阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

月別アーカイブ :2013年04月

アフリカ人選手受け入れについて球団代表に聞く

ウガンダからの初めての独立リーガーの受け入れについて兵庫球団代表の高下沢氏に話を聞いた。高下氏はこれまで、選手と球団運営の二足のわらじを履いてきたが、この日、4月27日の試合をもって引退を決意。7年に及ぶ独立リーガーとしての選手生活にピリオドを打った。この日はスタメン4番で出場し、4打数2安打とまだまだ現役でもやれるとことを見せたが、球団運営に奔走する毎日で、「体はボロボロ」。それに今年からは球団に......続きを読む»

ウガンダ初の独立リーガー、ワフラ・ポール

4月終わりだというのにまだ肌寒い兵庫県三田市・キッピースタジアム。たくさんの選手が試合前練習に励んでいるなか、レゲエヘアの褐色の肌の選手がファールグランドでストレッチをしていた。  彼の名は、ワフラ・ポール。西アフリカ・ウガンダからやってきた19歳。物腰の柔らかさが印象に残る好青年だ。知的な話しぶりも、西アフリカ一の名門、首都カンパラのマケレレ大学に籍を置いていると言われれば納得できる。社会科学を......続きを読む»

マイナーリーグ回顧1995:ウィルミントン(デラウェア州):ダニエル・S・フラウレイ・スタジアム)

   デラウェア州の州都、ウィルミントンは州第一の都市である。と言っても、この州自体がメリーランド州に隣接する小さな州で、この州都も50キロ北東に位置するメガロポリスの一都市、フィラデルフィアの衛星都市のような存在である。  この町に、カンザスシティ・ロイヤルズのA級チームがやってきたのは1993年のことであった。この年私は、メリーランド州のフレデリックで、このチームのユニフォームを目に......続きを読む»

伝統の一戦inカリフォルニア

 NPBが発足80周年を迎える来年、伝統の巨人阪神戦をアメリカで開催する方向で調整中であると報じられた。この計画はすでに前回WBCの直後にも取沙汰されていたが、この度、いよいよ実現の方向に舵が切られたようだ。  これに対するネットでの意見は、おおむね否定的である。せっかくの人気カードを集客が見込めるかどうか不透明なアメリカで開催するメリットは果たしてあるのか?あるいは、採算など取れるはずもない......続きを読む»

ウエスタンリーグ公式戦(オリックス・中日戦)

 14日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムでオリックスのファーム戦があった。同球団は、昨年から吸収した大阪府を中心に近鉄球団沿線を含む近畿圏一円でファームの公式戦を組んでいる。これまでも在阪球団による本拠地球場以外の球場での試合開催はあるにはあったが、いずれも戦略的なものには見えず、そもそも在阪球団は東の球団に比べ、二軍を収益のシステムに組み込むという意識があまりみられなかった。  合併後......続きを読む»

マイナーリーグ回顧1995:アメリカンドリームを求めて

 大きなスタジアムと最高級のプレー。メジャーリーグには常に「華」があり、そこれプレーしている選手には、「成功者」としてプール付きの家や優雅な生活が保障されている。  しかし、今をときめくメジャーリーガーたちもはじめからそういう成功を約束されていたわけではない。彼らのほとんどはマイナーリーグと呼ばれるファームからたたき上げられたものである。  選手層の厚い北米プロ野球では、プロ1年目でいきなりメジ......続きを読む»

ラテンアメリカに新しい動きが

WBCでもその勢いを知らしめたラテンアメリカ野球だが、来る冬のシーズンに新たな大会が始まることになりそうだ。 「ラテンアメリカシリーズ」と銘打たれた大会が、コロンビア、ニカラグア、パナマ、メキシコの4カ国の冬季リーグによって、各リーグのシーズン終了後に、おのおののチャンピオンが雌雄を決する場として行われることになった。 この大会は、いわばカリビアンシリーズのジュニア版。1990年代以降にプロリー......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:698
  • 累計のページビュー:1897985

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss