阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

月別アーカイブ :2016年10月

メキシコ野球情報:ラグナ・バキュエロス移転か?

 メキシコの夏季リーグ、メキシカンリーグを構成する球団のひとつ、バキュエロス・デ・ラグナ(ラグナ・カウボーイズ)が、球団身売りと売却を検討しているらしい。 (バキュエロスのホーム、エスタディオ・レボルシオン)  北部の都市、トレオンに本拠を置くこのチームは、古くはアルゴドネロス・デ・ユニオンラグナといい、メキシカンリーグが1940年代にメジャーリーグに対抗しようと選手の引き抜き合戦を演じたころ......続きを読む»

呉麺屋 カープロード

行ってきました日本シリーズ。 今回はフィールドでの取材はなしなので、パスはない。あとで、旧知の報道関係者からパスの提供を打診されたが、その日、第2戦はチケットがあったので、丁重にお断りした。あまり職権乱用もよくない。 で、第1戦はチケットなしで行ってはみたものの、やはりチケットは手に入らず。かといって法外な価格のついているチケットサイトからは購入する気になれず、結局。広島駅から球場までの「カープロ......続きを読む»

拡大するベースボールのネットワーク―2015年世界プロ野球の国別ロースターから 4.夏季リーグにみる野球選手の国際移動 イタリア

 イタリアは野球後進地域であるヨーロッパにおいて、オランダと並んでもっとも野球の普及度が高い国である。ナショナルチームレベルでは、ライバルであるオランダの後塵を拝することが多いが、クラブチームレベルにおいては、毎年各国リーグのトップチームが参加するヨーロピアン・カップにおいて、サンマリノを含むイタリアトップリーグのチームが最多の22回の優勝を誇っている。  1948年に発足した国内トップリーグ、セリ......続きを読む»

平成の怪物は晩節をこれ以上汚すべきではない

 松坂大輔が、日本復帰以来初の一軍マウンドに立った。巷では、「引退の舞台ではないか」とも噂されたが、登板後、来季に向けての抱負を語っていたところをみると、既報通り、工藤監督がポストシーズンの戦力として見定めるための登板だったようだ。  しかし、その内容は、ポストシーズン云々の問題ではなかった。1回3安打5失点(自責5)4四死球、おまけに暴投が1と、まるで草野球のリリーフピッチャーみたいな内容だった......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:1721
  • 累計のページビュー:1897288

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss