阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

月別アーカイブ :2013年06月

独立リーガーその後:滝口和眞③

 再び路頭に迷うことになった滝口だったが、「捨てる神あれば、拾う神あり」の言葉通り、ここでも新たな移籍先が見つかった。    しかし、それが「神」だったかどうか、滝口はいまだわからない。  新しいチームは、野球で給料は払わないかわり、親会社が系列先に仕事をあっせんしてくれるという甘い言葉を用意してくれていた。    「夢を追いながら、引退後のキャリアにつながる仕事ができるよ。もちろん、同じ......続きを読む»

独立リーガーその後:滝口和眞(石川ミリオンスターズ―紀州レンジャーズ―大阪ホークスドリーム―紀州レンジャーズ)②

それでも滝口はあきらめなかった。 「頑張れば、まだ(NPBに)行けるんじゃないかって…」  関西独立リーグのトライアウトを受け、これに合格し、紀州レンジャーズに入団した。創設初年度シーズンの途中に早々と財政破綻を起こしたこのリーグからは多くの選手が去り、各チーム選手集めには苦労していたのだ。ましてや左腕投手。球界には左腕投手は食いっぱぐれがないという格言があるが、まさにその通りになった。......続きを読む»

独立リーガーその後:滝口和眞(石川ミリオンスターズ―紀州レンジャーズ―大阪ホークスドリーム―紀州レンジャーズ)①

「最後までそれはゼロにはなりませんでしたよ」  滝口和眞は、自分が「プロ野球選手」なれたかもしれない可能性についての質問にこう答えた。 「そりゃだんだん小さくはなっていきましたけどね。自分の中で。でも独立リーグでプレーしている限りは、決してゼロにはなりませんでした」  都心の一等地にある喫茶店。インタビューの場所として、彼は現在住んでいる実家の近所を指定してきた。育ちの良さがそのままその振る舞......続きを読む»

伝説のスラッガー、土井正博に聞く韓国野球

今回インタビューした土井正博さんは、あの清原和博を育てた名コーチとして知られているが、1992年の1シーズン、韓国の名門、サムソン・ライオンズでもコーチを経験している。そこで、日韓の野球の相違について聞いてみた。 「一言で言えば、アメリカのパワーベースボールスタイルですね。まずは振っていく。それで打った球が右へ行こうが左へ行こうが、それは後からボールに聞いてくれって。そういう野球ですわ。日本の......続きを読む»

スタジアム借景

現在、世界中のスタジアムの風景の写真集を出そうかという話になっている。それで、今まで訪ねた野球場の膨大な写真を整理しているのだが。その中でも秀逸だったのがここ。 テキサス州・コーパスクリスティ。メキシコ湾に面した国境近くの小さな町である。2Aのテキサスリーグのチームがホームを置いている。 球場はどこにでもあるネオ・クラシック。しかしここの球場の特徴的なところは、かつてここにあった......続きを読む»

日本プロ野球初のフランス人選手ハワイへ

昨年、盟友のWBC予選代表・フレデリック・アンビ(日本での登録名はハンビ)とともに、来日し、BCリーグ群馬ダイヤモンドペガサスで、「日本野球初のフランス人プロ野球選手」となった。フェリックス・ブラウンが北米独立リーグのひとつ、パシフィック・アソシエーションのハワイ・スターズと契約を結んだことが明らかになった。  昨年は8試合で.235に終わるとシーズン序盤に早々と解雇されていた。その後、競技の......続きを読む»

伝説のスラッガー・土井正博 取材ノート:「18歳の4番」誕生秘話

先日、現在プロジェクト進行中の新しい野球雑誌の取材で、1960~70年代にバファローズ、ライオンズで通算2452安打465本塁打を記録した伝説のスラッガー、土井正博さんにインタビューしました。これからおりおり、本誌では書ききれないインタビューのこぼれ話を掲載していきます。  近鉄で13年、その後現役時代の後半を九州の太平洋・クラウンで過ごし、最後は球団の移転に伴って関東の西武で現役を終えた土井......続きを読む»

古木克明が現役復帰へ

元横浜・オリックスの古木克明が、北米独立リーグで現役復帰した。 今年、新たに発足したパシフィックアソシエーションのハワイ・スターズの外野手として登録された。 古木は、1999年愛知県の豊田大谷高校からドラフト1位で横浜ベイスターズに入団。1年目から一軍デビューを飾り、2003年にはサードのレギュラーポジションを奪い、本塁打も22本を記録した。   しかし、その後安定した成績を残せず、......続きを読む»

テキサスの空

独立リーグブームも今は昔。本場アメリカでも、ここ1,2年は独立リーグ再編の嵐が吹き荒れている。 2年前に、ゴールデン、ユナイテッドの比較的財政基盤のしっかりした球団に、老舗ノーザンリーグ中、新リーグアメリカン・アソシエーションに乗り遅れた球団を加えて新たに発足したノースアメリカンリーグだが、あっさり1シーズン限りでリーグ戦を打ち切り、またまたリーグ再編となった。 ハワイ、カリフォルニアの......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:460
  • 累計のページビュー:1917715

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss