プロ野球好きのカープファンが思うこと

最近大型トレードが少ないですね

このエントリーをはてなブックマークに追加

スワローズの杉浦投手とファイターズの屋宜投手でトレードが決まりましたね。

下位に低迷する両チームですが、スワローズとしては中継ぎの補強、ファイターズとしては先発の補強が目的とのこと。 ただ、両投手とも実績があるわけではないので、環境を変えての活躍を期待するトレードになるのでしょうか。

昨今、NPBでは実績のある選手同士のトレードなどはありませんね。 FAの存在もさることながら、生え抜きの選手をトレードすることにファンが拒否反応を示すこともあって、ネガティブなイメージがあるせいでしょうか? ここ数年のトレードのイメージは、実力はありそうなのだが中々目が出ない選手や一度目は出たもののその後パッとしない選手同士のトレードが多いですね。

今年のジャイアンツとファイターズのトレードはこのパターンに当てはまりますか。

バリバリのスタメン選手同士の大型トレードと言えば、2012年シーズンオフの ファイターズ:糸井 嘉男、八木 智哉 オリックス:大引 啓次、木佐貫 洋、赤田 将吾 ですか。 これはちょっと驚きましたが、若い選手を積極的に起用するファイターズらしいトレードなのかもしれんです。

過去には ロッテとドラゴンズの落合と牛島含む4人の1対4のトレード ライオンズとホークスの秋山含む3人と佐々木含む3人のトレード など、新聞を騒がせるトレードが10年に1度くらいはありましたが、久々にこういうトレードを見たい気がします。 すごい他人事の言いようで申し訳ないですが、野球ファンとしては選手の移動も1つの楽しみではあるので。     さて、カープもここ数年大きなトレードはないですね。 FAが導入される前はドレードが即戦力の有効な獲得手段だったので結構やってましたよね。 初優勝前後や日本一になったころは物心がつくかどうかの頃なので覚えていませんが、Wikiなどを見ると初優勝のためにトレードで選手の入れ替えをやってます。 私がカープを好きになり始めた黄金期に活躍した選手、 高橋慶彦 長嶋清幸 長内孝 小早川毅彦 白武佳久 長冨浩志 金石昭人 清川栄治 あたりもトレードに出されています。 選手として下り坂に入った選手もいますが、投手に関しては他球団で活躍してますから、その頃のカープの選手層の厚さを感じます。 そう言えば、あの頃は投手王国って言われてました。 高橋慶彦あたりはフロントや首脳陣と険悪にならなければ、カープで引退していそうですけどね。

ただ、FA導入以降は、実力選手は不調のシーズンが続いてもトレードに出さないようになったイメージがあります。 やはり、トレードで実力のある選手を取りにくくなったせいでしょうか? 辛抱強く起用し、試合の中で育てた選手を主軸に据えるチームプランだと、中々トレードには出しにくいでしょうね。

ただ、今のカープの野手陣は1970年代後半から1980年代の黄金期に近いものがあり、カープ同様、育成主体で戦っているファイターズが積極的にトレードしている影響を受けて、ファームで燻っている選手はトレードすることが出てくるかもしれませんね。 投手陣はまだ黄金期というほどではないので、野手を放出して投手を獲得することもあるかもです。 今のカープのファーム野手陣は宝の山らしいので。

あくまでも可能性の話ですが、もし、今シーズンのオフに期待していた選手がトレードで別球団に行くようなことが起きても、野球ファンとして応援したいと思います。

あくまでもシーズンオフでの話ですが...



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
小話
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

最近大型トレードが少ないですね

carpfanfanfanさん

コメントありがとうございます。
あまりにも間の空いた返信で申し訳ないです。

FAはもちろんですが、ドラフト制度の改正はトレードに影響与えているでしょうね。
獲得した選手が大成するかどうかは別として、ドラフトの時点でチームの弱点や方針に合わせた選手獲得が出来ますから。
逆指名があったころはひどかった...

外国人のトレードはごくまれにはありましたけど、今シーズンは2件ですから、ちょっと珍しいシーズンですね。
とはいえ、最近は外国人枠より多くの外国人選手を抱えるのがスタンダードになりつつありますから、外国人選手もトレードの対象になるのが普通になるかもしれません。

最近大型トレードが少ないですね

単純にFAとドラフトがウェイバー制&逆ウェイバー制になったからじゃないかな
ある程度獲りたい選手は獲れるようになたし
そう易々と良い選手を出すわけでもないし
アメリカと違って日本のトレードは小さな穴埋め的な感じかなぁ

12年のトレードは皆さんそこそこの年齢が言っている方ばかりだしw
とは言っても日ハムだけは積極的にトレードをして上手く補強している感はあるなぁ
巨人がトレードのターゲットになってるのはよくわかる
だって、他球団なら1軍にいるはずの選手が2軍でゴロゴロ居るわけだから
使わないなら頂いた方がお得だしね

外国人のトレードとか想像もしなかったけど良い選手は獲るというのは良いことだよ

最近大型トレードが少ないですね

椎名さん

コメント & ご指摘ありがとうございます。

そうだったー
野村再生工場に拾われたんでした。
しかし、四番を打った選手に対して自由契約とはトレードよりシビアな対応でしたね。

最近大型トレードが少ないですね

小早川はトレードじゃなくて自由契約(戦力外)での移籍ですよ。

こんな記事も読みたい

vol.157 杉浦投手と屋宜投手が交換トレード【ツバメ好きの黒猫日記】

高橋樹也降格の意味【きたへふ おおの かわくち つた゛】

気楽に行こうや。中日ドラゴンズ【春夏秋冬ドラ応援】

第17週【かずのすけの日記】

ジョンスンが離脱。ジタバタする必要はありませんが、若干、これまでと戦い方を変える必要があるでしょう。【告知】

【試合感想】7/21~23 若手2先発の快投で勝ち越し【東京の赤いおっさん】

「今から大事な戦いがはじまる」…その今、抱える「明」と「暗」【広島カープがんぼう主義!】

世の中そんなに甘くない。 いい夢見れたけどね。 広島 12-1 中日【二つの歓喜をもう一度!】

ブロガープロフィール

profile-icongoun

野球をこよなく愛すカープファンどす!余裕がある時と、仕事が忙しくてストレスがたまった時にブログを書くかな?
コメントの返信はできないことが多いと思いますがよろしくですm(_ _)m
  • 昨日のページビュー:23
  • 累計のページビュー:502949

(11月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今年のカープとジャイアンツの戦力を比べてみる
  2. 最近大型トレードが少ないですね
  3. 逆転勝ち、そして前半戦山場の9連戦へ
  4. CSを常時ドームで???
  5. ドラマチック過ぎる展開に歓喜
  6. 来期期待の選手1:カープ 野間峻祥
  7. 来季に向けてカープはどこを補強するのか
  8. 中盤戦突入
  9. 来期期待の選手2:カープ 西川龍馬
  10. エースの故障とチームの快勝

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
03
01
2016
12
11
10
09
2015
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss