阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

月別アーカイブ :2017年12月

杉谷拳士、オーストラリアへ。

 日本ハムの杉谷拳士がオーストラリア入りしている。今回は個人参加ということのようだが、オーストラリアのウィンターリーグ、ブリスベン・バンディッツに合流、体を動かし始めている。練習ではバッティングピッチャーもつとめたという。    関係者の話によると、年明けにはロースター入りし、実際に現地プロリーグのゲームにも出場する可能性もあるという。  またこのウィンターリーグ、ABLには社会人野球のホ......続きを読む»

メキシカンパシフィックリーグ・レポート2 メキシコでみた日本野球

 今回、グアダラハラでの取材は2試合。日本ゆかりのある選手が何人かいたので紹介する。  まずは、この人、ルシアノ・フェルナンド。 楽天からオコエとともに修行にやってきた。1試合目のビジターチーム、ベナドス・デ・マサトランの一員として参加していた。彼がオコエとともにメキシコに来ていたことは知っていたが、不覚にも各チームのロースターを確認した際、見逃していた。確かに、ロースター表で彼の名を見ても......続きを読む»

メキシカンパシフィックリーグ・レポート1:グアダラハラ・エスタディオ・チャロス

 ハリスコ州グアダラハラ。メキシコ第2の都市だ。スポーツではサッカーが圧倒的人気でこの町のチーム、グアダラハラと首都メキシコシティのンクラブ・アメリカとの対戦は伝統の一戦、クラシコと呼ばれている。日本で言えば、大阪のようなところか。  しかしながら、野球人気はいまひとつで、かつて夏のメキシカンリーグのチームがあったが、ずいぶん前になくなってしまっている。それでも近年は野球人気も高まってきているのか、......続きを読む»

メキシコ地方リーグ、リガ・メリダーナ(12月16日)

 メキシコシティから1400キロ。バスで実に22時間かかった。16時間と聞いていたが、途中、道路工事にともなう渋滞などもあってかなり遅れて到着。昨夜からほとんどバスに乗りっぱなしだ。ユカタンは遠い。  この町、メリダには昨年の夏に一度来ているので要領はわかっている。その時泊まったバスターミナル前の安宿に投宿。ツインルームしかなかったが、それでも1500円ほど。Wifiもついているので、ここに転......続きを読む»

リガ・インビエナル・デ・メヒコ(メキシコウィンターリーグ)レポート(12月13日、メキシコシティ・フライナノ球場)

 すでに何度か述べているが、メキシコは隠れた野球大国だ。年中国土のどこかでプロ野球が行われている。有名なのは、昨年はソフトバンクの五十嵐が、今年はDeNAの乙坂が参加したリガ・メヒカーナ・デル・パシフィコ(メキシカンパシフィックリーグ,LMP)だが、そのほかにも、いくつものウィンターリーグが開かれている。その実態を見るべく昨年夏に引き続いてメキシコにやってきた。  夏のトップリーグ、リガ・メヒカー......続きを読む»

拡大するベースボールのネットワーク―2015年世界プロ野球の国別ロースターから10:送出国側からみたベースボールのプロ化の広がり 後編

アジア・オセアニア:野球界の「ブルーオーシャン」  東アジアを除くアジア、オーストラリアを除くオセアニアはいまだ「野球不毛の地」と言ってよい。それでも中国、インド、タイ、ミャンマー、ニュージーランド、グアムから「プロ野球選手」が出現している。アメリカ領であり、かつて読売巨人軍が春期キャンプを行っていたグァムや北京五輪にも出場した中国からMLB傘下のマイナーリーグに人材が供給されるのはある意味当然とも......続きを読む»

オーストラリア、台湾リーグに参入か

 豪州のウィンタリーグ、オーストラリアンベースボールリーグ(ABL)は、台湾のプロリーグ、CBBLへの参入の可能性をウェブサイトで発表した。2010年にMLBからの75%の出資で始まったABLだが、現在はMLBの資本は撤退しており、単独株主となった豪州野球連盟(ABF)は、アジアとの提携を深めてゆく方向性を示している。今回の構想はそれを具現化しようというものである。  ABLは発足当初から、アジ......続きを読む»

拡大するベースボールのネットワーク―2015年世界プロ野球の国別ロースターから9:送出国側からみたベースボールのプロ化の広がり

 これまでは、受入国プロリーグの国外選手の出身国の分析からプロ化するベースボールシーンにおけるアスリートの国際移動の現状を探ってきたが、ここでは、送出側からベースボールのプロ化が進んでいことを探っていく。  調査時において、世界中のプロ野球リーグには41の国と地域から選手が参加していた(2014-15年シーズン冬季リーグ20か国・地域、2015年夏期シーズン41か国・地域。ちなみに2008年は38か......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1917715

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss