心の底から好きさベイスターズ☆

マツダは1勝2敗だったが優勝を諦めたわけではない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダでの前半戦最後のカードは1勝2敗でした。やはり今永の頭の試合勝てなかったのが痛かったですね。

上位と戦う際はとにかく頭を取らないとですよ。

カープと10.5ゲーム差の3位。 貯金2で前半戦を終えました。

濱口、ウィーランドが前半戦頑張ってくれたこと、ロペス、宮崎がスタートから好調で桑原、筒香、倉本が復調して打線がかなり良くなりました。

夏は打線が上がり、投手が落ちます。 その中でポイントは先発に球数制限してきたベイスターズと制限していないカープの差が現れるのがいつになるかです。夏にカープ先発陣がバテだせばベイスターズに目は出ます。ただカープ先発陣が乗り切れば優勝は厳しくなるので2位を目指すべきかなと思います。ここからベイスターズがハイペースで白星を積み重ねられるのか。

後半戦も楽しみにしています。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017 横浜DeNAベイスターズ観戦記
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「マツダは1勝2敗だったが優勝を諦めたわけではない理由」へのコメント

ベイスターズの先発陣って球数制限してるんじゃなくて投げれないだけじゃ・・・

若手については昨年にラミレス監督がある程度制限させる発言してましたけど、

今年の先発陣見てたら余力を残して降りてるんじゃなくて6回100球超えたらかなり打たれますよね。

カープはそれほど制限させずに先発に多くの球数投げさせてますがその分イニングは食ってくれてます。

先発が投げれない分ベイスターズはリリーフの登板数がかなり多くなってますし、

夏場の投手の消耗の点ではカープよりもベイスターズのほうが不安要素大きいと思いますが・・・

それに今年のカープの強さを支えてるのはそこそこレベルの投手陣ではなく、

リーグで頭1つどころか2つ3つ飛び抜けてる打撃陣の力なので、

管理人さんの理論からすると強いカープの打線にさらにブースト掛かっていっそうベイスターズは不利になると思いますけどね。

長文・乱文失礼しました。

コメント失礼致します

そこまで横浜と広島の球数て違ってるのか!なるほど面白い着眼点だなと思って
これからを左右する主力先発の球数を調べてみたんですが

横浜(今永+石田+井納+濱口+ウィーランド)6113
広島(野村+ジョンソン+岡田+薮田+大瀬良)6178

その差わずか65球でしたよ
5人で割ったら11球
登板数考えたら1試合につき1球前後しか違わないんですが
これってそんな重要だと思えないんですが
ただ非常に興味深い指摘で面白かったです

こんな記事も読みたい

打てよ!真中走れ! (2017 etc-1)【ツバメと共に上昇気流に乗って】

投稿開始【カープ大好き高校生の野球観戦】

濵口、藤岡、髙城選手が2軍落ち【YOKOHAMA lover】

ベイスターズの育成方針はこれで良いのか? その4【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

* もどかしさも残念さも思い掛けなさも、全てひっくるめてプロ野球だわ。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

昨日の試合と上出来の貯金2【Re:Baseball De:Baystars】

前半戦終了。待ってるよ濱口。【ベイスターズファンの慟哭】

前半戦終了、そして勝負の後半戦へ。【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

ブロガープロフィール

profile-iconhacchi2525

~ベイスターズ好きなったきっかけ~
横浜大洋ホエールズ須藤監督で3位になった年マイヤーの乱闘を観たのが僕の浜スタデビューでした☆いとこが横浜大洋ファンで一緒に観に行ったのが、ファンになるきっかけでした。
畠山選手が好きで高校時代は毎日外野にいました☆年間試合の半分くらいみてました(苦笑)
駒田の前なのになぜ石井琢にスクイズさせるんだ近藤采配!と怒った日もありました。
高校時代友達になんでこんな弱いチーム応援してるんだよって言われてもいつかきっとこのチームは強くなると信じ続けてました。

1998年日本シリーズ第6戦。
尾上町交差点にあった文具のマルタンで紙テープを買い、カクテルライトに向かって走りました。胴上げ見ながら、信じられなかったです。
オレのベイは終わったかなって思いました。しばらく燃え尽きました。
今でもあの光景は鮮明に覚えています。日本一の場にいられたことに感謝。

僕にとってベイスターズはたくさん出会いを与えてくれるもの。横浜スタジアムは最高のコミュニティーです。だって行けば友達に会えるんだから。そんな素敵なチームに出会え、友達を築けることに感謝です。


2014横浜DeNAベイスターズに一言!
最下位じゃないってこんなにうれしいもんなんですね!でもCS争いしたからこそCS行けなかった悔しさも感じた。今年こそはCSどころか優勝できるかも。宜野湾に行くと本当に選手の練習ぶり、戦力ぶりに今年は違うと感じてしまいます。今年こそてっぺん目指して頑張ろう!精一杯応援しよう!今シーズンもよろしくお願いします(ペこり)

2015横浜DeNAベイスターズに一言!
宜野湾で中畑監督とお話しして、野球観を熱く語る姿に感動しました。今年はファンも結果を求めている。それに応えないといけない。キヨシがどうしようもないチームをここまでしてくれました。ようやく戦えるチームになり、今年が本番。石川、筒香、梶谷に井納、三嶋、モスコーソに久保、山口
そして三浦大輔。みんながやってくれたら優勝っすよ。田中彰スコアラーに今年のベイスターズはどうでしょうか?と聞いたら「監督次第やろ~」って言ってました。黙ってりゃ優勝するから、ってことかな??笑。今シーズンも頑張りましょう。良いシーズンにしましょう!
  • 昨日のページビュー:3431
  • 累計のページビュー:2426731

(07月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 筒香抹消。勝負に徹する中畑。
  2. 藤田←→内村トレード。ベイス高田GMの戦略がみてとれるトレード
  3. 衝撃の三嶋、モーガンデビュー。相変わらずの二遊間の石川、梶谷。
  4. 開幕前夜。横浜DeNAベイスターズが優勝目指すシーズンが始まります。
  5. 杉本審判といいパリーグ審判は酷いよな。
  6. 選手から直接聞いた2015年シーズンの話。やはり敗因は選手と意思疎通が出来なかった中畑清監督だったのか。
  7. 平田真吾がベイスターズを劇的に変える理由。2/21 キャンプレポート
  8. 3/5 De5-7M 山崎、柿田のピッチングは見ていて疲れました。その中で筒香の進化に驚きました。
  9. 藤江均の248球 ベイスターズキャンプレポート 2/20
  10. 先発崩壊。山本省もルイーズもさようなら。広島にいつまでやられっぱなしなんだ。今日「も」ハマスタに来るベイファンに失礼「すぎる」試合。

月別アーカイブ

2017
07
05
2016
10
07
04
03
02
01
2015
08
06
05
04
03
02
2014
09
08
07
06
05
04
03
02
2013
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss