Moon Ball in the Sun

2017年テニス界は、年初に描いた未来だったか~それとマイアミ少々

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェデラーのグランドスラム優勝をもう一度見たい―――――

2016年のウィンブルドン。

テニス史上最高の天才、しかしながら年齢による衰えが隠せなくなった34歳のフェデラーが、得意の芝コートを勝ち上がっていく姿を見ながら、そんな思いに駆られたファンも少なくなかったことでしょう。1年近く前の話です。

準々決勝。フェデラーは絶体絶命の窮地から絶好調チリッチを破りました。「神懸かり」には神がいる。フェデラーがもう一度戴冠するなら、この芝の舞台に違いない。2016年のウィンブルドンには最高のクライマックスが用意されている。そんな予感めいたものも漂い始めていたように思います。

しかし、準決勝ラオニッチ戦で私たちは現実に引き戻されました。手術した膝には大会前から不安を抱えていたわけですが、ついに疲労の蓄積した場面で転倒、フェデラーはフルセットの激闘の末に力尽きました。そして、そのラオニッチは、決勝でマレーに完全に封じ込められてしまいます。ジョコビッチ、マレーが盤石なツートップ体制を築きつつある中、フェデラーは最大にして最後のチャンスを逃した。一つの時代が終わった。あの時、そんな空気が流れたような気がします。

そして今、皆さんはどうお感じになっていますか?
フェデラーの雄姿がまた見たい・・・。フェデラーファン、或いは、少なからぬテニスファンがここ数年描いていた未来が完全に実現しました。全豪オープン、インディアンウェルズのタイトルを完璧なテニスで獲った現実は、皆さんが思い描いていた未来と一緒ですか? 35歳のフェデラーが見せてくれる世界は、もっと切なく、満身創痍的なものを想像していませんでしたか? しかし現実は夢を上回った。フェデラーという選手は、元来、耐えて耐えてという苦しいテニスではなく、自らの技とスピードと閃きで相手を圧倒する選手なので、勝つ姿はこういうものなのかもしれません。
テニスファンの感じ方は色々でしょう。
強くて美しいフェデラーのテニスが1日でも長く見られることを幸せだと感じる人、ジョコビッチのスランプやマレーの蓄積疲労のタイミングで起きた出来事と受け止める人、フェデラーへの賛辞と裏返しに次世代の地盤沈下を図らずも認識してしまった人。私なんかは、それらが混然一体となったものとして感じているわけですが、やはりベースになるのは「フェデラーだけは何かが違う」ということです。
好きなテニスを好きなように、気持ちよく実行できる選手はナチュラルに強い。テニス選手たるもの、幾多の技術的弱点を補正し、フィジカルを鍛え、自分にマッチした戦術を模索しながら強くなっていくわけですが、フェデラーの場合、自分がやりたいテニスと自分のスペックが、初期設定の段階において、高い次元で一致しているように感じます。この点では、マレーの強さとはかなり異質なものではないかと思います。もしも全てのプロ選手に1年間の「テニス断ち」をさせて、1年後によーいドンで試合をさせたらフェデラーが一番強いかもしれません。ワウリンカなんかはその状況には弱そうです。すいません、完全に身勝手な妄想でした。
フェデラーへの思いに、かなりの文章を割いてしまいました。以下、2017年のここまでのテニス界について個人的に感じていることを少々書かせていただきます。

2017年のATPテニスの勢力図、思った通り混沌としてきました。
ジョコビッチは取りこぼし多発、マレーは昨年後半レベルの維持が困難。この辺りは個人的に年初段階から折り込み済みです。一方、フェデラーの復活は想像の遥か上を行き、ナダルの状態もかなり予想を上回っています。ワウリンカ、モンフィス、ツォンガ、ベルディヒは、今年大きくランクを落とすかもしれないと思っていましたが、今のところ方向は2通りに分かれているようです。しかし、チリッチはひどいなあ。ちょっと高く買いすぎたかな。昨年途中でコーチを変えて目指したベクトルが合っていないのかも。
錦織の2017年戦績は、これまでのところ期待をやや下回っていますが、個人的には、平均点向上ではなく、照準を絞った爆発力発揮を目指して欲しいと願っていますので、あまり心配していません。しばらくポイントのディフェンドが厳しくなりますが、マスターズ優勝の一つでも成し遂げれば、停滞感を嘆く空気は一気に雲散霧消すると思います。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「2017年テニス界は、年初に描いた未来だったか~それとマイアミ少々」へのコメント

TCE00076993様

しまった!
抜けてましたね。訂正しておきます。

ベルディヒ絡みでご指摘を受けるのは二度目ですので用心します。

ありがとうございました。

2017年テニス界は、年初に描いた未来だったか~それとマイアミ少々

ベルディヒもマスターズ優勝してるのに・・・という意味ではないかと

2017年テニス界は、年初に描いた未来だったか~それとマイアミ少々

ウラノメトリア様が「べ、ベルディヒ・・・」に込めた意味、ちょっとばかし難解ですが、何となく分かりますよ(ということにさせてください)。

コメントありがとうございました。

2017年テニス界は、年初に描いた未来だったか~それとマイアミ少々

miyabiさま

コメントありがとうございます。
実は分析アイデアであって、分析まで行けていないのですが、素直にうれしいお言葉です。

こんな記事も読みたい

錦織選手 マイアミ大会 2回戦 好発進!【たまにテニス】

落ち着いた丁寧な展開で初戦突破 錦織の新しいフォアハンドについて マイアミ・オープン2017 R64【change-the-flow】

【2017マイアミ2R】錦織選手 初戦、強敵に完勝!3回戦以降の道が怖いぐらいに開けてる、、【"テニス"感覚観戦】

ブロガープロフィール

profile-iconhalfwayvolley

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1184095

(07月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. マレーの1位奪取、錦織の今後とテニススタッツへの雑感
  2. 2年ぶり錦織の生観戦~全米ベスト16出揃う
  3. 全豪決勝~テニスの神の配合がもたらしたもの
  4. 勝ちに不思議な「価値」あり~錦織vsベルダスコ戦。
  5. 全米OP生観戦第2弾~そして運命のQFへ
  6. 少し怖い、けど楽しみな錦織のマドリードOP復帰
  7. 全米OP生観戦~執念のマレー戦
  8. ジョコビッチ敗れる~チャレンジ制度の意義
  9. ジョコビッチ2回戦敗退〜豪州場所は荒れる?
  10. 全仏敗退を機に

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss