阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

月別アーカイブ :2012年08月

ボローニャ、欧州クラブチャンピオンに!

8月29,30日にイタリア、ネットゥーノで行われたヨーロッパクラブチャンピオンシップの決勝大会、ファイナル4は、ネットゥーノ、ボローニャのイタリア勢に、オランダのL&Dアムステルダム、フランスのルーベン・ハスキーズが挑んだ。 プロリーグIBL発足後のイタリア勢の実力は、アマチュアリーグにとどまる他国のクラブのそれには、もはや届かない領域に達しているようで、イタリア勢は準決勝を順調に勝ち抜き......続きを読む»

イタリアシリーズ、サンマリノ連覇

24日、サンマリノ、セラバレ球場で行われたイタリアシリーズ第6戦は、サンマリノがこのシリーズ3度目のサヨナラ勝ちを収め、連覇を飾った。 リーグ発表、2000人の大観衆を集めて行われたこの試合は、3回にサンマリノの8番インペリアリの3ランホームランで先制すると、サンマリノは6回にも1点を追加、試合を決めたかに見えた。 しかし、リミニは、7回に6番アングリサーノがエラーで出塁すると、4安打を......続きを読む»

G.G.佐藤リリース

西武からイタリアリーグ、ボローニャに移籍していたGG佐藤がリリースされた。  リーグ当局筋によると、彼の態度が問題で球団から解雇を申し渡されたという。  ボローニャ監督マルコ・ナニーニの話では、チームのコパイタリアでのネットゥーノ遠征への参加を佐藤が拒否し、本拠地球場のロッカールームを引き払ったという。15日以降、監督は佐藤の所在をつかめないまま、コパイタリアに臨み、佐藤が帯同を拒否したとい......続きを読む»

イタリアシリーズ第4戦(リミニ)

今年のイタリアリーグ、ファイナルシリーズは、レギュラーシーズンを予想通り、1位(ボローニャと同率)で通過したT&Aサンマリノタイタンズが、17日の第3戦もリミニを下し、王手をかけて18日の第4戦を敵地リミニで迎えた。    試合前のサンマリノ、ドリアーノ・ビンディ監督。彼は生まれてすぐ家族とともにアメリカへ渡り、18年を過ごしたものの、故郷サンマリノの野球に尽力するため帰ってきたとい......続きを読む»

イタリアシリーズ開幕

8月10日にはじまった今年のイタリアシリーズは、レギュラーシーズン、プレーオフともに1位通過し、連覇に向け万全の準備を整えたT&Aサンマリノと、隣町のテレマーケット・リミニによるダービーマッチとなった。昨年、ヨーロッパタイトルを獲りながら、すでに今年のヨーロッパクラブ選手権では、予選敗退しているサンマリノは、黄金時代を築くためにもIBL連覇はどうしても果たしたいところ。まずは90......続きを読む»

コパ・イタリア第2フェーズ(8月10日:グロセート)

 イタリアプロ野球リーグ, IBLはこの日からイタリアシリーズに入る。このファイナルと同時に、レギュラーシーズン、プレーオフの敗者によるカップ戦が行われている。それが、コパ・イタリアだ。この大会はIBLだけでなく、アマチュアのセリエの各レベルでもリーグ戦とは別に行われているもので、国技であるサッカーが、リーグ戦とカップ戦の2本立てで行われているのにならったものだろう。プロの場合は、二軍はこれを実......続きを読む»

MLBヨーロピアンアカデミー(8月8日)

   トスカナ州ピサと言えば、世界遺産の斜塔で有名なイタリア有数の観光地だ。この町の郊外、海辺に面したリゾートの町、ティレニアにMLBのヨーロッパアカデミーが位置している。  「位置している」と言っても、ここにMLBが自前の施設を作ったわけではない。行政によるスポーツへの援助が手厚いイタリアでは、オリンピック協会がここに強化センターを作り、その一つにベースボール・フィールドもあるのだ。これを......続きを読む»

ボローニャの休日

 先週末のIBL各大会の公式戦が終わった。IBL1(一軍)のプレーオフは、サンマリノがボローニャを連勝で下し、一位通過でシリーズ進出を決めた。一方のリミニ対ネッツォーノは、同率で並んだものの、対戦成績からリミニがシリーズ進出を決め、今年のイタリアシリーズは、サンマリノ対リミニの隣町対決となった。7回戦制のシリーズは、上位チームのサンマリノのホームゲームで金曜から始まる。  プレーオフの敗者は、......続きを読む»

IBL2 ファイナルシリーズ(8月4日 ピアチェンツァ)

 イタリアプロリーグ、IBLには2軍システムがある。プロリーグ創設に当たって、イタリア野球ソフトボール連盟(FIBS)は、リーグ加盟球団にファームチームの保有を義務づけ、2軍によるリーグ戦をIBL2として実施することにしたのである。  このファームシステムは、一応アメリカのMLBとマイナーリーグの関係にならい機能しているが、選手への報酬の支払いなどは、各球団に任せられ、一軍クラブが二軍選手の報酬も......続きを読む»

イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)

 イタリアン・ベースボール・リーグ(IBL)のプレーオフは、8球団中のレギュラーシーズン上位4チームによる各3回の総当たり戦で行われる。1日の試合で上位3チームが同率で並ぶ中、レギュラーシーズンを同率首位で通過したユニポール・フォルティトュード・ボローニャ1953だけが2勝5敗と苦しんでいる。この日からは最後の2連戦。1つでも負ければ、ボローニャはファイナルシリーズへの可能性がなくなる。  イ......続きを読む»

野球の町・ネットゥーノ(2012年8月1日)

ローマ、テルミニ駅からローカル線に乗って1時間余、海が見えてしばらく行くと終点の町、ネットゥーノに着く。外国人観光客には縁のない人口3万6000のこの小さな町だが、ローマっ子にとってはバカンスを楽しむビーチであるこの町の浜沿いには、リゾートマンションが立ち並び、ビーチはバカンスを楽しむ人々でにぎわっている。 この町は、イタリア野球発祥の地とされる。本当のところは、19世紀末にメジャーリーグの世......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:1721
  • 累計のページビュー:1897288

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss