阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

コロンビアに渡った男

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロンビア1 (ラテンアメリカシリーズも行われたモンテリアの球場)

 先日、ベネズエラでプレーしていた元巨人ドラ1、村田透投手のファイターズ入りが報じられたが、その隣のコロンビアで、高校時代村田と対戦していた選手がプレーのチャンスをうかがっている。

 小野真悟。日米の独立リーグで計6シーズンプレーして209安打を放った選手だ。大阪の名門、東海大仰星高校出の彼は2007年、BCリーグの新潟アルビレックスでデビュー、その後、国内3リーグの4球団でプレーした後、2012年にはアメリカに渡りペコスリーグでプレーしている。そして2013年にはメキシコに活路を見出し、メキシカンリーグ傘下のマイナーチームで開幕を迎えたが、直後にリリース。その後、2014年からはドイツのトップリーグ、ブンデスリーガ―で本来の外野ではなく、内野兼投手として日本の野球を欧州に伝えた。

 浮き草稼業の独立リーガーでは、女房を養っていけないと、数年前から彼は、日本滞在時はスポーツインストラクターとバーの経営者という二足の草鞋を履いていたのだが、昨シーズンはプレーして様子がなかったので、引退したのかと思っていたのだが、本人はそのつもりはなかったようで、気がつけばコロンビアの土を踏んでいた。

コロンビア2 (小野真悟)

 彼のすごいところは、どこでプレーするにもすべて自分でアレンジするところだ。今回プレーしようとしているコロンビア・ウィンター・リーグはこれまでも、アメリカ独立リーグでプレーしていた長坂秀樹や村西辰彦(元日本ハム)を獲得したり、日本の独立リーグ・BCリーグと提携して日本人選手を受け入れたりしていたが、小野はそういうつてを頼らず、自らリーグとコンタクトをとり、契約は保証できないけれど、練習生としては受け入れるという条件も構わず、自腹でコロンビアに向かったのだ。

コロンビア  彼が加入したのは、シンセレッホという田舎町をホームとするトロス。このチームにはかつてBCリーグの日本人が多数在籍していたので、小野にとっても居心地が悪くはないだろう。  年内でレギュラーシーズンが終わるこのリーグは中盤戦に差し掛かっている。そろそろ外国人枠も選手の入れ替えがあり空きそうだ。このリーグのレベルは、日本の独立リーグと同じくらい。小野にも十分チャンスはあるものと思われる。

小野 (シンセレッホの球場の様子)

 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ラテンアメリカ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Play Ballとは【倉俣監督BLOG】

野球は教育の一環【倉俣監督BLOG】

2017年度のCEB主催大会の会場が決定【欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1856741

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss