阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

年始に当たって:野球普及の可能性について太平洋の島で思う

このエントリーをはてなブックマークに追加

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。 ちょっくら南太平洋、クック諸島に行っていました。ここには野球はもちろんありません。

ラグビー3

第一の人気スポーツはラグビー、それも「ラグビーリーグ」で主島であるラロトンガの空港の土産物屋では、地元クラブのジャージが売っています。そのほか、バスケットボール、テニス、ローンボールズなどがこの国では行われている。サッカーだが、主島ラロトンガではそこそこメジャーなようだが、もうひとつの観光地、アイツタキでは圧倒的なラグビー人気で、サッカーはここ数年でプレーされるようになったらしい。

ラグビー

 ところで、この国の人々は皆、ニュージーランドのパスポートを持っている。もともとイギリス領だったが、のちニュージーランドが事実上の独立を遂げると、イギリスは植民地にしてもあまりメリットのないこの島々をなかばニュージーランドに押し付けるように統治を任せたのだが、ニュージーランドも世話のかかる島々を「民族自決」の大義名分のもと1965年にさせたのだが、独自のパスポートを持てば、国の経済を支える出稼ぎができなくなると、「自由連合」という国家の権限を一部委ねる摩訶不思議な制度の下「独立」したのだ。それゆえ、日本では数年前までこの国は「ニュージーランド領」の扱いだった。 クリケット (クリケットグラウンド・アイツタキ島)

 そういう歴史から、スポーツと言えばイングリッシュスポーツ。書き忘れたが、至る所にみられるグラウンドにはクリケット用のものもある。おそらく地元の人はあんまりしないのだろうが、ゴルフ場だってある(ちなみにレンタル含めて5000円くらいです)。

国立 (BCI国立競技場)

 首都(というべきかどうかはわからないが)アバルアの郊外(といってもものの3キロほどだが)、空港の滑走路の山手にあるナショナルスタジアムとナショナルアリーナには、こんな島国でも銀行と電話会社のネーミングライツがついている。資本と結びついたスポーツのグローバルな拡大の波はこの辺境の島国にも押し寄せているのだ。

ari-na (テレコムナショナルアリーナ・ラロトンガ島)

 で、野球である。野球もMLBを中心としたグローバルな拡大を急速に遂げている。かつてのような宗主国(植民地の支配国)から植民地へのスポーツの普及というのではなく、新たな顧客、あるいは安価な労働力(つまり選手)を獲得すべく、スペクテイタースポーツは積極的に「世界戦略」を行なっている。野球はそれに乗り遅れている感があるが、WBCの参加国の増加はその例と言えるだろう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オセアニア
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

韓国版ルール5ドラフト「2次ドラフト」とは?【≪韓非資≫コラム】

WBCで中国代表が侍ジャパンに勝つ方法を本気で考えてみよう【世界の野球】

メキシカンリーグ、来季のメキシコ系アメリカ人の受け入れ数は9人【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1900658

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss