隼→AKATSUKI★籠球部

【Bリーグ】第31節32節入場者状況(ボヤキ付き)

このエントリーをはてなブックマークに追加

琉球が大逆転劇でチャンピオンシップ進出!

これが最終節の一番の話題ですよね。

実は・・・と言いますか、日本においてはホームコートアドバンテージが生かされていないと言いますか、案外、ホームでの勝利数よりもアウェーでの勝利数が上回っているチームが少なくないんですよね。もっと言ってしまえば、ホームもアウェーも勝率はあまり変わらない。

ホーム<アウェー 7チーム(5) ホーム=アウェー 1チーム(1) ホーム>アウェー 10チーム(2)

()内はCS進出チーム数

旧NBL勢が特にホーム<アウェーなので、旧bj時代から応援している方から見れば「企業体質が抜けきってないんじゃないか」「ホームへの思い入れが弱い」と思うかもしれませんよね。 ただ、千葉・栃木でさえアウェーの方が上回っている、一方で北海道はホームの方が多い。 それに今話題にしている琉球もホーム>アウェーとはいえ、ホーム15勝、アウェー14勝とほとんど差はない、ということで一概にこれまでの歴史が関係しているとは言えないようです。 (琉球に限らず、圧倒的にホームでの勝率が良いチームはなし)

大声援が後押ししてくれるし、選手たちも「ホームでは負けられない」と言っているはずなのに不思議な現象です。


さて、レギュラーシーズンが終わった段階での入場者状況です。

Bリーグ合計

第32節終了時点合計  1,500,767人 → 1,499,352人 第32節終了時点平均    2,779人 →   2,777人

※開幕2daysの関係で、A東京のみ28試合 5/20追記:前日、Bリーグより正式発表があり、シーズン総計に差異が生じていることが判明しました。 元々公式サイトにて発表された数字を整理しておいたものをここで発表していたわけですが、正直自分に残念。過去の投稿も含めて随時修正して参りますので、ご了承ください。

前回、リーグ全体で150万人には届かない、と書きましたが届いちゃいましたね(私のチェックに誤りがなければ、というほどギリギリですが) 最終節の観客動員数は、各チームがホーム開幕戦を行った第1節、第2節に続く3番目に高い数値です。また各会場の平均数という点では1試合のみ行われた第31節がシーズン通して1位!なんと第1節よりも多いのです。千葉の7,327人という記録ばかりに気を取られてしまいましたが、その他のチームもGWを利用して上手にお客さん呼んだのですね。スゴイ!

これが効いて、見事に150万人突破しました。

31-32節

しかし、最終節のリーグ運営、試合運びについてはいささか不満が。
前回、見どころとしてプレーオフ争い、残留プレーオフ回避争い、ホーム権争いの3つを書きました。 もう1つ、リーグ全体2位争いというのがあったんですよね。 今シーズンのレギュレーションと勢力図から、2位のチームのCS初戦は強豪との激突は避けられないのは皆さんご存じだったと思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Bリーグ
プロバスケリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【NBA】WCSF GSW 4-0 UTA , ウォリアーズが4連勝、スウィープでウエスタン・カンファレンスファイナルへ。#NBAPlayoffs【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ウォーリアーズ 対 ジャズ 第4戦【バスケのデータ見ながら語ります。】

【NBA】WCSF HOU 2-2 SAS , ロケッツが19本のスリーを沈めシリーズをタイに。#NBAPlayoffs【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-icongrovers

  • 昨日のページビュー:98
  • 累計のページビュー:712145

(07月18日現在)

関連サイト:目次

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【アジア女子バスケ】決勝進出~地上波録画放送!~
  2. 5000人収容のアリーナを探してみた
  3. 【オールジャパン2015皇后杯】称賛出来ないJX-ENEOSの優勝
  4. 【号外】和歌山トライアンズにトラブル発生
  5. カウントダウン①・・・8/29女子アジア選手権(TV中継予定)
  6. Bリーグ入場者数ランキング
  7. NBLの平均入場者数に一言
  8. 来季の地区分けは?頭を抱えるBリーグ
  9. 【オールジャパン2016】ヒゲだらけの天皇杯~帰化選手の重み~
  10. ウィンターカップ出場校に垣間見える部活動の限界

月別アーカイブ

2017
06
05
2016
11
10
09
08
07
04
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss