阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

メキシコ・ベラクルス州リーグをゆく 3

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベラクルスリーグの決勝シリーズは12月の第3週と4週に5戦3勝制で行われた。最初の週の土日はアカユカンで、次の週は金土はハラパで、最終の第5戦は再度アカユカンに舞台を移して行われた。    試合前、フィールドを走るトビスの選手に声をかけられた。日本でやっていたのかと聞くと、自分のいとこがプレーしていたので、一度行ったことがあるという。 エルビラ

 彼の名は、アブラハム・エルビラ。メキシカンリーグ17シーズンで30勝のベテランピッチャーだ。35歳になった2017年シーズンも地元アギラスデロッホス・デ・ベラクルスでプレーしている。ウィンターリーグ最高峰のメキシカンパシフィックリーグでも3度プレーしているが、2010-11年シーズン以降は記録が残っていなので、その後はここベラクルスリーグでプレーしているようである。  いとこの名は、ナルシソ・エルビラ。ミルウォーキー・ブリュワーズでメジャーのマウンドに立ったここベラクルスの英雄で、2000年と2001年に今はなき近鉄バファローズでプレーし、ノーヒットノーランも達成している。    このリーグには、メキシカンリーグでプレー経験のある選手が多い。その中には、この2017年シーズンもこのメキシコ最高のリーグでプレーしていた者も6人いる。フランキーのいとこであるショートのアンヘル・フランシスコ・リベラは、2008年から3シーズンはアメリカにわたりカージナルスのA級で168安打を放ち、その後、メキシコに戻りここ2シーズンはピラタス・デ・カンペチェで在籍し、2017年も50試合に出場している。

アンヘル (アンヘル・リベラ)

メキシカンパシフィックリーグでもプレーしたこともあるが、ここ数年は冬をこのリーグでプレーしている。むろん、パシフィックリーグの方がギャラも高いし、実際は、その「メジャーリーグ」とは契約を結ぶことができなかったのだろうが、彼自身は、「金はいいんだ。このチームはアミゴで成り立っていて心地いいからね」と故郷ベラクルスでプレーする理由を挙げていた。試合後、チームの車の開催場所に迎えに来ていた、奥さんと子供の姿をみると、やせがまんなどではなく、本当に家族との時間を過ごすため、このリーグを選んでいるのかもしれないとも思った。  その他にも、かつてメキシカンリーグでプレーしていたベテランもいる。この日、レフトを守っていたセラフィン・ロドリゲスなどは1000本安打も達成した名選手だ。彼らは現在はこの冬のシーズンだけプレーしているようだ。ある選手などは長いシーズンオフはタクシーの運転手として働いているという。

客  ラテンアメリカの野球で総じて言えることだが、客の集まりは非常にのんびりしている。ようやく試合30分前になってちらほら集まり、一番入場ゲートがにぎわうのは、試合直前から試合序盤だ。 スタンド

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ラテンアメリカ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

メキシコ・ベラクルス州リーグをゆく 2【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

2018年・春は熊野から【銀猫の女子ソフトボール観戦記】

メキシコベラクルス州リーグを行く 1【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1917256

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss