阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

プレミア12 この体たらく

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレミア12。台湾に乗り込んでの最初の試合、対メキシコ戦は6対5のサヨナラ勝ちで、侍ジャパンはかろうじて勝利した。諸記事ではおおむね好意的にこの試合が描かれているが。私は、これには大いに疑問を感じる。

この大会に先立って、「週刊野球太郎」に各チームの展望記事を書かせていただいた。ここで私はメキシコチームを酷評している。ネットの試合後の感想では、2009年WBCを引き合いに出して、メキシコはやっぱり手ごわかった、などというコメントもあったが、このチームはWBCのナショナルチームのようなものでは断じてない。正直、コールド勝ちしてもおかしくはない陣容だった。結果は接戦となったが、そのことに関しては、私の考えは変わることはない。そもそも、今回のメキシコチームは、諸事情から急遽できた寄せ集めチームである。メキシコ人メジャーリーガーはもちろん参加していないし、千葉ロッテのクルーズのようなNPBの高給取りもいない。地元のメキシカンリーグは、野球協会ともめているらしく、今回の選手派遣には非協力的だし、そもそも、この国の有力選手は、今頃は、国内ウィンターリーグで稼いでいる。ポジションを他の選手に奪われるリスクを背負ってまで、この大会に参加しようとは根本的にしないだろう。この試合のメキシコとの戦力差は、仮に敗戦した場合、「国際大会の怖さ」などと言い訳にできるようなレベルではない。

そのチーム相手にこの試合とは、まさに「体たらく」と言わざるを得ない。国際試合に弱い日本の本領発揮と言ったところだ。第1回、第2回のWBCはともかく、アテネ、北京の五輪や第3回のWBCの準決勝など、戦力的にどう見ても劣っているチーム相手に勝ちきれないのが国際大会における日本のお家芸になっている。まあ、格下相手に、日本は国内の盛り上がりもあり、かえってプレッシャーを感じすぎてしまうのだろうが、もらっている給料を考えれば勝って当たり前の試合を落とすのは、プロとして恥ずかしいのではないか。今夜もあわやという試合だった。また、国際大会に参加するマイナーリーガーたちは、そこを「就活」の場と考え、集中力がMAXに近いことも確かだ。しかし、それでも、しっかりしてほしいと私などは思ってしまう。

私は今夜のメキシコ戦を実見したわけではないので、えらそうなことは言えないのかもしれないが、やはり日本は国際大会において改善する余地はあるのではないだろうか。

最近のプロ野球を観て思うのだが、今の日本の野球は、サラリーマン野球、あるいはお役人野球、とでもいうべき状況になっているのではないか。つまり、自分の決められた役割をマニュアルにそってやることはうまいが、それ以上のことはしない、できないということだ。 例えば、投手なら、自分の決められた役割はそれなりきちっと果たす。データ通りのコースに、決められた球をきちっと投げると言う点では、世界一と言ってもいいだろう。しかし、それだけだと、今回のように相手データの乏しい場合、バッテリーはどう攻めていいのか、わからなくなる。 内角外角に強い球をしっかり投げるという姿勢に欠けているのではないか。

アメリカの野球では、追い込んだらストレートとよく言う。確かにそのとおりなのだが、それは追い込んだら、なにも考えずにストレートを投げ込むと言うことを意味しない。自分の一番のストレートをコースに力強く投げ込むと言うことだ。力のある球がコースに決まれば、わかっていても打者はなかなか打てるものではない。そういう部分が今の日本の野球に欠けているのではないか。

この日、侍投手陣が対戦したメキシコの打者ももちろん、日本投手陣のデータなどほとんどなかっただろう。それでも、明らかに格上のピッチャーから、5点も奪っている。それはひとえに「強く振る」というバッティングの基本を忠実に実行したからではないだろうか。逆に言えば、日本投手陣はデータなしのフィジカル同士のぶつかり合いには弱いことを露呈したことになる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
国際大会
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

よくもまあ

よくもまあ試合を見てもいないのにこんなことが書けるものですね。
事前情報と試合結果だけでここまで上から目線で酷評できるなんて、神経を疑います。
そんなに自分の評価と違う結果になったのが悔しいんですか?
自分が酷評したメキシコが思いの外善戦したからといって、そのメキシコを評価するわけでもなく日本を更に酷評するとは。

その傲慢な態度は改めた方がいいですよ。

プレミア12 この体たらく

ラグビーじゃないんですから格下が格上に善戦することだってあるのが野球でしょう。しかしまさか試合を見てないとは思いませんでした。恐れ入りました。

「プレミア12 この体たらく」へのコメント

試合はご覧になることをお勧めします。

ところでメキシコの監督を務められているマイク・ブリトー氏について、まとまった情報が無いので解説して頂けたら嬉しいのですが。
御年81歳だそうですが、かつて数々の名選手を見出してきた名スカウトとのことで、今回の選手選考にも一役買っているのかなと。

「プレミア12 この体たらく」へのコメント

あまりに稚拙な内容にびっくりです
自分が酷評したメキシコ代表が善戦した事が、そんなに悔しかったんですか?
ハッキリ言って、試合も観てない人間にチームを評論する資格はないと思います
選手たちを見ても、怠慢なプレーをしているわけではなく、ミスはありましたが、いい試合だったと思います
ついでに、最近の日本野球にご不満でアメリカを参考にしろ、的なコメントですが、そんなアメリカが過去の世界大会で好成績ですか?
それこそ、超メジャークラスが出てないから…っていう言い訳はしないで下さいね

こんな記事も読みたい

11月11日のプレミア12の結果【室井昌也『ソウルはいつも野球愛』】

急造チームメキシコ、侍ジャパンを大いに苦しめる【カープニッキ。】

プレミア12 アメリカ代表チームを分析する【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:698
  • 累計のページビュー:1897985

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss