Bリーグ通信

男子日本代表、アジアカップベスト8進出ならず

このエントリーをはてなブックマークに追加

レバノンで開催されている男子のアジアカップ、日本はベスト8決定戦で韓国に敗れ、この大会から姿を消すこととなった。 ベスト8に進めば、仮にそこで敗退しても順位決定戦があるため、ラマスHC就任から間もない日本としては 実戦経験の場が減ったという点からも率直に残念である。 9月末にBリーグが開幕するが、その後は毎週末試合があるため、W杯予選前に対外試合は組めないだろう。 やはり韓国に勝って1試合でも多く、試合をしてほしかったという思いが強い。

男子代表の進化は感じることが出来る。既にラマス氏の色も出ており、今後が楽しみでもある。 ただアジアバスケ界において五輪、W杯に続く大きな大会であるアジアカップで韓国に敗れ、ベスト8にも進めなかったことは事実。 ここは厳しい目で韓国戦の敗因を探っていきたい。

①メンタルが弱い、勝負弱い、韓国に執念で上回れた 28分までの戦いを考えると日本が10点以上差をつけて勝つべき試合。 これを落としたのは精神論・根性論になってしまう。 日本は富樫の360度シュート、アイラのアリウープと連続ビッグプレーのあとに突き放せなかった。 逆に慢心があったのではないか。それが韓国の闘志に火をつけることとなった。 韓国はどのでも日本相手だと非常に高いモチベーションで臨んでくる。 日本はそれに対して受けに回ってしまった。

②采配ミス ビハインドとなった4Qはまずディフェンスをハードに行い、チームを引き締めることが求められるはずだが、 ラマスHCはディフェンス面で効果的なプレーが出来ているとは言えない馬場を起用した。 またゲームを通してゾーンディフェンスが機能せず、3ptシュートを多く決められていた。 その中で4Qも最初のポゼッションでコーナー3ptを決められ、相手を完全に乗せてしまった。

③シュート精度の低さ 1Q序盤の太田が象徴例だが、イージーショットを外す場面が韓国戦に限らず散見された。 実際3ptの成功率は悪くないが、2ptは42%、FTは61% 2ptは50%、FTは75%は越えないと国際舞台では厳しいだろう。 結局ここもメンタルの弱さにつながってくるのだろう。

※ターンオーバーの多さを指摘する声もあり、実際18個あったので多いことは否定できない。 しかし筆者はトライした結果だと思っている。 サッカーJリーグ2部名古屋グランパスの田口泰士選手が雑誌の取材でこのようなコメントを残している。 「このスタイルは個人のミスが目立つ部分があります。でもそれはトライしているから。ミスなくできていたらこんな順位にはいない」 (現在は3位ですが、取材時は6位、7位あたりだったと思います) これはそのままバスケ男子日本代表にもあてはまると思っている。 ミスを恐れて外のシュートに頼っていてはオーストラリア戦のような展開になることは目に見えている。 インサイドへアタックすることにより、タフメンタルを身につけ、フィジカル的にどこまで通用するかも体感することができるのだ。 日本代表には7フィートクラスのセンタープレーヤーはいないので、Bリーグクラブのようなハーフコートオフェンスで押し込むことはできない。 自分たちがトライしていくしか道はないのだ。 今後もターンオーバーを恐れすぎないトライをしてもらいたい。

続いて12名の選手個々の評価も行いたい。 ♯2 富樫勇樹 最も評価の分かれた選手。 サイズやディフェンス面で劣ることはバスケに詳しくない人でも分かるが、オフェンス面で彼以上の日本人PGが現時点でいるのか。 劣勢時のコントロール能力など国際舞台での経験不足な面もあるが、それは他の選手も同じ。 筆者としてはファーストチョイスではないが、富樫外せは暴論に過ぎないと考えている。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

17-18シーズンプレビュー ウィザーズ編【バスケのデータ見ながら語ります。】

【男子日本代表】FIBA男子アジアカップ2017 ベスト8決定戦 日本🇯🇵 ● 68-81 ○韓国🇰🇷。#FIBAAsiaCup2017【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

FIBA アジアカップ 2017 vs韓国【バスケットボールおぼえがき】

ブロガープロフィール

profile-icongo_go_mikawa

アラフォー愛知県民のバスケブログ
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:41077

(09月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 男子日本代表、アジアカップベスト8進出ならず
  2. シーホース三河の戦力分析
  3. 男子日本代表の強化策とJBAの問題点
  4. アーリーカップ雑感(関東大会チーム評価)
  5. アーリーカップ雑感(東海・北信越大会と関西大会のチーム評価)
  6. アルバルク東京の戦力分析
  7. 日本代表×ウルグアイ代表GAME1
  8. アルバルク東京の選手補強
  9. アーリーカップ改革(試案)
  10. 愛知県内Bクラブ合同イベント

月別アーカイブ

2017
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss