Moon Ball in the Sun

月別アーカイブ :2016年08月

全米オープン~なさそうでありそうな・・・願望

全米オープンのドローが決まりました。 私にとっても特別なトーナメントです。仕事の縁でニューヨークに居を構える今、超一流選手のプレーを生で見られる「超」のつく大イベント。しかもその中に普通に日本人がいる。錦織選手という日本テニス史上ありえなかったレベルの選手の現役ピークの瞬間が重なり、もはや、テニスファンとしては仕事をしているどころではない非日常の2週間です。 が、しかし。 昨年は錦織選手の試合......続きを読む»

シンシナティ制覇~やはり恐いチリッチ

シンシナティはチリッチの優勝に終わり、BIG4以外のマスターズ優勝者が19大会ぶりに生まれました。 マレーは五輪金メダル獲得の直後ながら、疲労と付き合いながら試合を勝ち進み、準決勝ではラオニッチをほぼ封じ込めての決勝進出。まさに悲願の世界ランク1位を狙うにふさわしい一線を画した強さ(=マレーの場合は「負けなさ」といった方がピンとくるかも)でしたが、今日はチリッチがそれを上回りました。 マレーvs......続きを読む»

ポイントゼロでもこの空気~リオ五輪テニス終盤

皆様、リオ五輪はお楽しみでしょうか。 テニスのブログを時々書かせてもらっている身でこんな事を書くのは憚れますが、五輪での私の最大の楽しみは競泳です。詳細は省きますが、そろそろ日本もBreaststrokeを「平泳ぎ」と訳すのはやめた方がいい時期が来ているのかもしれません。男子で金メダルをとったイギリスのピーティー選手のBreststrokeは、大昔の「カエル泳ぎ」でもなければ、北島康介の「平泳ぎ」......続きを読む»

リオ五輪と庭球道

カナダマスターズが終わり、リオ五輪が開幕しました。 テニスやサッカーはさておき、五輪こそが最高の晴れ舞台という競技が大勢を占める中、私も各種目楽しみで仕方がありません。今もテニスと競泳のチャンネルを忙しく切り替えながら過ごしています。 ということで、本日は話があちこちに飛ぶ展開になりますが、柔道、剣道、テコン道(?)のように対面型個人競技で求められる武道家精神の観点から「庭球道」なるものを考えて......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhalfwayvolley

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1384100

(09月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. マレーの1位奪取、錦織の今後とテニススタッツへの雑感
  2. 2年ぶり錦織の生観戦~全米ベスト16出揃う
  3. 全豪決勝~テニスの神の配合がもたらしたもの
  4. 「アメリカ男子テニス界を嘆く声」の考察
  5. 勝ちに不思議な「価値」あり~錦織vsベルダスコ戦。
  6. 全米OP生観戦第2弾~そして運命のQFへ
  7. 少し怖い、けど楽しみな錦織のマドリードOP復帰
  8. 全米OP生観戦~執念のマレー戦
  9. ワシントン観戦記〜錦織とサーシャ
  10. ジョコビッチ敗れる~チャレンジ制度の意義

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss