阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

月別アーカイブ :2017年08月

究極の『見切り席』~イースタン・仙台・楽天泉練習場

「見切り席」というのがある。障害物などで構造上、舞台やアリーナの一部が見えない席を、チケット完売の後、それと知らせて売る席のことだが、「チケットはあります。しかし、舞台は見えません」という席があれば買うだろうか?今日はそういう話である。  このオフ、NPBの2軍の観客動員についてのコラムを書いた。その時気になったのが楽天だった。この球団は、発足当初は、二軍のホームグラウンドを隣県・山形の天童に置い......続きを読む»

オランダ野球レポート2 ロッテルダム 8月20日

アムステルダムから80キロ。ロッテルダムまえは直通の新線を走る特急で40分とのことだが残念ながらこの国の鉄道は毎日のように遅れる。それどころか列車のキャンセルなども平気でする。 ともかくもロッテルダム到着。この町のスタジアムは駅からさほど離れてはいない。歩いてもいけないことはない。市電に乗って10分ほど、中央駅の西にあるムスリム地区の北にある公園の向こうにそれはある。市電から連絡するというバスがあ......続きを読む»

豊橋

一年ぶりの愛知県豊橋。そう昨年、ウェスタンリーグを見に来たのだが、照明の不具合という日本では信じられない理由で、試合がキャンセルされたうえ、チケットの払い戻しには、カウンターはだんまりを決め込むという信じられないことが起こった場所だ。私は、球場スタンドに入ってそれなりの身分の職員が自腹で払い戻しに応じてくれたが、大方の客は、球場の不手際にもかかわらず、再度お役所お抱えの主催者の指定する払い戻し所に平......続きを読む»

オランダ野球レポート(アムステルダム・8月19日)

 イタリアからスイスを経て、ライン川を北上、オランダの首都、アムステルダムにやって来た。  8月半ばは、オランダトップリーグ、フーフトクラッセはシーズンを締めくくるプレーオフに突入している。加盟8チームのうち、レギュラーシーズンの上位4チームが9月半ばの決勝シリーズを戦うのであるが、ある程度資金があり、選手のほとんどとプロ契約を結ぶ上位チームと、メインの仕事の傍らで野球をする下位チームとの差は......続きを読む»

イタリア野球レポート2 久々のパルマ(8月12日)

 パルマと言えば、サッカーファンになじみのある地名だろう。かつてあの中田英寿が所属したサッカーチームのある町だ。このチームも、メインスポンサーの食品会社、パルマラットの破たんにより現在ではカルチョの表舞台から姿を消したみたいだが、実はこの町はイタリア野球においても中心的役割を果たしている。かつては立派なスタンドをもつ野球を2つも持っており、2004年アテネ五輪の際には日本代表(まだ当時は「侍ジャパ......続きを読む»

イタリアンベースボールリーグレポート2017(ノヴァーラ対パルマ,8月11日)

 イタリア共和国ノヴァーラと言っても、あまりガイドブックにも載っていない町なので、訪ねる日本人も多くはないだろう。それでも、ちょっとした町ならローマ遺跡か町自慢のドォーモ(大聖堂)があって他の町との独立性を重んじるこの国にあって、この町はそれらを共に持ち、クーポラと呼ばれる高い塔が自慢の教会もある。  そして、このクーポラをユニフォームの端にデザインしたユニフォームをまとうプロ野球チームもこの町はも......続きを読む»

エルパソ・サウスウェストユニバーシティパーク(7月20日)

 ニューメキシコ州アラモゴードからハイウェイ54号を南下すること140 キロ。アメリカの感覚では1時間ちょっとのドライブだ。ここでハンドルを握っていると、日本の高速道の制限速度が一般道の感覚になる。なにしろハイウェイでは80マイル(120キロ)が事実上の「最低速度」なのだから。  ダウンタウンに入る前に、町を見下ろすシンボル的存在の岩山に登る。この岩山に登る小さなロープウェイはこの町の名物で、昼下が......続きを読む»

エルパソの想い出

(エルパソ・チワワズのチームショップで売られている。ディアブロスのアパレル)  ついにエルパソまでやってきた。「ついに」と言っても、この町にはもう何度も来ている。ただ、この町で野球を観るのが「ついに」なのだ。これまでにこの町で野球を観ることを3度試みて失敗している。  この町にはかつて「ディアブロス」という2Aのチームがあった。手元にある古いベースボールカード、それは私が初めてアメリカに言った......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:698
  • 累計のページビュー:1897985

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss