負所でのしぶといバッティングで、セカンドのレギュラーを勝ち取ったように見えます。
最近では左投手が先発しても、田中浩康にセカンドを替えないですし。
あとは守備でも打撃でももう少し確実性が欲しい、と僕は思っています。良いプレーをするけど、信じられないようなエラーもするのが今の柴田ですから。

二軍は本当に戦力的に厳しいです。特に打つ方が厳しく、9月で2桁安打を打った試合が13試合中2試合ですからね。そして9月の勝敗は2勝10敗と大体が貧打が原因で大きく負け越しています。
そして飯塚の代わりに上がってきたのが二軍で四球率が7ぐらいあって防御率が4.64の進藤ですからね。二軍で被安打数よりも与四球数が多い、コントロールに不安のある進藤、こんな投手しかいないのか、という感想しかないです。もちろん、二軍で四球率が高くても一軍だとそんなに四球を出さず、良かった薮田という例がありますから、二軍での四球率を鵜呑みには出来ませんが、それにしても9イニング投げて四球7つ出すようなピッチャーが一軍で通用するのかなあ、という心配はあります。

それから8回のチャンスでの石川の代打はどうか、という件ですが、先に田中浩康を今永の代打に出していて、次に石川を代打でその後に守備に入れないと、内野の控えが二遊間を守れない後藤だけになってしまい、万が一倉本や柴田にアクシデントが生じ、試合に出られないようなことが起こりますとセカンド・ショートちゃんと守れる選手いなくなります。
そういうリスクを避ける為の石川温存だと思います。これは監督としては当然の危機管理ですので、田中を先に出した都合で石川をあの場面では出せなかったですね。

この巨人戦の2連戦、確かに厳しいですが、この前の巨人戦の3連戦よりは勝てる確率はあると思います。そのぐらいチーム状態は良くなっていますから。そこに期待しましょう。
ベイスターズはこういう試合前から周りが圧倒的に相手チーム有利、という状況で、その予想を覆していますから、むしろ周りはどんどん巨人有利と言ってくれ、と僕は思います。

こんな記事も読みたい

勝つには勝ったけれども!【no title】

今年も、警官ですらハイタッチする映像が見られるかな。【忘れ物を全員で取りに行くぞ!Carp2017】

ここからが正念場【YOKOHAMA lover】

9.13 4位転落… 再スタート。【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

* 続・ベイスターズ、踏ん張れ。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

2017年9月13日 ヤクルトvs横浜DeNA (横須賀) の感想【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

2017-09-13 ビジターパフォーマンスシートにて【大洋・柏戸・ウイスキー】

まだ騒ぐな! ファンが狼狽えて良い事はない!【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

ブロガープロフィール

profile-iconhamamar

横浜大洋ホエールズ時代からのファンです。

きっかけは遠藤投手が巨人戦で江川投手に投げ勝った試合辺りからで、知っている監督は関根監督からです。
当時から弱いチームでしたが、近藤貞雄監督のスーパーカートリオなど、大洋は面白い野球をするチームでした。

優勝の時は甲子園まで応援に行ったり、浜スタで日本シリーズの優勝の感激に浸ったりしました。

TBS時代はほとんど暗黒期でしたが、DeNAに親会社が変わってから5年でやっとチームが強くなったと実感しました。

あとは1998年以来の優勝へ向かってチーム一丸となって努力していくこと、そしてファンが優勝するチームにふさわしい応援をするようになってもらうことだ大事かな、と思います。
チームは強くなってきましたが、ファンはまだ諦めが早く、ちょっとでも負けが込むと批判や個人攻撃に走ってしまう、そういう所は直す必要があるのでは、と思います。
1997年の劣勢の展開で雨天中断中にファンがグラウンドに物を投げ入れ、それを選手達が拾っていった光景は今でも僕は覚えていて、あれで僕はいくら劣勢になっても諦めない、むしろそういう時こそ応援すべきでは、という気持ちになったのを覚えていて、ブログでもそうするように努めています。

2位以上になり、浜スタでCSが開催されるようになったら、阪神や広島が相手だろうと三塁側もベイスターズファンが殆ど、になって、応援の力で相手チームを圧倒したいですね。
  • 昨日のページビュー:7930
  • 累計のページビュー:3672993

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 我慢出来た中畑監督と、我慢出来なかった尾花、大矢監督~投手起用法の違い~
  2. 山口がFAするきっかけになったと思われる2012年の渋い契約更改について
  3. 改めて思う広島、阪神との投手力、控え選手の差、やはりファーム監督交代必要なのは阪神よりDeNA
  4. 来期のベイスターズの監督について思うこと
  5. DeNAも日本ハムと同様に「去る者は追わず」なのだが、評価のされ方が真逆な点について
  6. ラミレス監督で期待出来ること。そして組閣と金城選手についても。
  7. バルディリスと来季も契約すべきか
  8. 戸柱、嶺井、高城の成長と信頼を失った黒羽根について
  9. ここまでで分かってきたラミレス監督の采配傾向~期待する所と課題~、そして順位予想
  10. 先発が7回以上持ってくれるのって、こんなに良い事づくめだったんだなあ、と改めて感じた一週間

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss