F1の目

やっとダブル入賞のホンダ。しかし、喜ぶにはまだ早い

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベッテルの優勝もレッドブルのダブルポディウムも、メルセデス勢の表彰台不在もすべてが霞むマクラーレンホンダのダブル入賞。ラッキーではあるとは思うが、やはりうれしいものである。しかし、これで大喜びしているホンダ、マクラーレンスタッフには共感しかねる。千歩下がってマクラーレンスタッフは喜んでいいかもしれないが、開幕戦に「夏休み前までに優勝争い」と大大的に豪語していたホンダ陣営がダブル入賞で大喜びしているのを見るとやはり悲しくなるものがある。まだまだ及第点ではないだろう。

 たしかに前半戦ホンダは悲惨だった。ダブルリタイアは当たり前、マノーマルシャがいなければテールエンダーが当たり前だった。「マクラーレンホンダ」というネームバリューを著しく貶す行為を延々と繰り返していた。今回ハンガリーグランプリの予選でダブルタイムチャンピオンのアロンソが「屍」化したMP4/30を押してピットに帰る姿は哀愁すら感じた。こんな惨状にも関わらず新井リーダーは減らず口。筆者を含め多くのファンが落胆したことだろう。前半戦低迷の照明が獲得できなかったメインスポンサーが表している。こんな前半戦を見てきた筆者には今回のダブル入賞をアポロ11号の快挙とイコールで結んでいいものではないかと考えている。大げさかもしれないが、落とされていた分、小さなものでも大きく見えるのかもしれない。

 と、ここまで喜んでしまったのだが、マクラーレンホンダの最終的目標はチャンピオン争いだ。それを考えるとまだまだ志半ばである。筆者含めて感覚、そして過去の栄光を見る目がマヒしているようにも思える。しかし、毎戦毎戦、目に見えて成長しているホンダはまるで夏休みに毎年遊びに来る孫のようだ。今後も成長し続けるだろう。

 まだまだ納得できる成績には程遠いマクラーレンホンダ。まだゴールではないが、ここは確実にホンダ第4期というマラソンの中では一つの給水ポイントに到達したのだろう。ここで納得してはいけない。彼らは1年のハンデを背負っているのだからほかのチームの2倍頑張らなければならない。果たして今シーズン終盤マクラーレンホンダはQ3の常連となり、優勝争いをするまでに成長することはあるのか。今後の成長に期待だ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

やっとダブル入賞のホンダ。しかし、喜ぶにはまだ早い

マクラーレンは千歩下がって喜んでもいいが、ホンダは喜んではダメってのはどうでしょう?
今のマクラーレン・ホンダの不振はシャシー側の問題も影響している。ホンダが喜んでダメなら、マクラーレンも喜んではいけないと思いますがね。もっとも、私としては今回はどっちも喜んでよかったと思っています。喜んだ時点で、進化は止まるんですか?励みになる場合もあると思いますよ。

アロンソのマシンの「屍化」について、あなたは文脈上、あのトラブルはホンダのせいととらえているようですが、そこはきちんと調べてみたほうがいいですよ。メディアに出てますから。結論から言えばマクラーレン側でもホンダ側でも、どちらかが気づいていれば防げたケアレスミスです。

今回のダブル入賞で「喜ぶにはまだ早い」ことは誰しもわかっていることだと思います。言うなれば「当たり前」ですので、もう少し別の角度からスポットを当ててみたほうがよいかと思われます。

こんな記事も読みたい

マクラーレンホンダ勢初のダブル入賞!レッドブル勢が前なのはちょっと悔しいけど大きな成果【スポーツ24/7 一日24時間週7日間スポーツ!】

ハンガリーGP・昔のハミルトンとヘタレのロズベルグ。勝者は、新皇帝ベッテル。【暇人の暇つぶし。】

おかえりにはまだ早くても:インディカー・シリーズ第12戦 ウィスコンシン250【under green flag 2】

ブロガープロフィール

profile-iconhaay1345

2013年、F1の目執筆開始。F1観戦はテレビがほとんど。

気が向いたときに思ったことなどを書いてゆく。

ホンダ記事が多くなっているのは応援している証拠なのかもしれない。

F1一筋で今後も続けていく予定だ
  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:796427

(08月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 来季のドライバー予想16
  2. 2015年ドライバー予想
  3. なぜここまでマクラーレンはドライバー選択に悩むのか
  4. 失われたホンダスピリット
  5. やっとダブル入賞のホンダ。しかし、喜ぶにはまだ早い
  6. 揺れ動くフェラーリのシート
  7. 来季のドライバー予想
  8. 予選に可夢偉の意地を見た
  9. 待ちくたびれた週末
  10. 拝啓、FIA様

月別アーカイブ

2015
11
08
07
06
01
2014
12
10
09
06
04
02
01
2013
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss