阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

オーストラリアン・ベースボール・リーグと社会人野球の提携強化へ:HONDAの担当者に聞く -1-

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年から、オーストラリアのウィンターリーグ、オーストラリアン・ベースボール・リーグ(ABL)に、社会人野球の選手が参加しているのをご存じだろうか?メジャーリーグ(MLB)も出資して2010年オフに復活した当地のプロ野球だが、2014年限りでMLBとの資本関係がなくなり、リーグは、その存続のため様々な策を模索している。日本との提携強化もそのひとつだろう。ABLはリーグ発足当初から、外国人選手の受け入れに積極的で、アジアからも日本、韓国、台湾のプロリーグとの提携のもと、野球留学を受け入れていたほか、独立リーグの選手にも門戸を開いていた。今や日本を代表する投手となった、菊池雄星もこのリーグで武者修行している。  そして昨年からは、社会人野球にまで門戸を広げ、昨シーズンオフはシドニー・ブルーソックスに、HONDAから吉越亮人投手、山崎裕貴捕手(HONDA狭山所属)、片山雄貴投手、西村凌内野手(HONDA鈴鹿所属)が、参加した。  この件について、担当者のHONDA野球部スタッフ、米田文彦さんに話を聞いた。米田さん自身、都市対抗には2度出場、早稲田大学時代には、1学年上の鳥谷敬(阪神)らとともに7連覇の偉業を成し遂げ、ベストナインにも輝いた名選手である。

米田 (HONDA米田氏)

――本日はありがとうございます。昨年の冬、ホンダさんはオーストラリア野球リーグ(ABL)に選手を派遣したということですが、まずはそのきっかけについてお話しください。

「2016年の都市対抗の時期に、向こうのシドニー・ブルーソックスの代表のマーク・マリーノと言う人から、ランダムに、(いろんな)社会人野球(チーム)のマネージャーに『選手派遣について話がしたい』と連絡があったんです。それで、都市対抗にもちょうどマリーノが来てるんで、お話だけでもさせてくれないかって、メールが来たんですよ。その前には面識なんかはなかったです」

――ということは、ホンダだけじゃなく、いろんなチームに声をかけていたってことですね。

「そうです。それで、話を(マリーノ氏に)聞きに行ったのが私だけだって、(ABL側は)言っていました。まあ、他のチームもい忙しいっていうのと、いきなりメールが飛んで来たんで、得体が知れないっていうのもあったんでしょうね。あとで聞くと、わけわかんないって、みんな返信もしなかったらしいんですよ。で、僕は話だけでも聞いてみようと、ちょうどこの時期(7月中旬)にドームホテルで話をしようということになりました。それがきっかけですね」

――では、ホンダ側が選手の派遣をしたいっていうわけではなかったんですね。

「そうです。最初はそんなつもりまったくなかったです。ただ話だけでもっていうことで、話をしてみたんです。でも、会社的には、お金の面では全然、条件さえ合えば行けなくもないなって」

――それ以前は、ABLのことはご存知だったのですか?

「いいえ、全然知りませんでした」

――それで条件面で合意できたんですか。

「はい」

――費用の面についてお話をうかがいたいと思います。ABLは一応プロリーグなんですが、派遣された選手は向こうから報酬はもらうのでしょうか?

「いいえ、もらいません。ホンダからの給料だけです」

――派遣ということになると、選手の社内での扱いはどういうかたちになるんですか?

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オセアニア
社会人野球
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

準硬式野球部・東都大学準硬式野球秋季リーグ戦 対日大2回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

【西武】2017年戦力外通告2【獅子党のつぶやき】

埼玉西武にドラフト指名されたアンダースロー與座海人と埼玉西武からメジャーに挑戦するアンダースロー牧田和久【プロ野球哀愁劇場】

硬式野球部・東都大学野球秋季リーグ戦 対国学大3回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

【2017年日本リーグ・予備節:日本精工vs伊予銀行~延長8回、日精工が2点勝ち越すも、その裏樋口が逆転サヨナラスリーラン】【銀猫の女子ソフトボール観戦記】

【西武】2017年ドラフト会議【獅子党のつぶやき】

ドラフトで見える縮図と課題【アナグラム的分析ラボラトリ】

ドラフトの買物を考える【アナグラム的分析ラボラトリ】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:460
  • 累計のページビュー:1917715

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss