阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

月別アーカイブ :2013年01月

独立リーグ国際公式戦

 先週末、BCリーグがアメリカ・ハワイの球団との交流戦の概要と日程を発表した。すでにこのことについては、実施するとは発表されていたが、週末の記者会見では、ハワイ側の代表者である、ロバートヤング・イカイカマウイ・ハワイスターズ両球団オーナーも出席し、改めて実施の詳細が語られた。  私はこの記者会見については、この企画の仕掛け人である石川ミリオンスターズの端保オーナーより連絡を受けたが、あいにく会見場......続きを読む»

初めてのマイナーリーグ(メリーランド州フレデリック・ハリーグローブスタジアム):その2

この小さな町のマイナーチームは地元ファンにも受け入れられ、新しい球場には近隣からも多くのファンが詰めかけていた。1992年の総入場者は実に32万9592人。この数字はA級ではトップ、マイナー全体でも17位という堂々たるものだった。 スタジアムに到着したときはまだ開門前だったが、何人かの熱心なファンがすでにスタジアム前に陣取っていた。 バスの車窓から見たときは小さく見えたスタン......続きを読む»

初めてのマイナーリーグ(メリーランド州フレデリック・ハリーグローブスタジアム):その1

私が初めてアメリカ・マイナーリーグを目にしたのは、もう20年も前のことになる。  1993年、前年に新装なったボルチモアのボールパークを訪ねようと、私は当時東京の新橋にあった(今でもあるのかどうかは知らない)アメリカ観光局に試合の日程を調べに行った。当時メジャーリーグはまだまだ日本人には遠い存在で、スケジュールひとつ調べるのも一苦労だった。  そこで手に入れたボルチモアが位置するメリーランド州の......続きを読む»

パイオニアが新たに切り拓く道

 2012年12月19日。GG佐藤の千葉ロッテ入団会見が開かれた。2011年シーズン、イタリアプロリーグ初の日本人選手として活躍した彼が選んだ背番号は西武、ボローニャ時代と同じ48。年俸1000万円ながら300万円でネット裏席を購入、ファンに開放すると宣言し、早速話題を振りまいていた。  その陰で、彼の兄貴分である根鈴雄次の「引退」と所属していた徳島インディゴソックスのアシスタントコーチ就任も発表......続きを読む»

海を渡った独立リーガーたち⑨:清水広貴編その6

しかし、中国でのプロ生活は長くは続かなかった。野球に対するアプローチが、中国人と日本人とでは随分と違ったのだ。成績も決して芳しいものではなかったが、まだまだ発展途上のこの国の野球に何かを伝えたい彼の気持ちは空回りするだけだった。意見をするたび監督は清水を遠ざけるようになり、二人の溝はいつの間にか修復不能となっていた。  チームでは中心選手として経験の浅い選手を引っ張る役割を果たしていた、という清水......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:244
  • 累計のページビュー:1919149

(01月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss