阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

聖地べーカーズフィールド

このエントリーをはてなブックマークに追加

今、アメリカにいる。久方ぶりのユニオン駅。バスの時間に合わせて10時半に着いたが、ロサンゼルスからのバスは、午前便が満席、3時の便に乗るよう言われる。到着は6時過ぎとせわしなくなるが仕方がない。時間をつぶして、150キロほど北にあるべーカーズフィールド行きのアムトラックバスに乗った。アムトラックと言えば、全米に列車を走らせている旅客列車会社だが、この区間は州都サクラメントまでの線路がつながっているものの、山越えの線路はジグザグにうねり、並走する道路を使った方がよほど早いので、列車をあえて走らさずにシャトルバスを走らせているのだ。 真夏に差し掛かろうとするカリフォルニア、西日はほぼ真横から差し込んできてまぶしい。山越えの切通しまではうとうとしていたが、セントラルバレーに出た途端、西日のまぶしさとその日差しの熱さに目が覚めた。窓越しには一面のブドウ畑が広がっていた。

町には、予定より早い5時40分に着いた、50席ほどを8割方埋めていた乗客は、そのほとんどがそのまま接続の列車に乗り込んでいった。町外れと言っても、ダウンタウンの中心まで歩いて15分ほど。しかし、前夜宿をとった海沿いのサンタモニカの涼しい風とは違い、ここで待っていたのは熱風だった。予約をとっていたダウンタウンの端にあるモーテルに入ると、「一体この町になにしに来たんだ」とフロントで質問を受けた。

今回の旅の主目的のひとつがこの町の球場で試合を観ることだった。この町の球場、サムリン・ボールパークは日本の野球ファンにとってある意味「聖地」と言っていいところなのだ。1995年4月27日、近鉄を退団し、ドジャースと契約した野茂英雄が、メジャーでの登板前にこの町を本拠としたベーカーズフィールド・ブレイズの一員として「アメリカデビュー」を飾ったのが、この球場だった。このブレイズは、昨シーズン限りでこの町を去り、代わりに独立リーグ最底辺のひとつ、ニューメキシコを拠点にするペコスリーグのトレインロバーズが移転してきたのだ。このリーグにも前々から興味を持っていたのだが、開催期間が5月末から7月いっぱいと短いせいもありなかなか足を運べなかった。今回、なんとか時間を作って、この町まで足を運んだのだ。

前述の通り、予定より遅いバスに乗ったおかげで、球場到着が遅くなってしまった。試合開始7時45分に対して到着は6時半。モーテルから球場までは3キロほどあったが、幸いともに同じ大通りに面しており、モーテル前の停留所からバスに乗っていくことができた。 ベーカ0 球場前にはトレインロバーズの大きな看板が。間違いない、ここで野球があるんだと確信して運動公園内に入る。 あま

ここはプロも使うメイン球場の周りにいくつもの球場が居並ぶ、いわゆるスポーツコンプレックスなのだ。この施設は、地元少年野球も使用するようで、入り口にはバッティングセンターもあった。1ゲーム13球でなんと50セント!それも硬式。これはやらない手はないと腕試し。ここでの最速は70マイル(112キロ)。練習にもならないような剛速球はないようだ。とりあえず、それに挑戦するが、いかんせんスリッパ履きで来てしまったので、打ち損じが足に当たるのが怖くてついついバットを合わせにいく。しかし、そうするとこわごわ出したバットはどうしても詰まってしまい、手がしびれる。それなりに会心の当たりもあるが、軟式慣れしてしまったスウィングに愕然とする。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
独立リーグ
アメリカ独立リーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

長野遠征終了! 【倉俣監督BLOG】

ピンチの後はチャンスありとはよく言いますが 第88回都市対抗野球大会~Honda熊本×日本製紙石巻【僕の中の大投手 諭】

BCリーグ公式戦 福島ホープス対武蔵ヒートベアーズを見に行ってきました【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:2418
  • 累計のページビュー:1883510

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss