阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

メキシカンリーグ スケジュールを巡って混迷

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日メキシカンリーグの来シーズンの概要を発表したが、これが今一度議論の俎上に上がったようだ。

ともに、決勝シリーズまで行うという異例の2シーズン制に舵を切ったメキシカンリーグだが、10月までずれ込む後期シーズンに、ウィンターリグ側が待ったをかけた。10月半ばに開幕するメキシカンパシフィックリーグがメキシカンリーグに再考を求めたのだ。  メキシコの野球選手の1年は、このようなものだ。  2月初めにウィンターリーグが終わると、半月ほどのオフがあり、その後メキシカンリーグ、あるいは北米のメジャー、マイナーのキャンプを迎える。メキシカンリーグのシーズンは従来は8月中に終わっていたので、その後北米にわたって9月まで野球を続ける選手も多かった。近年はメキシカンリーグじたいが完全に終わるのが9月に入ってから。選手は10月初めにウィンターリーグのキャンプを迎えるので、ここでも短いものは半月ほどしかオフがない。このような事情を考えると、10月までずれ込む夏季リーグのスケジュールには無理があるだろう。

 また、いったん発表した球団消滅を撤回したデュランゴは、新オーナーのもと、活動を継続することになった。また、ベラクルスが移転して復活するテコロテスは、アメリカとの国境の町、ヌエボラレドを本拠とするが、3連戦のうちひとつはアメリカ側で試合を実施するため、「ドス(2の意)ラレド」を冠する。また、集客に難があり、前回の復帰時の失敗の原因となった、郊外の新球場は使わず、セントロ(市街)近くの旧球場、パルケ・ラフンタを使用するつもりであるという。



この記事はLivedoorブログでも発表しています。来年2月以降は完全移転となります。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ラテンアメリカ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

大学生との異文化交流実現【倉俣監督BLOG】

2018年 アジア大会の日本代表を勝手に考える【飛鴎乗雲】

オーストラリアン・ベースボール・リーグ、球団数拡大へ【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:460
  • 累計のページビュー:1917715

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss