阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

もうひとつのメキシコウィンターリーグ、リガ・ベラクルサナ

このエントリーをはてなブックマークに追加

bera

 先日、日本シリーズを戦ったDeNAの乙坂がメキシコウィンターリーグ挑戦というニュースが流れた。彼が参加するのは、カリビアンシリーズ出場権をもつ、メキシカン・パシフィック・リーグ(リガ・メヒカーナ・デ・パシフィコ, LMP)で、その名の通り太平洋岸の8チームから構成される。運営するのは、夏のメキシカンリーグとは全くの別団体で、メキシカンリーガーのほか、アメリカでプレーしているマイナーリーガーやメジャーリーガーも参加して、レベルは非常に高い。

 メキシコにはこのほか、冬季シーズンにも複数のリーグがあることはすでに紹介したが、このLMPに次ぐリーグだったのが、ベラクルス冬季リーグ(リガ・インベルナル・ベラクルサナ, LIV)である。「だった」というのは、このリーグは現在消滅してしまっているからだ。  2005年オフに州知事フィデル・エレーラ・ベルトランの尽力により復活(以前にもこの地域にはウィンターリーグがあった)した11月から1月まで開催のこのリーグは、太平洋岸に位置するベラクルス州の4チームと内陸部チアパス州の2チームから構成されていた。2005-06年シーズンから2011-12年シーズンは2地区制を採用、この後フォーマットを変えて2015~16年シーズンまで実施された。2012-13年シーズンから優勝チームは、このシーズン後に始まったコロンビア、ニカラグア、パナマ各国のリーグの優勝チームが覇を競うラテンアメリカシリーズにコマを進めていた。  メキシカンパシフィックリーグから漏れたメキシコ人や外国人選手の受け皿として年々レベルを上げ、人気も向上していたというが、財政的には苦しかったようで、2016年に休止、この年の冬からは、新リーグ、リガ・デ・ベイスボル・エスタータル・デ・ベラクルス(ベラクルス州立野球リーグ)として再出発した。そして今季、リガ・ベラクルサナ・エスタータル・デ・ベイスボルと名を改めて開幕している。

 前リーグとの違いは端的に言うと、「セミプロ化」したということだろう。各チームのロースターにはプロ選手(夏期シーズンもプロリーグでプレーしていた者)が8人まで認められ、ここには主に、LMPで契約を結べなかったメキシカンリーガーが登録される。その一方でこれまでプロ経験のないルーキーは5人登録する必要があり、その残りは、過去にプロ経験のある「元プロ」となる。メキシコではいったん夏季リーグを「引退」した選手がウィンターリーグでのみプレーを継続することは珍しいことではないが、このリーグは、そういう「マスターズ・リーグ」に育成的要素が加わってできたと考えられる。そのため、試合開催は週末にのみに限定、このあたりが前リーグとの大きな違いだ。土曜1試合、日曜はダブルヘッダーと週3試合を約2か月で消化、上位4チームがプレーオフを経てチャンピオンを決定している。

 前年から1チーム減らし5球団制となった今季は、開幕を前にして、中米の隣国グアテマラの代表チームを招聘、各チームと対戦、10月28日に開幕戦が行われた。

リガ・デ・ベイスボル・エスタータル・デ・ベラクルス2017 チレロス・デ・ハラパ ガージョス・デ・シウダーメンドーサ カフェテロス・デ・コアテペック トビス・デ・アカユカン ナウアス・デ・ティウアトラン



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ラテンアメリカ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

「プロになること」と「プロで生きて行くこと」の違い【倉俣監督BLOG】

アンドレス・メナ内野手のトライアウト結果のお知らせ&スペシャルインタビュー【欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)】

選手育成とは【倉俣監督BLOG】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:698
  • 累計のページビュー:1897985

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss