阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

月別アーカイブ :2012年03月

MLB開幕シリーズ3

MLB開幕シリーズの雑感。 試合の詳細については、テレビやその他マスメディアで伝えられているからいいだろう。 第1戦しか見ていないが、目の肥えたファンならウーンと言わざるを得ないだろう。 確かに内野手のギリギリのタイミングでのスローイングに関しては、日本ではなかなかお目にかかれない代物だったが、そのほかは正直高いチケットを買ってまで見る価値は?という感じだった。 試合終盤でのアスレチ......続きを読む»

イースタン戸田

イースタン、ヤクルト戸田球場の試合。 先発はロッテ・グライシンガー、ヤクルト・館山。開幕を前にした最後の調整だろうが、豪華な顔ぶれとなった。但しともに、出来は今一つ。開幕を目の前に少々不安が残る出来だった。 館山は4回2失点。ボールが指にかかりすぎるのか、ストレート、変化球とも、自分のボールを自分でコントロールできていない印象だった。 グライシンガーも細かいコントロールが今一つ......続きを読む»

MLB開幕シリーズ2

 阪神戦に関してコメントをいただきました。ありがとうございます。まずは、そのレスポンスから。  大阪で試合をすれば、もっと客が入ったというご意見でしたが、確かにそれは一理あります。関西在住の私の友人も、大阪で試合があるならぜひ行きたいといっていました。そもそも、なぜこの手の試合は、東京ばかりでするのかには大いに疑問を感じます。一極集中の日本をある意味象徴しています。  個人的には、イチローのマリ......続きを読む»

MLB開幕シリーズ1

MLB開幕戦に先立って行われる「プレシーズンゲーム」。要するに日米球団によるオープン戦だ。向こうでは、公式戦以外のゲームは、全て「エキシビジョン・ゲーム」と言うが、日本では、入場料を取る「オープン戦」、その他の「練習試合」に、今回の「プレシーズンゲーム」など、シーズン前のゲームにいろいろ名前がついている。まったくもってややこしい。おまけにこの春、高知で県の招待によって行われた日韓4球団による......続きを読む»

アグアスカリエンテス3

そうこうしているうちに、例の日本でプレーしていたというカスティージョが声をかけてきた。東洋人に親近感をもってくれているのか、向こうから近づいてきた。話してみると、同じライオンズでも、日本ではなく、台湾の統一ライオンズにいたと言う。 この男、フアン・カスティージョは、ドミニカ出身の内野手。1980年にミルウォーキー・ブリューワーズと契約、アドバンス・ルーキー級のビュートでプロデビューを果たし、1......続きを読む»

WBC予選

来年開催の第3回ワールドベースボールクラシックの予選の組み合わせが発表された。 今年の9月から11月に実施される。 会場と組み合わせは以下のとおり。 ・ドイツラウンド(レーゲンスブルグ):ドイツ、カナダ、イギリス、チェコ ・台湾ラウンド:台湾、フィリピン、ニュージーランド、タイ ・パナマラウンド:パナマ、ニカラグア、コロンビア、ブラジル ・フロリダorバルセロナラウンド:スペイン、イ......続きを読む»

「昭和」への遺言:金星根(韓国独立球団・高陽ワンダーズ)

 ホテルのロビーの空気が一瞬固まった。  椅子に腰かけていた若い選手たちの顔つきが一気にこわばり、一同が一斉に起立する。そのまなざしは開かれた自動ドアに注がれている。入ってきたひとりの老人をホテルの従業員も最敬礼で迎える。  グランドコートを着たその老人は、杖をつきながら、それでも背筋を伸ばし、付き人に促されながらエレベータの方向へ姿を消していった。その杖はよく見ると、ノックバットだった。  ......続きを読む»

浜松にて

オープン戦 中日対巨人 かつてはオープン戦といえども天下の巨人軍がやってくるとあれば、田舎の球場はお祭り騒ぎになったものだった。最近では、すっかりそういうこともなくなったが、さすがにこのカードは東海地域では圧倒的な人気を誇っているようで、平日の日中にも関わらず、スタンドは7割がた埋まっていた。  地方球場と言えば、やはり外野の芝生席。ここ浜松球場は、芝生席のさらに上段には、2,3段......続きを読む»

チェコリーグに日本人選手入団

 関西独立リーグなどでプレーした田久保賢植選手のチェコ1部リーグ、チェコ・エクストラリーガのフロッシー・ブルノ(Hrosi Brno)入団が合意に達した。  ブルノは、オーストリア国境にほど近い、チェコ共和国第2の都市。チェコは、近年、野球の国際大会を開くなど、ヨーロッパ野球の新興勢力として台頭してきている国。国内リーグは、未だセミプロの段階だが、ここで活躍した選手が、北米マイナーリーグや、イタリ......続きを読む»

アグアスカリエンテス2

球場には試合開始2時間前に行った。  外観は立派とは言えない球場だが、正面だけは綺麗に整備され、玄関は白でまとめられていた。ゲートの両側には投打の選手のパネルが掲げられた。地元の選手かと思いきや、テキサス・レンジャーズの選手のものだった。MLB傘下のマイナーリーグの連合体であるMiLBに加入し、3Aクラスにランキングされるメキシカンリーグだが、リーグ、球団ともMLBからは独立しており、各球......続きを読む»

アグアスカリエンテス1

今日からのメキシカンリーグ紹介は、私が最初にメキシコ野球に出会った1995年の回想記になります。 首都メキシコシティから北西に約400キロのところにある町、アグアスカリエンテス。当時は、アメリカとの国境の町、シウダー・フアレスまで列車が走っており、2泊3日でのんびりと首都とを結んでいた。メキシコシティでのダブルヘッダーを第一試合できりあげ、夕方に飛び乗った列車は、翌朝8時にこの「温泉」......続きを読む»

メキシカンリーグ情報

今年のメキシカンリーグは3月16日に「伝統の一戦」、メキシコシティ・ディアブロスロッホス対キンタナロー・タイガースの一戦で幕が開き、7月末まで1チーム113試合のレギュラーシーズンを競う。以前行われていた前期後期制ではなく、南北地区からそれぞれ上位4チームが2段階のプレーオフに進み、地区優勝を争い、各々のチャンピオンがメキシコシリーズを争う。ポストシーズンは長く、シリーズの終了は9月2日となっている......続きを読む»

メキシコ野球3

スタンドをくぐると、ビジターチームのバッティング練習の風景が目に入ってきた。 最下段まで足を運んでグランドをのぞき込んだ。懐かしい顔がティーバッティングにいそしんでいる。 ジョージ・アリアス。2003年のタイガース優勝時の4番バッターだ。せっかく好成績をおさめながら、この年のオフ、契約のこじれから阪神を退団、翌年メジャー復帰を目指したが叶わず、昨年からティファナ球団でプレーしている。ティファナは......続きを読む»

メキシコ野球2

中断していた2006年のメキシコ野球訪問記の続きです。 球場前には試合2時間前だというのに、すでに30人ほどの人が並んでいた。チケット売り場の前にはサンドウィッチの露天が出ている。チケットの窓口もすでに開いていたのでチケットを買った。新聞では今夜の試合は地元ファンはどこの席でも一律30ペソ(約300円)とあった。おそるおそるそのことを告げると、よそものの私もそれで良いとネット裏席のチケットが手......続きを読む»

プレシーズンマッチ・西武対LG(韓国)

本日は、昨日同様高知で行われているプレシーズンマッチの様子を伝えます。春野球場での西武と韓国プロ野球LGツインズの試合。西武はかつてこの春野で春季キャンプを張っていたが、現在ではB班、つまり2軍のキャンプだけここで行っている。 それでも地元には西武ファンが多く、平日のせいもあってか、お年寄りを中心に多くの人が球場に足を運んだ。 メンバーの方は、西武はまだまだ育成モード。序盤に中島、中......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:244
  • 累計のページビュー:1919149

(01月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss