Moon Ball in the Sun

全米オープン~なさそうでありそうな・・・願望

このエントリーをはてなブックマークに追加

全米オープンのドローが決まりました。

私にとっても特別なトーナメントです。仕事の縁でニューヨークに居を構える今、超一流選手のプレーを生で見られる「超」のつく大イベント。しかもその中に普通に日本人がいる。錦織選手という日本テニス史上ありえなかったレベルの選手の現役ピークの瞬間が重なり、もはや、テニスファンとしては仕事をしているどころではない非日常の2週間です。

が、しかし。

昨年は錦織選手の試合を1試合も観られませんでした。当然観に行くつもりでしたが、まさかの1回戦不覚。私にとっても痛恨の年でした。錦織が敗れたあと、ワウリンカ戦、ジョコビッチ戦を生で観ましたが、いくらレベルの高いプレーを見ても心拍数の上昇には限界があります。やはり生で観る試合は、圧倒的な感情移入こそが最高の贅沢。母校が甲子園に出たオッサンのような気持ちで一昨年は過ごしたのですが、去年は評論家気分での観戦。ああ、2014年全米の興奮よ再び。深夜2時半に及ぶラオニッチー錦織戦、文字通り完敗だったチリッチとの決勝など、今思い起こしても熱くなります。よしっ。今年は去年のような後悔をしないため、初戦ベッカー戦から観に行こうかという悪魔の囁きも私の耳元で出始めています。

では、そろそろ半分真面目に展開願望を書かせていただきます。実はこの全米、私は心底、錦織選手の優勝を願っています。史上最高の日本人プロテニス選手たる錦織の26歳の夏。世界ランク1位とはいいません。何とかGS1勝を願うファンとしての素直な気持ち。日本選手びいきもいい加減にという勿れ。ATPで次に新たな優勝者が生まれるとしたら、ラオニッチか錦織というのは真っ当な見立てです。GS優勝リピーターたるワウリンカ、デルポトロ、チリッチ以外の新顔として、BIG4直下のランキングに座り、安定的に好勝負を繰り返しているのは、客観的に言ってラオニッチと錦織です。

さて今大会ですが、錦織は勝ち進んだ場合、QFでマレーと当たるくじを引きました。う~ん、これはあまり面白くない。でもこの1点でドローを評価してはいけない。5-8シード群の中で一番くじ運がよかったように見えるティエムの位置に錦織が入りたかったかというと、実はそうでもない。初戦がリオ五輪で辛勝したばかりのミルマン、そのあとには嵌れば怖いクエリー、R16ではデルポトロが控えています。対して、錦織のマレー戦までのモデルコースは、ベッカー、予選勝者、コールシュライバー、ゴフィンですよ。ティエムの相手の顔触れより怖さが少なくないですか。

今年1月にコールシュライバーと全豪1回戦で当たった時、メディアにはタフドローと書かれましたが、コールシュライバーは実力者だけど危険度が低いタイプ。こういうタイプっていますよね。例えばベルディヒ。キリオスとベルディヒ、どっちと当たるが嫌ですか? ランクは逆だけどベルディヒの方が与しやすい気がしませんか。そういう意味では、コールシュライバーも意外性の低い選手。ということで、今回の錦織のくじ運は悪くないと解釈。ベスト4に行きたいゲームプランと優勝したいゲームプランはそもそも別物、そう受け止めたい。

では順当に行けばQFで当たるはずのマレーのドローはどうか。

ジョコビッチが生涯グランドスラムを達成した今、モチベーションもそうですが、状態面も含め、マレーの方が優勝候補にふさわしいのではないかとの声も聞かれます。マレーには悲願の「世界ランク1位」というモチベーションがあります。彼自身言っていますが、今がキャリアピークとも表現できる充実ぶりです。

確かに今年のマレーの戦績、安定感を見る限り、この選手の生涯最高ランクが2位ではあってはならないという感覚は私も持ってしまいます。正直、マレーとは早いラウンドで当たりなくない。で、探しました。錦織と当たる前にマレーが負けかねない相手。あまりいないですね~。今年マレーに数少ない黒星をマイアミでつけたディミトロフぐらいでしょうか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

全米オープン~なさそうでありそうな・・・願望

皆様、コメントをいただきどうもありがとうございました。

山あり谷ありの過酷な戦いになると思いますが、最後には、卓球の水谷選手並みの派手なガッツポーズでコートに倒れ込む錦織選手を見たいです。その後、サンデースポーツで張本さんに「喝!」されるのはご愛敬。

全米オープン~なさそうでありそうな・・・願望

Best4狙いでなく優勝狙いなら、むしろここでマレーと戦い勝てば
2014年のように自信をもってその先に進めそうな気がします。

決勝はジョコとがっぷりで戦い抜けそうな感じがします!

全米オープン~なさそうでありそうな・・・願望

そうです。そうです。デイミトロフがマレー撃破をやってくれないかと 期待しています。
全米のハードコートは錦織君の超得意なサーフェスですもの。
強い気持ちで試合に臨み 粘り強く戦えば勝利が見えて来る筈です。
今度こそ、今度こそ優勝を飾って欲しいですね。

「全米オープン~なさそうでありそうな・・・願望」へのコメント

>>悲願のGS初優勝はチャレンジャーであってこそ映えます。

これ、本当にそうだと思います。
もちろん勝てば映えるの言うまでもないとして、決勝戦を迎える身として、初制覇はやはりチャレンジャーであるほうが与しやすいと思います。
2014全米は錦織選手も語っていた通り、フェデラーのほうがやり易かったのではと思います。
まずはしっかり8強入りし、マレーとの熱い対戦(もちろん勝つ)を期待しています!

こんな記事も読みたい

全米オープンドロー発表。錦織は第6シードマレーの山に入る。初戦は97位ドイツのベッカー。【Fight!! Kei NISHIKORI】

50%を外したドロー 錦織はマレーとQF激突へ!2年ぶりGSファイナリストへUSオープンで強烈なメンタルを発揮せよ!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

2016全米オープン(女子)の展望【ドロー解説】(予選勝者追記)【女子テニスも熱い】

ブロガープロフィール

profile-iconhalfwayvolley

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1184095

(07月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. マレーの1位奪取、錦織の今後とテニススタッツへの雑感
  2. 2年ぶり錦織の生観戦~全米ベスト16出揃う
  3. 全豪決勝~テニスの神の配合がもたらしたもの
  4. 勝ちに不思議な「価値」あり~錦織vsベルダスコ戦。
  5. 全米OP生観戦第2弾~そして運命のQFへ
  6. 少し怖い、けど楽しみな錦織のマドリードOP復帰
  7. 全米OP生観戦~執念のマレー戦
  8. ジョコビッチ敗れる~チャレンジ制度の意義
  9. ジョコビッチ2回戦敗退〜豪州場所は荒れる?
  10. 全仏敗退を機に

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss