阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

新国立球場でニカラグアリーグ開幕

このエントリーをはてなブックマークに追加

 各地のウィンターリーグが次々と開幕する中、ニカラグアのリーグ、「リガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・ニカラグエンセ(LBPN)」が現地時間23日開幕した。ラテンアメリカでは、全チーム一斉に開幕せず、開幕戦は1試合だけというパターンが多いが、今季のLBPNも首都マナグアの名門、インディオス・デ・ボエルと隣国ホンジュラスとの国境近くの町、ティグレス・デ・チナンデガとの一戦が、3万人収容の旧球場に代わり、新造されら新しい国立競技場、新エスタディオ・デニス・マルチネスで行われた。デニス・マルチネスは、「エル・プレジデンテ(大統領)」とあだ名されるメジャー245勝のこの国出身の英雄である。1984年には、ボルチモア・オリオールズの一員として来日している。

旧

 今季のLBPNは、1月初めまで各チーム42試合のレギュラーシーズンを戦い、上位3チームがポストシーズンに進出、まず1月5日から5戦3勝制のプレーオフを2位3位チームで争い、その勝者とレギュラーシーズン1位チームと7戦4勝制の決勝シリーズを1月12日から争う。そして、ニカラグアチャンピオンは、1月24日から2月1日までここマナグアで行われる、ラテンアメリカシリーズで「カリブ第2チャンピオン」を決定する。  なお、このリーグでは、各チーム8人までの外国人選手の登録が認められている。各チームのロースターを見てみると、今年のWBCでオランダ代表のメンバーとしてプレーしたカート・スミス(チナンデガ)や2005年から2007年に阪神でプレーし、現在は夏はイタリアでプレーしているダーウィン・クビアン(レオン、ちなみに45歳!)などが名を連ねている。日本からは今シーズンのルートインBCリーグの首位打者、井野口祐介がボエルに合流し、ロースター入りを狙っている。

 なお、この新球場は、台湾の援助でつくられたこともあり、こけら落としには、アマチュアで構成された台湾代表とニカラグア代表の3連戦が行われた。結果は、台湾の2勝1敗。ニカラグアは数少ない「中華民国」の承認国で、台湾当局は、かつての中国による「ピンポン外交」ならぬ、「野球外交」で中国の外交攻勢に対抗しているようだ。 sinn (新球場でのニカラグア対台湾戦の模様)

ニカラグアリーグ2017-18 インディオス・デ・ボエル(マナグア、エスタディオ・デニス・マルチネス)  優勝8回、昨季3位 レオーネス・デ・レオン(エスタディオ・エロス・イ・マルティレス) 優勝4回、復帰(昨季はオリエンタレス・デ・グレナダとして4位) ティグレス・デ・チナンデガ(エスタディオ・エフレイン・ティヘリーノ)  優勝2回、レギュラーシーズン1位

ヒガンテス・デ・リバス(エスタディオ・ヤミル・リオス・ウガルテ・リバス)  優勝2回、昨季優勝(レギュラーシーズン2位)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ラテンアメリカ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

阪神今季の総括 打撃編【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

運動神経の良い、野球好きの子を育てる方法とは?【倉俣監督BLOG】

阪神タイガース 2017年ドラフト戦略②【ラテンアメリカの虎】

阪神のドラフトへの希望【トラコ好きの虎男】

【タイガース】1986年以降のベストナイン発表!【no title】

もうすぐドラフト【阪神をのんびり応援するブログ】

硬式野球部・東都大学野球秋季リーグ戦 対国学大2回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

2017年 ドラフトを考える(廖 任磊に続くさらなる隠し玉はあるか?)【飛鴎乗雲】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:460
  • 累計のページビュー:1917715

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss