阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

2009WBC投手コーチ、山田久志さんに聞く-9-

このエントリーをはてなブックマークに追加

yamada8

――(山田さんが)日本シリーズで初めて優勝したときとは違いましたか?

「もう全然。まあ、(昭和)50年の初優勝の時なんか、もううれしくてうれしくてね。でも、広島破って優勝した最初に優勝したの日本シリーズの方がうれしかったんじゃないかな(笑)。WBCの優勝は、責任果たせたような感じが強かったね。あー、これでみんなになんとかお返しできたのかなって。そういうこと(うれしい)よりも、なんかそっちの方に気持ちが行ったような気がするね。だんだん、だんだん、じわじわと感激は湧いてきたんだけどね。一番、うれしいなと思ったのは、帰りの飛行機。チャーター便で帰ったんだけど、そのあとシャンペンで乾杯したときが一番。  それに気を使ったね。なんでそういう風になったかわからんけれど、チャーター機でファーストクラスに乗せてもらったんだけど、1A(の座席番号)が原さんで、2Bが私で、その次(原監督の後ろ)がコミッショナーで、私の後ろが王さん。こんな居心地の悪いことはない(笑)」

――でもよく覚えてますね。そんな座席の位置まで。

「だって恐縮しますから。強烈なことじゃないですか(笑)。普通は(前から)コミッショナーがいて、王さんがいて、でしょ。心遣いだったんでしょうけど。それで、シャンペンで原さんが乾杯の音頭とって、ワ~って。あそこでやっと、力が抜けたというか。あそこまではそんなにはしゃいでいる奴もいなかったもんね」

――虚脱感というか。

「そう、1回目はわからんけど、2回目はWBC、あれホントに注目されたからね。前回優勝して、最初のキャンプの時からすごかったもんね。我々、(渋滞で)ホテルから進まなくて、遅れたんですよ。それだけ、ひとが集まって。いろいろ思い出してきますよ]

――山田さんがコーチになったのは、イチローさんとの関係もあったんでしょうか?

「あったと思いますね。彼はああいう男ですから、原さんも、周りも気遣いが大変だったでしょうから。そういう意味ではクッション役をやってくれって感じでしたね。やりましたよ、実際」

――あの中では存在は違いましたからね。

「常にインタビュー受けるでしょ。それでも彼は違う次元のことしゃべってる。それを理解してやる人がいない。それで最初打てなかったしね。それで原監督が心配して、『山田さん、イチローの本心を聞いてやってくれませんか』って。それで(イチローと)ふたりで飯食いに行って、『どうなんだ実際、体調悪いんじゃないか』って。そのときあいつが吐露したことがあったんです。それで、『よし、わかった。原さん(監督)に言うから』って。それで一番端的なのは打順を変えてやったってことです。(練習試合では)3番でスタートだったんですが、(定位置の)1番に戻してやって」

――(1番と3番では)そんなに違うものなのですか?彼はこだわりますけど。

「わからない。こだわっているね。『やっぱり1番の方が座り心地がいいです』って。だから、『じゃあ、原さんに言おうか?』って聞くと、『その方が助かります』って。でも、『これ私のわがままじゃないですかね?ただ座り心地がいいってだけで、別に3番が嫌だって言っているわけじゃないんですけど』って。『その辺はくれぐれも』って言うから、『ああ、わかったわかった』って(笑)」

――でも、そういう部分でも、山田さんの存在は大きかったんですね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
国際大会
WBC 
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

何とか勝利。。4月29日。【えんじょいブログ】

苦しみながらも勝利!vs福岡ソフトバンク【オリックス愛時々闘球】

この強さは必然か偶然か【寝ても覚めても、ORIX】

○近鉄で勝利でもなんか複雑【明日は明日の風が吹く】

引き続き2軍観戦【明日は明日の風が吹く】

2009WBC投手コーチ、山田久志さんに聞く-8-【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

日本でムービング系のボールが流行らないのは野球文化の違い【スポーツ えっせい】

WBC選手の今と,セ・リーグ雑感【田舎者の野球観戦記】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:254
  • 累計のページビュー:1856741

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss