阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

メキシカンパシフィックリーグ・レポート1:グアダラハラ・エスタディオ・チャロス

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハリスコ州グアダラハラ。メキシコ第2の都市だ。スポーツではサッカーが圧倒的人気でこの町のチーム、グアダラハラと首都メキシコシティのンクラブ・アメリカとの対戦は伝統の一戦、クラシコと呼ばれている。日本で言えば、大阪のようなところか。  しかしながら、野球人気はいまひとつで、かつて夏のメキシカンリーグのチームがあったが、ずいぶん前になくなってしまっている。それでも近年は野球人気も高まってきているのか、今年春に開催されたWBCメキシコラウンドは、首都メキシコシティに適当な球場がないこともあり(前回使用した2万5000人収容のフォロソルは、野球から撤退し、現在はコンサート会場専用に戻っている)、この町で開催された。メキシコで野球と言えば、北部の工業都市、モンテレーが有名だが、来年はメジャーの公式戦も開催されるこの町をさし置いてこの国際大会が開催されるのは、メキシコ球界がこの大都市を重要なマーケットと位置付けているからなのだろう。春のWBCに続いて、この冬のシーズン後にはカリビアンシリーズが初開催されることも決まっている。  そういうことから、ぜひともこの町のチーム、チャロス(カウボーイの意)にはリーグ優勝してもらいたいところなのだが、残念ながら、現在、メキシカンパシフィックリーグの下位に沈んでいる。    この町の長距離バスターミナルは、市バスで1時間もかかる郊外の町にある。将来的には都市鉄道で結ばれるようで、現在ターミナル前に高架ができているのだが、しばらくは不便を強いられる。  ターミナルにはWBC仕様のバスが停車していた。 WBC

 球場も市内ではなく郊外の町にありこれがなかなかアクセスしにくい。地下鉄の駅構内にチャロスのショップがあったので、ここで球場への行き方を尋ねると、北行きの電車の終点まで行き、バスに乗り換えろという返事が返ってきた。まあバスで直接行くよりはその方が速いだろうと、終点まで15分ほどかけて行き、そこでバスに乗り換えた。現在2路線あるうち南北を結ぶ路線は町を囲む環状道路が終点らしく、ここから西行きのバスの運転手に声をかけると、球場まではいかないが「近く」まで行くということなので、これに乗った。コンベンションセンターらしき大きな建物が見えたところで降ろされる。ここまで計30分。  しかし、ここからが結構歩かされる。直線距離なら1キロくらいだが、ガードマンが見張るハイソな住宅街を通って球場に着くと市の中心からおおかた1時間かかった。距離にして10キロほどなのだが、アクセスは非常に悪い。  ちなみに2日目はセントロ(町の中心)からの地下鉄を途中のアビラ・カマチョ駅で降りバスで向かったが、ここも球場近くを通るバスを捕まえるのに一苦労、やはり1時間くらいかかった。この駅が将来的には球場前まで行く鉄道の乗り換え駅になるようで、現在ここから球場方面へ延びるアビラ・カマチョ通りの上を線路の高架が走っている。

 おまけに試合後はなんと公共の交通機関はほぼない。試合開始が7時過ぎなので通常試合が終わるのはだいたい10時過ぎ。この町のバスや地下鉄は11時には終わるので、試合が少し長引けば後はタクシーくらいしかない。この日も、試合後選手のインタビューなどをして10時半ごろ球場を出て、表通りのバス停に行ったが、郊外方面行はまだバスがあったが、グアダラハラ市内方面のバスは結局来なかった。タクシーかと思ったが、幸い同じくバスを待っていた若者3人組が白タクを捕まえたので、これに便乗させてもらった。彼らとともに、深夜までにぎわう飲み屋街で下車、誘われたのでバーでミッチェラーダ(タバスコなどが入ったビールのカクテル)をあおった。彼らはこの日のビジターチーム、マサトランのファンで、明日はクリスマスの帰省を兼ねて、バスで太平洋岸のマサトランに移動、観戦するという。メキシコ第2の都市ということもあってこの町には地方出身者も多く、そのためビジターチームのファンも多い。  球場前も現在、高架鉄道が工事中で2020年にはアクセスもしやすくなるらしいのだが、一体今は皆試合後どうやって帰っているのか聞いたところ、やはりタクシーかウーバー、それが嫌ならバスのある時間に切り上げるのだという。バスのあるうちに帰れば、道は空いているので、セントロまで30分くらいで行く。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ラテンアメリカ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【17東京ベースボールスクール】第四回【ベースボールコミュニケーション 野球教室ブログ】

メキシコ地方リーグ、リガ・メリダーナ(12月16日)【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

【17東京ベースボールスクール】第三回【ベースボールコミュニケーション 野球教室ブログ】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1917256

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss