Moon Ball in the Sun

米国テニスチャンネルのヘビー視聴者。ソック、キーズなど米選手の試合と重なると錦織戦の中継がないこともしばしば。選手の心理状態をいつも気にしながら観ています。

halfwayvolley

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1184095
  • (07月23日現在)

最新の記事

ウィンブルドン折り返し地点 少し前

錦織選手はクズネツォフを破ってR16進出を決めました。 米国でテレビ観戦している都合上、残念ながら錦織戦は1シーンも放映されず、ジョコビッチ対クエリー戦を観ながら、ライブのスコア速報だけを追っていました。 錦織は脇腹の痛みを抱えての出場ですが、脇腹という部位(食肉みたいですみません)、プレーが出来る程度の痛みというギリギリのポイントで、自分の意気込みとプレーレベルが奇妙にバランスした状態が保てて......続きを読む»

ウィンブルドン前~雑感~

ウィンプルドンのドローが決まりました。 錦織選手はタフドロー、いやいや比較的ラッキー、諸説あるようですが、私はどちらかと言うと後者です。 TWO SET DOWNさんの記事のクォリティの高さにはいつも敬服していますが、今回のドロー解説も胸に刺さるものがありました。 私は網羅的にドロー解説を出来るようなデータを持ち合わせていないので、自分の気になる事だけになりますが、以下のように考えています。 ・......続きを読む»

「グランドスラム2勝」の選手に思う

ジョコビッチ選手、生涯グランドスラム達成おめでとうございます。 悪天候で荒れた大会も、終わってみてればジョコビッチ―マレーのトップ2シードの対決。この二人は、コートカバーリングの素晴らしさだけでなく、ヒットポイント、体勢、タイミングを少々狂わされても、威力とコースのバランスで意図のあるボールをしっかり返せる体幹と柔軟性を持ち、多少の不調にも切れない精神力と戦略的テニス頭を有した素晴らしい選手です。......続きを読む»

全仏敗退を機に

スポーツナビにおけるテニスブログの充実は喜ばしい。 錦織選手への熱い応援、独自のデータ分析、ランキング変動に関する精緻な解説、プレイヤーの心理やワンプレーの意図など、いろいろと立場の違いはあれど、皆さんの深い見識や分析作業にいつも深い敬意と感謝の意を抱いて記事を読ませてもらっています。 そして今、全仏の錦織選手の敗退を機に筆を執らせていただきました。 ボルグやマッケンローの時代からのテニスファンと......続きを読む»

1 2

このブログの記事ランキング

  1. マレーの1位奪取、錦織の今後とテニススタッツへの雑感
  2. 2年ぶり錦織の生観戦~全米ベスト16出揃う
  3. 全豪決勝~テニスの神の配合がもたらしたもの
  4. 勝ちに不思議な「価値」あり~錦織vsベルダスコ戦。
  5. 全米OP生観戦第2弾~そして運命のQFへ
  6. 少し怖い、けど楽しみな錦織のマドリードOP復帰
  7. 全米OP生観戦~執念のマレー戦
  8. ジョコビッチ敗れる~チャレンジ制度の意義
  9. ジョコビッチ2回戦敗退〜豪州場所は荒れる?
  10. 全仏敗退を機に

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
09
08
07
06
05
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss