阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

2009WBC投手コーチ、山田久志さんに聞く-4-

このエントリーをはてなブックマークに追加

yamada

――それで2戦目が韓国戦で、ボロ勝ちしたんですね。

「そうそう。まさかですよね。だけど結局、その次やったとき、いい試合したんだけど、完封負けしてしまうんですよね。イ・デホかなんかに打たれて0対1ですね(実際はキム・テギュン)。確かレフト線ですね。岩隈(現マリナーズ)もいいピッチングしてたんですけどね」

――ちなみに相手チームの研究なんかはされてるんですか?

「そりゃもう、すごい資料ですから。日本は世界のどこよりも集めてますよ。アジアのチームだけじゃないですからね]

――では、各バッターにどうやって攻めるかっていうのは、もうだいたいわかっていたんでしょうか?

「あのね、ミーティングの仕方っていうのはね、そのコーチとかスコアラーの伝え方によって、選手の感じ方が全く違ってくるんですよ。私は、コーチの仕事で大事なことっていうのは、相手の分析力だと思っていますから。ひとつは。どうやって選手を分析するかっていう、そしてまた、それをどうやって伝えるかっていう、それがコーチの大事な仕事だと思っていますから。だからあの時、DVDをね、渡されてね。全選手ですよ。それを自分の部屋にある2台のテレビで見るんです。もう練習と食事以外はずっと見てました」

――じゃあ、スコアラーは資料集めで、分析は山田さんがされていたんですね。

「まあ、そうですね。それでスコアラーとしゃべって、こういう感じだってスコアラーから聞いて、それをコーチが自分なりにそれを分析していく」

――それで、コーチから選手へという感じですか?

「そうです。だからスコアラーが伝えるんじゃなくて、責任はコーチですから。だから私が伝えるのは、できるだけいらないものは省いていく。たとえば、韓国の1番バッターはかなり足が速いし、構えは独特だし、非常にスピリットがある。ファイターだって、それに簡単に打ってこないって、どちらかというと引っ張らないし、センターから逆方向へ打っていく。だから、インサイドは当たってくるよって、そういうのは全部入っているわけですよ。でも、それをどうやって攻めようかっていうのは言わない。データだけ頭に入れさせる。あとはバッテリーの仕事です。こっちからこうしなさいっていうのは無理な話ですから。ピッチャーはひとりひとりみんな違うから。速さも持ち球もみんな違うでしょ。だから(バッテリーがデータを)頭に入れて、こいつは高めが強いとか、低めが弱いとか,] あるいは(このバッターは)インサイドよりアウトサイド(がいい)とかそういうデータは伝えますけど、攻め方は選手が考える」

――この負けた韓国戦では、(先発要員の)ダルビッシュがリリーフで投げているのですが。

「これは次のための布石みたいなもんです。いろいろ試したんです」

――では、この時点でダルビッシュをリリーフで回していくというお考えは。

「いや、それはないない。彼はあくまで先発ですから」

――では、使い方のバリエーションを増やすというか。

「そうそう。極端なことを言えば、その、東京ラウンドからフェニックス行って、練習試合して、サンディエゴの決戦ラウンドへ進んで、最後ドジャースタジアムへ行くんですよね。(その過程で)オープン戦、サンディエゴ・ラウンドをやっていくうちに大体使えるピッチャーのめどがたってくるんですよ。そこで、原監督とふたりで使えるピッチャーを決めたんです。(あとは)それをどう組み合わせるか」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
国際大会
WBC 
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

また引き分け。。【えんじょいブログ】

初投稿【no title】

WBCアメリカラウンド決戦へ【運動科楽からスポーツ再考!!】

中日戦。2【明日は明日の風が吹く】

久々の。。【えんじょいブログ】

さあ準決勝!(WBC雑感)【まるごとCARP! ・:,。★~いつのまにかPart2~★,。・:・゚】

投手陣【寝ても覚めても、ORIX】

打線不調。。【えんじょいブログ】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:229
  • 累計のページビュー:1857398

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss