阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

カリビアンシリーズがメキシコでの開催中心に

このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎年行われている中南米のウィンターリーグの決勝シリーズ、カリビアンシリーズに大きな変化があるようだ。  このシリーズは、ベネズエラ、ドミニカ共和国(以下ドミニカ)、プエルトリコ、メキシコのウィンターリーグチャンピオンによって争われ、この4か国での開催が持ち回りとされていたが、カリブプロ野球連盟(カリビアン・プロフェッショナル・ベースボール・コンフェデレーション,CPBC)は、メキシコでの隔年開催を目論んでいる。  この新フォーマットは、2019年大会から実施の方向で、この年の大会は先のWBCの会場にもなったメキシコ第2都市、グアダラハラが予定されている。1万3000人収容のエスタディオ・チャロスには、WBCの間、多くの観客が訪れ、これに気を良くした、メキシカン・パシフィックリーグのハリスコ・チャロスのオーナーが、さらなるビッグイベントの誘致を目論んだという。  順当に行けば、本来ならこの年のシリーズはプエルトリコでの開催となるのだが、2019年以降は、メキシコでの隔年開催の「すき間」を他の3か国で実施となるようである。メキシコの方は、この試みを大歓迎し、すでに、その後の開催地として、WBC予選の行われたメヒカリ、太平洋岸のリゾート都市マサトランが手を挙げている。マサトランはこのイベントに備えて、新球場の建設も計画し、もしその計画がとん挫したとしても、従来の球場を大幅に改装してカリビアンシリーズのホストを務めようとしている。  また、2019年シリーズからは、このシリーズの原参加国であるパナマがゲストとして参加することも決まった。現在パナマのウィンターリーグは、1月のみ開催のミニリーグであるが、これを機に試合数も拡大するのではないだろうか。また、この国は、ここ数年は、コロンビア、ニカラグア、メキシコ・ベラクルスリーグと国際シリーズ、ラテンアメリカ・シリーズを行っているが、パナマの「抜け駆け」に他のリーグはどう反応するのかは今後の注目である。  ゲスト参加といえば、現在キューバもこのかたちで参加しているが、2019年以降は、そのまま参加するのかも注目だ。現実的には、パナマ参加により6か国体制になれば、3か国ずつの予選リーグと決勝トーナメントの組み合わせとなるのだろうが、それならば、ベラクルスリーグには悪いが、ニカラグア、コロンビアを加えた8か国体制にした方が盛り上がるようには思う。  メキシコ偏重の開催については、おそらくは経済的なことが絡んでいるのだろう。中南米のウィンターリーグのレベルについては、10年ほど前までは、ドミニカが頭一つ抜け、メジャーリーガーの少ないメキシコは4番手という感じであったのだが、近年、ドミニカリーグの報酬を、経済的に豊かなメキシコ、ベネズエラが凌駕するようになったようだ。但しベネズエラはここ数年、インフレが充満しており、それゆえ、メキシコに選手が集まるようになったようだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ラテンアメリカ
国際大会
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

選抜甲子園から学ぶ【倉俣監督BLOG】

【2017年オープン戦観戦記⑥~旅とソフトと小説と酒・その6~群馬オープン(3月24~26日)】【銀猫の女子ソフトボール観戦記】

雨の中でみせた才能の芽【千葉熱血Making4-5栃木ゴールデンブレーブス】【ミーハーが書くマイナーな野球記】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:332
  • 累計のページビュー:1901314

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss