阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

メキシコ地方リーグ、リガ・メリダーナ(12月16日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

merida

 メキシコシティから1400キロ。バスで実に22時間かかった。16時間と聞いていたが、途中、道路工事にともなう渋滞などもあってかなり遅れて到着。昨夜からほとんどバスに乗りっぱなしだ。ユカタンは遠い。  この町、メリダには昨年の夏に一度来ているので要領はわかっている。その時泊まったバスターミナル前の安宿に投宿。ツインルームしかなかったが、それでも1500円ほど。Wifiもついているので、ここに転がり込む。宿に着くなり「寒いだろ」と言われるが、日本やメキシコシティよりよほどましだ。ここまで南に来ると、日中は半袖でないとやってられないし。夜も長袖を一枚羽織れば問題ない。ある意味、野球するには絶好の気候だ。  しかし、つくづく物好きだと自分でも思う。今回の野球旅ではここまで足を延ばすつもりはなかったのだが、「リガ・メリダーナ」なる謎のリーグのファイナルシリーズが行われると聞いて、足を運んでしまったのだ。

 このリーグは2010年に創設されたものの2シーズンで休止、その後ウィンターリーグとして2013年に復活したらしい。メリダは、メキシカンリーグの人気チーム、レオーネス・デ・ユカタンを擁する町だが、このユカタン半島は、野球伝来の地のひとつとあって、野球熱も高いようだ。この地域では、昨シーズンまでは、メキシカンリーグの冬季教育リーグ、リガ・ペニスラール(半島リーグ)が行われていたが、これは今季からは、メキシコシティで取材したリガ・インビエナル・メヒカーナに統合されたようである。その代替だろうか、リガ・エスタータル・ユカテカ(ユカタン州リーグ)というのができたようで、レオーネスの本拠、ククルカン・アラモを使用している。  今季のリガ・メリダーナはメリダ市内近郊の球場を本拠とする6チームが20試合ほどのレギュラーシーズンを経て上位2チームがファイナルを争うことになっている。シリーズに進んだのは、市の西方、ボホルケスをホームとするディアブロスと北方、コデメックスのコンストラクトレスだ。町の中心からランドマークとなるマヤ博物館の名を告げ、バスに乗る。町はずれの大きなショッピングセンターの先にひときわ目立つモダンな博物館があり、そこで降りた。コデメックスの球場はこの博物館が面する、かつて列車が走っていた線路が真ん中をつらぬく道路の反対側、数ブロック東にある。といっても大通りからはその姿は見えない。下町らしい雰囲気の路地を進むと、いかにも草野球場といった公園があり、そこがコンストラクトレスの本拠地だ。 bohorukesu

実際アマチュア用の球場で、両翼の外野エリアの芝生はファールゾーンから続く少年野球用のフィールドのため大きく削られている。 kyujou

また固定式のベースもなく、座布団のような古ぼけたベースを所定の場所において使っている。 base

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ラテンアメリカ
タグ:
ライブドアブログでも公開しています。来年2月以降はそちらでよろしくお願いいたします。

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【17東京ベースボールスクール】第三回【ベースボールコミュニケーション 野球教室ブログ】

体験選手へのお願いは投げ方と柔軟性の確保【倉俣監督BLOG】

リガ・インビエナル・デ・メヒコ(メキシコウィンターリーグ)レポート(12月13日、メキシコシティ・フライナノ球場)【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:460
  • 累計のページビュー:1917715

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss