阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

2009WBC投手コーチ、山田久志さんに聞く-6-

このエントリーをはてなブックマークに追加

――それで、(準決勝の)アメリカ戦感慨はありましたか?山田さんが現役の時はメジャーといえばあこがれだったと思うんですけど。

「そりゃもう、全然雰囲気は違ってましたね。こう、ビッグな感じがしててね。ホントにスケールがでかいっていう。そういう感じはあったね。  日本でやってた日米野球とは全然違う。あの遊びとは。遊びでやってるエキシビションゲームと、なんていうんだろ、国を背負って、日の丸を背負ってやるのとでは、勝ちたいな、勝たなあかんなっていうのとでは全く違う感じだったね」

――勝利の瞬間は? 「ダルビッシュが抑えて勝ったその一瞬はね、やったっていうより、虚脱感という感じでした。何にもしたくないようなね。ただ、あれ見てたら原さんと抱き合ってんのよね。(試合の最中は)隣にいてくれって言われてたからね。抱き合ってんだね(笑)。自分でもそういう気はなかったんだけど、自然とそうなるんだろうね」

――では、ここ(準決勝)からはダルビッシュを抑えに決めたんですか?

「いやいや、(第2次ラウンドの会場である)サンディエゴからねロスまでバスで移動したんですよ。その中で準決勝、決勝を考えるんです。実はダルビッシュには決勝(の先発)行くって言っていたんです。で、松坂は準決勝。それで勝ったらダルビッシュって、この2試合の先発は決めていたんです。ところがさっき言ったように、藤川への不安感がどうしてもあった。代わりに馬原(当時ソフトバンク)がいいかなとか。でも馬原も春先の調整の失敗からちょっと無理だった。抑えピッチャーにはよくあるんですよ。で、彼もどうも調子が出てこない。となるといないんですよ、抑えが」

――山口(巨人)は考えなかったんですか?

「考えない。彼は対左のワンポイントだから。せいぜい1イニング。で、そこまで勝ち進んだときに、杉内ってのが絶対的なリリーフで完璧にこなしてましたから、この杉内と誰を組み合わせるかって考えたんです。杉内の一番後ろは考えませんでした。そうすると(手振りを交えて)ここ(7,8回)を任せる人がいなくなる。7,8回は一番大事だから。そこだけはもう杉内しかいない。じゃあ誰を一番後ろにもってくるかって考えて考えて出した答えがダルビッシュだったんです。とにかく準決勝のアメリカ戦を勝ちたいなって。それ勝たないと決勝もないわけだから。じゃあ、準決勝勝つために誰が抑えなのか、バスの中でいろいろ考えたんですよ。で、やっぱり今(当時)のメンバーの中ではダルビッシュじゃないかなあって」

――ということは、ダルビッシュの抑えっていうのはバスの中で決定したんでしょうか。

「そうですね。ロサンゼルスへ行くバスの中です。自分の中では結論は、ロスに着いて、準決勝・決勝の相手のことを考えて、アメリカのメンバーだとか、それまでの試合経過を見て、よしっ、ここで準決勝勝たないことには決勝もない。この準決勝を絶対に取りにいくためには、大輔の先発はいいと、リリーフの杉内もいい。じゃあ最後どうするのかというときに、ちらっと岩隈も考えたんですよ。ちらっと」

――あんまり(リリーフの)イメージがないですね。

「ないんですよ。どうしても浮かんでこなかった。それでダルビッシュ。球にも力があるし。それでダルビッシュのことを調べたんです。だけどダルビッシュはリリーフなんてほとんどやったことないんですよ。抑えももちろんやったことない。プロ入ってからも、高校時代もないらしいんですよ。それはちょっと酷かなと思いながら…。それで2日間練習があったんじゃないですかね。それでドジャースタジアムの練習の時に、初めてダルに言うんですよ。『なあ、ダルビッシュ』って。実はあの、こういうかたちで準決勝は絶対勝ちに行かなくてはならない。だから君には決勝の先発だと言い渡したけれど、ここはひとつ、抑え、リリーフに回ってくれないかって。いや、『抑え』って言わなかったね。『リリーフに回ってくれないか』って言ったと思うね」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
国際大会
WBC 
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

OSAKA Sports tour!! その1【You's world news co.,】

まさかの負け…。。4月2日。【えんじょいブログ】

T-1の2017年パ・リーグ順位予想→1ソフトバンク、2オリックス、3ロッテ、4西武、5日本ハム、6楽天 前評判が低い時のオリックスは・・・【やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)】

まさかの開幕3連敗〜vs楽天【オリックス愛時々闘球】

今年もあかん。【no title】

【4月1日】アイルランド、「第2のイスラエル」目指す!!MLBコミッショナーと直談判へ【欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)】

WBCと開幕【のほほ〜んと、気の向くまま、おもむくままなblog】

WBSC世界ランキングが発表、イスラエルがトップ20入り【欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:223
  • 累計のページビュー:1829773

(07月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss