テレビで楽しむプロ野球

落合監督アゲイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

「今のような筋トレマシンが現役時代にあったなら、それを使ってみたかった。そうして体を大きくしたらどんな打球が飛ばせるようになっていたか。見てみたかった」。 といったことを、落合氏はテレビで語りました。この発言は私には意外でした。

なぜなら、特に古い時代のプロ野球OBには、昨今の筋トレを否定する傾向があるからです。 筋トレ志向は、上半身と下半身といった身体全体のバランスを失わせる。だから怪我する選手が増えた。野球のための筋肉は野球によってつけるべき。特に走り込みが重要。 というのが、彼らの言い分です。大いに納得できます(野球以外のある現役プロ選手も、その競技によってつける筋肉が大事だと発言してました)。テレビ的に映えることもあり、存在感をムキムキと主張する筋肉が肉体改造の成果などと紹介されがちですが、ここをもてはやすのは疑問です。ボディビルダーのように見た目に威圧感や力強さを感じさせるような筋肉が、野球選手に必要なわけではありません。見た目よりも、野球をプレイする際に上手く機能する筋肉こそ重要。見た目も機能も兼ね備えていれば最上でしょうが。

OB諸氏と同じように、落合氏も、筋トレは否定もしくは条件付きで身長に歓迎するのかと思いきや、「やってみたかった」とコメントしたのでした。意外と感じると同時に、さすが!と嬉しくなりました。 一口に筋トレと言ってもその方法は多種多様。ですから落合氏は否定しなかったのだと思います。かといって、「筋トレしていたならもっとホームランを打っていただろう」とも吹かない。自分で体感しないと判断できないと考えたのではないでしょうか。ただ、「筋トレの機会があったならばチャレンジして、どうなるかを見て見たかった」という想像は膨らませるわけです。引退して長年経過していたって、感覚が現役視点で鈍らず曇らずポジティブシンキング。いいですね。今なお、バッティング同様、頭も柔らかい。 こういう人物には一刻も早く球界復帰してほしいものです。「オファーがあればユニフォームを着る」というご本人の発言に過剰に嬉々と反応せずにいられましょうか。願わくば、DH制ではないセリーグ。中日時代、自らマウンドへ歩み投手交代する姿は含蓄豊かでした。また見たい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
落合
タグ:
落合 監督 復帰

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

戦力外から見るドラフト戦略【神宮1番入り口】

今夜の試合の楽しみ方【~常昇魂から真赤激~広島伝説】

それぞれの秋【カープ一筋40年の独り言】

ブロガープロフィール

profile-icongojiranran

  • 昨日のページビュー:4070
  • 累計のページビュー:1401367

(10月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 久しぶりの掛布さんが発した苦言
  2. 内海に代打に涙
  3. マツダスタジアムの美しさ
  4. 川崎ムネリン降格で思い出す、浪速の春団治・川藤さん
  5. カープの2人の前田の首振り
  6. 3割投手〜阪神・ムーア投手、故・別所毅彦さん
  7. 自打球後の坂本選手
  8. びっくりツーショット 〜清原&木佐貫
  9. ワンバウンド送球の速さと遅さの捉え方
  10. バッターにとってつまることの意識と四番・村田選手のサヨナラヒット

月別アーカイブ

2017
10
04
03
2014
03
02
2013
10
08
06
05
04
03
2012
12
07
06
05
04
2011
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss