阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

月別アーカイブ :2013年05月

誰のためのプロ野球か 2

 もちろん、サインに応じるか否かは選手の判断であろう。しかし、しないならしないで断り方もあるはずである。後ですると、一旦人を待たせておきながら、それを無視してさっさとバスに乗り込むという人として「無礼」なことをされたファンが再び球場に足を運ぶと彼は思うのだろうか。それともビジターゲームだからどうでもいいとでも思っているのだろうか。あるいは無料開放の球場だから野球を見せていやっているのとでも考えている......続きを読む»

誰のためのプロ野球か 1

 例えばレストランに入ったとしよう。そのレストランは腕のいいシェフがいてそこそこ有名な店である。ある遠方から来た客が、たまたま厨房から出てきたそのシェフを見て記念に一緒に写真を撮ってほしいとせがんだ。ところがそのシェフは、不愛想に「また後で」と言って、奥に引っ込んでしまう。そして二度と出てくることはなかった。その客は 残念そうに帰っていった…。  この話を聞いてどう思うだろうか?シェフの仕事はう......続きを読む»

呉二河球場

 呉、と言っても今や多くの日本人にはピンと来ないかもしれない。かつて軍港として栄えたこの町は、規律を重んじる気風がそうしたのか、昭和の球界に多くの人材を送り込んできた。初代ミスタータイガース・藤村富美男、弱小球団ヤクルト・西武を日本一に導いた広岡達郎、そしてNPB史上最多の1773勝を挙げた鶴岡一人。その彼の業績は、彼が南海ホークスの監督時代、キャンプ地とした二河球場に隣接するスポーツセンターの......続きを読む»

カープ由宇球場にて

 現在のところ、日本のプロ野球、NPBのファームのビジネス化に対する姿勢には各球団で大きな差がある。ファームより格下の独立リーグが勃興し、何球団かは黒字経営を達成しているのも関わらず、アマチュアのトップ選手をドラフトで獲得したこの優良コンテンツであるべきスポーツチームをNPBの球団はいまだ「コスト」としてしかみなしていない。    西日本の5球団の二軍で構成されるウェスタンリーグは、中日が地元で......続きを読む»

地域密着再び

大阪府富田林市の「バファローズスタジアム」のロゴマークが発表された。この大阪南郊の町の名を関西圏在住者以外で知っている人は少ないだろう。かつての「バファローズ」の親会社近鉄電車の走るこの町の野球場は昨年からこの名を使用している。  オリックス球団は、かつてブルーウェーブ時代に、ファームにスポンサーをつけ、「サーパス神戸」を名乗らせ、神戸北郊のあじさいスタジアムを 本拠として、二軍をなかば独立......続きを読む»

久々の中国

1年ぶりに中国を訪ねた。今回はスポーツ目的ではなかったが、先日地震のおこった四川に入った。最大の都市、成都は中国の大都市の御多分にもれず、建設ラッシュで、地下鉄もできていた。 この国にもようやく都市文化らしきものがあらわれ、この成都にしても、帰りに寄った上海にしても、表通りは先進国の都市と変わらない様相を呈している。いや、建物が新しい分、近未来都市に足を運んだような気分になってくる。 ただ、......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:244
  • 累計のページビュー:1919149

(01月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss