Moon Ball in the Sun

全米OP生観戦第2弾~そして運命のQFへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の全米オープン、時間とお金の許す限り観に行くぞと心に誓っていましたがちょっと嘘でした。時間がなかろうが、お金がなかろうが結局行くんです、私。

というわけで大会第8日、デルポトロvsティエム、ワウリンカvsマルチェンコ、錦織vsカルロビッチ戦を観てきました。マレーvsディミトロフ戦はアーサーアッシュ「夜の部」でチケットが別のため断念です。日本人バイアスを取り除いて客観的に見るとどうでしょう。この日のテニスファンの最大の注目カードはデルポトロvsティエムだったのではないでしょうか。

午前11時に始まったデルポトロvsティエム戦は、第2セット途中のティエムのリタイアで突然幕を閉じました。両者の持ち味が発揮された好試合でしたので残念です。しかし、デルポトロのスター性は凄いですね。”オーレ、オレ、オレ、オレ~♩、デルポ~デルポ~♫”の大合唱が場内に鳴り響きます。会場内には、アルゼンチンのサッカーナショナルチームのユニホーム(水色と白のストライプ)を着たファンが多数。アルゼンチーナだけでなく、アメリカ人も好きですよね、デルポトロみたいな選手。大きくて強い。技や俊敏さでのし上がってきた選手にない、悠々としたナチュラルな逞しさが受けるのでしょう。2009年、弱冠20歳で全米を制したインパクトとその後の故障との戦いがドラマとなって、彼の復活優勝を待ち望むファンも少なくないと思います。

一方のティエムですが、私はこのブログで彼に対し辛口のコメントを多く残してきました。故障明けのフェデラーへの勝利、ゴフィンに勝つだけで成し得た全仏ベスト4、その後ジョコビッチにあっさり惨敗。これらの材料からすると、ティエムの評価は2割増しになっているのではないかと。確かに、間合いをとり、大きなテイクバックから振り抜いた時のショットの威力は凄まじい。また、相手のドロップショットを拾う時のダッシュ&跳躍力もクレーコーターとしての大いなる資質を感じさせます。しかし全米は高速ハードコート。デルポトロの一方的な試合になるのではないか、それが私の戦前予想でした。

しかし、ティエムもやりますね。デルポトロの圧力に押されても、構えて打ち込む渾身の一打で一気に形成を逆転する力があります。非常に体力消耗の激しいスタイルで、若武者時代はよいと思いますが、コンスタントに好成績を収めようとすると若干のアジャストが必要かなという印象です。今のままでは「悪いなりに勝つ」というのが難しく、最終的な到達点がワウリンカぐらいなのかなあというのが私の勝手なイメージ。

さて、そのワウリンカ。この日の相手マルチェンコとはベースの実力差があったと思いますが、2セット取ったあとの第3セットは何ともだらしない展開。適当にリスクを抑え、相手のミスを誘発して勝とうという魂胆が透けて見え、数十分間スタンの恐さが消え、逆転でセットを奪われました。スコア状況に応じてリスクテイク度合いを変えるのは戦術としてメイクセンスですが、ワウリンカという選手は、本当に受けに回るのが下手な選手です。

その後始まった錦織vsカルロビッチ戦。周囲には日本のファンもたくさんおり、日本語の会話も数多く聞こえました。むろん普段からテニス観戦しているお客さんばかりではなく、「カルロビッチって強いの?」的なひそひそ声も聞こえ、この選手がいかに特別な選手か伝えてあげたい気持ちになりました。

カルロビッチ戦をベースライン後ろから見て、「もしや・・・」と思ったことがあります。私なりに次はワイド、次はセンター、次はボディと予測して彼のサーブを仮想レシーブするわけですが、カルロビッチのサーブって、結構配球が素直なんですよね。うまく言えないけどバランス型というか。まあ、わかってても取れないサーブを打つからいいんでしょうけど、セカンドを読まれると、いかにカルロビッチでもブレークの糸口を与えますよね。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「全米OP生観戦第2弾~そして運命のQFへ」へのコメント

皆様、熱く、温かいコメントをありがとうございます。

朝は綿貫選手や内藤選手といった次代のジュニア選手の試合を見学。正午からアーサーアッシュ会場に入り、まずは女子のピルスコバvsコンニュ戦です。今日は少し暑いですね。

日の丸ペイントも必勝ハチマキもない普通の格好で来ていますが、魂込めて錦織選手を応援します。しかし今日は日本人少ないなあ。

全米OP生観戦第2弾~そして運命のQFへ

なんて羨まし~ことでしょう"(-""-)"

私も、カープのM2も気になりますし、錦織圭も気になりますし、
本当にどちらも目が離せなくて忙しい毎日です(^^;
できれば真っ赤激なTシャツ着て応援して欲しいです、無理~!

全米OP生観戦第2弾~そして運命のQFへ

halfwayvolleyさんの双肩にかかっていますよ。地球の裏側から気を送りますので、吸い取って錦織にぶつけてやって下さい。応援よろしくお願いします。

全米OP生観戦第2弾~そして運命のQFへ

halfwayvolleyさんの双肩にかかっていますよ。地球の裏側から気を送りますので、吸い取って錦織にぶつけてやって下さい。応援よろしくお願いします。

こんな記事も読みたい

―大会レポート― 第9日 モンフィスが初の4強 ジョコビッチはまた棄権勝ち【ウィンブルドンテニス2017】

運も実力!? 手負いの絶対王者ジョコビッチの対戦相手が次々と棄権(5試合中3試合) 10年連続ベスト4!(全米OP2016)【0 to zeroのhorizon】

硬式庭球部・関東大学テニスリーグ第4戦対法大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconhalfwayvolley

  • 昨日のページビュー:55
  • 累計のページビュー:1386728

(11月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. マレーの1位奪取、錦織の今後とテニススタッツへの雑感
  2. 2年ぶり錦織の生観戦~全米ベスト16出揃う
  3. 全豪決勝~テニスの神の配合がもたらしたもの
  4. 「アメリカ男子テニス界を嘆く声」の考察
  5. 勝ちに不思議な「価値」あり~錦織vsベルダスコ戦。
  6. 全米OP生観戦第2弾~そして運命のQFへ
  7. 少し怖い、けど楽しみな錦織のマドリードOP復帰
  8. 全米OP生観戦~執念のマレー戦
  9. ワシントン観戦記〜錦織とサーシャ
  10. ジョコビッチ敗れる~チャレンジ制度の意義

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss