阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

月別アーカイブ :2017年11月

日本一監督退任

このシーズン監督就任1年目にして、四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスをリーグ優勝、さらにはルートインBCリーグチャンピオン、信濃グランセローズを破って独立リーグ日本一の栄冠に輝いた養父鉄監督の退任が発表された。 養父監督は、亜細亜大、日産自動車とアマチュアのエリートコースをたどりながらも、日本のドラフトにかかることなく、2001年、27歳にして、台湾プロ野球の名門、兄弟エレ......続きを読む»

メジャーリーグ、メキシコへ帰る

MLBは、サンディエゴ・パドレスとロサンゼルス・ドジャースが、来年5月4日から6日にメキシコ、ヌエボレオン州モンテレーで公式戦を行うと発表した。メキシコで、MLBの公式戦が行われれるのは、1999年以来実に19年ぶりのこととなる。 メキシコでは、来年首都メキシコシティに新球場が完成する予定で、ここでメジャー公式戦の話もあったが、先日の大地震で開催球場が変更になったようだ。    メキシコの英雄......続きを読む»

メキシカンリーグ スケジュールを巡って混迷

先日メキシカンリーグの来シーズンの概要を発表したが、これが今一度議論の俎上に上がったようだ。 ともに、決勝シリーズまで行うという異例の2シーズン制に舵を切ったメキシカンリーグだが、10月までずれ込む後期シーズンに、ウィンターリグ側が待ったをかけた。10月半ばに開幕するメキシカンパシフィックリーグがメキシカンリーグに再考を求めたのだ。  メキシコの野球選手の1年は、このようなものだ。  2月初めにウ......続きを読む»

オーストラリアン・ベースボール・リーグ、球団数拡大へ

 メディアリリースによると、オーストラリアのウィンターリーグ、オーストラリアン・ベースボール・リーグ(ABL)は、13日、リーグ拡大策を発表した。現在、ブリスベン、シドニー、キャンベラ、アデレード、メルボルン、パースに本拠を置く、6球団からなるこのリーグだが、来季、2018-19年シーズンより既存の6球団に加えて2球団を設立、8球団制へ移行するという。現在のリーグの前にあった初代ABLは最大8球団制......続きを読む»

イタリア野球リーグ再編??

この夏のヨーロッパ野球取材では、イタリア野球連盟のマルコ・ランディ氏にインタビューをすることができた。そこで耳にしたのは、せっかくできたプロリーグ、イタリアン・ベースボール・リーグ(IBL)の「解体」だった。このリーグは、2010年に従来オープンリーグ(サッカーと同じく上位リーグと下位リーグの入れ替えのあるリーグ)の「セリエ」を再編し、アマチュア(と言っても、有給の選手はいてもよい)リーグはそのまま......続きを読む»

メキシカンリーグ2018年シーズンの概要

 メキシカンリーグの来シーズンの概要が発表された。 今年デュランゴに移転したヘネラルズの撤退は取り消され、来シーズンも16球団体制を維持することが決まり、今シーズン前の球団移転でいびつになっていた南北地区の振り当てについては、北地区に属していたメキシコシティが南地区へ移転、レオンが北地区に行くこととなった。  フィールド上のルールでは、メジャーで導入された敬遠四球の際、宣言のみで打者に1塁が与えられ......続きを読む»

もうひとつのメキシコウィンターリーグ、リガ・ベラクルサナ

 先日、日本シリーズを戦ったDeNAの乙坂がメキシコウィンターリーグ挑戦というニュースが流れた。彼が参加するのは、カリビアンシリーズ出場権をもつ、メキシカン・パシフィック・リーグ(リガ・メヒカーナ・デ・パシフィコ, LMP)で、その名の通り太平洋岸の8チームから構成される。運営するのは、夏のメキシカンリーグとは全くの別団体で、メキシカンリーガーのほか、アメリカでプレーしているマイナーリーガーや......続きを読む»

オーストラリアン・ベースボール・リーグと社会人野球の提携強化へ:HONDAの担当者に聞く -最終回-

――チームの強化という観点はないのでしょうか? 「あっ、もちろんそれは基本としてあります。だから向こうでもそこそこの(成績を残した)選手を獲らないと、ダメですね」 ――ちなみに彼らを受け入れるとなると、コストとして月いくらくらいを考えているのでしょうか? 「まだ具体的に話は詰めてませんが、契約社員なんで、うちの場合はラグビーだとか、陸上なんかが外国人選手をとってきているんで、その辺の水準を見なが......続きを読む»

オーストラリアン・ベースボール・リーグと社会人野球の提携強化へ:HONDAの担当者に聞く -3-

――でも、こちらにいる場合は、選手たちはオーストラリアと同じように仕事しながらの練習ですよね。社業と野球を両立させなければならい。でも、オーストラリアではもう野球に専念できるんですよね。 「この前ABF(オーストラリア野球連盟,,ABLの運営元)の方と話した時に、例えば、これ夢の話ですけど(笑)、ホンダとか大企業ならオーストラリにも支店なんかがある。だからそこで働きながらリーグに参加するっていうの......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:244
  • 累計のページビュー:1919149

(01月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss