阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

WBC 

人呼んで「豪州の則本」、ジョシュ・トルス(新潟アルビレックス)インタビュー

ペナントレースも前半戦を消化し、来週からは交流戦が始まる。3月にWBCに沸いたのが遠い昔に感じる。侍ジャパンに挑んだ対戦国の選手たちのうち、キューバの3人、ライデル・マルチネス、リバン・モイネロ、そしてノエル・サントスは、それぞれ、中日、ソフトバンク、ロッテと契約して来日している。とくにサントスは低迷するマリーンズの起爆剤として期待されている。  そして、もうひとりオーストラリア代表の投手が、ルート......続きを読む»

2009WBC投手コーチ、山田久志さんに聞く-9-

――(山田さんが)日本シリーズで初めて優勝したときとは違いましたか? 「もう全然。まあ、(昭和)50年の初優勝の時なんか、もううれしくてうれしくてね。でも、広島破って優勝した最初に優勝したの日本シリーズの方がうれしかったんじゃないかな(笑)。WBCの優勝は、責任果たせたような感じが強かったね。あー、これでみんなになんとかお返しできたのかなって。そういうこと(うれしい)よりも、なんかそっちの方......続きを読む»

2009WBC投手コーチ、山田久志さんに聞く-8-

――それで決勝の先発は岩隈投手。この試合の継投、岩隈―杉内―ダルビッシュっていうのは、ベスト3のピッチャーと考えていいんですよね? 「そうです。私もこの試合はね、こんなにもつれるとは思わなかったの。この試合で私は唯一、唯一っていったらおかしいのかもしれないけど、失敗したんですよ。これは継投を失敗してしまった。岩隈を引っ張りすぎたんですよ。8回の頭からね、杉内を行かせるべきだったと思いますよ。あの時......続きを読む»

2009WBC投手コーチ、山田久志さんに聞く-7-

――(抑えを外された)藤川投手に対してはどういうことをおっしゃられたんですか? 「私はね、彼らがどういう風に聞いたかはわかりませんけれど、最初、球児を含めてピッチャー陣には、『自分のポジションを決めてくれるなよ』って言ったんです。自分は先発一本だとかね、リリーフだとか、抑えだとか、そんなことは自分たちで勝手に決めてくれるなよって。これはもう侍ジャパンの投手「軍団」で行くんだから。軍団で戦うん......続きを読む»

2009WBC投手コーチ、山田久志さんに聞く-6-

――それで、(準決勝の)アメリカ戦感慨はありましたか?山田さんが現役の時はメジャーといえばあこがれだったと思うんですけど。 「そりゃもう、全然雰囲気は違ってましたね。こう、ビッグな感じがしててね。ホントにスケールがでかいっていう。そういう感じはあったね。  日本でやってた日米野球とは全然違う。あの遊びとは。遊びでやってるエキシビションゲームと、なんていうんだろ、国を背負って、日の丸を背負ってやる......続きを読む»

2009WBC投手コーチ、山田久志さんに聞く-5-

――そうですね、このあたりまで来ると、もう強いチームばっかりで。その次はまた韓国戦でしたよね。この試合はまた負けてしまいました。 「そうです。この韓国戦の負けは堪えましたね。がっかりきたね。この時も向こうは、(マウンドに)旗立てたんですよ。それで、イチローとか大輔なんかが、彼らは2回目(の出場)でしたから、『あいつらまたやりやがったな』って。それを初めての連中も見てたんですよ。私は知らなかっ......続きを読む»

2009WBC投手コーチ、山田久志さんに聞く-4-

――それで2戦目が韓国戦で、ボロ勝ちしたんですね。 「そうそう。まさかですよね。だけど結局、その次やったとき、いい試合したんだけど、完封負けしてしまうんですよね。イ・デホかなんかに打たれて0対1ですね(実際はキム・テギュン)。確かレフト線ですね。岩隈(現マリナーズ)もいいピッチングしてたんですけどね」 ――ちなみに相手チームの研究なんかはされてるんですか? 「そりゃもう、すごい資料ですから......続きを読む»

WBC各国選手紹介19 ホセ・バティスタ(ドミニカ)

ホセ・バティスタ(ブルージェイズ/MLB) 37歳 右投右打 (ティグレス・デ・リセイ/ドミニカリーグ) メジャーホームラン王2度のアーチスト。 母国ドミニカの高校卒業後、アメリカの短大に進学。ここで3塁手と投手という「二刀流」として頭角を現し、2000年、パイレーツからドラフト指名を受け、翌年ショートシーズンA級のウィリアムズポートでプロデビューを果たす。メジャーデビューは2004年。オ......続きを読む»

WBC各国選手紹介18 レネ・リベラ(プエルトリコ)

(3Aバッファローバイソンズ時代) レネ・リベラ(ニューヨーク・メッツ) 2001年、ドラフト2巡目でマリナーズの指名を受け、この年ルーキー級アリゾナリーグとショートシーズンA級ノースウェストリーグでプレー、.241をマークする。 2004年、メジャーデビューを果たし、その後、ツインズ、パドレス、レイズでメジャーの舞台に立った。その間、ドジャース、メッツ、ヤンキースのマイナーや、母国プエルト......続きを読む»

謎の国、イスラエル野球写真館

明日いよいよ対戦のイスラエル。情報がないせいか、テレビなどでもけっこういい加減な情報が出回っている。いかにも、ネットの情報をつなぎ合わせたというようないま話題の「まとめサイト」みたいな報道をテレビがしていいのかなと思いましたので、2007年に1年存在したイスラエルプロ野球のシーンを公開します。 予選後、今回の代表チームが訪れたヤルコン・フィールド エルサレム、テルアビブ間にあるアメリカ移民の......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:229
  • 累計のページビュー:1918296

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss