YGマークを追いかけて・・・

ジャイアンツ 「平成」を紡いできた男達#5 清水隆行。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「狙い球を絞るんでは無く来た球を打っているだけ」

彼の全盛時代、あるTV番組で彼が語っていた言葉である。

簡単なようで、誰にでも出来るレベルの話ではない・・・というよりもプロの世界でこの事を実践出来ている打者はごくわずかだろう。

それはまさに打撃に関する「天賦の才」が成せる技であり、それがこの選手の価値である。

恐らくプロ入り以後、こと打撃に関しては「壁」を感じずに一流の領域にまで駆け上がった選手である。プロ入り後2006年までの11年間、彼はケガ以外でファームを経験した事がない。

ルーキーイヤーの後半にはほぼレギュラーを掴み、あの「メイクドラマ」に貢献した。

その時から既に彼独特のインコースの捌きは備わっており、驚異的な打球速度をもって引っ張られる打球は、当初よりプロの中でも出色のものであった。

「左投手に弱い」というレッテルを貼られ、結果を残していようが対戦相手が「左」であれば無条件にスタメンを外されるなど、不遇な時期もあったが、それがあくまで「レッテル」に過ぎなかった事は、後年の結果が表してしている。

2002年の191安打が何よりの証明だ。

正直打撃に関して言えば、高橋由伸に匹敵するような「才能」を備えていたと思う。この2人に松井秀喜を加えた「不動の外野」は、打撃力に関して言えばジャイアンツ史上でも最強の布陣だったと思う。

ただ、彼には致命的な弱点があった。
それは「弱肩」。
言われる程守備力は悪くなく(決してうまくはなかったが)、守備範囲も狭い方では無かったが、ともかくこの「欠点」が彼の足を引っ張った。
同じ打撃力なら他の選手が優先される。従って、彼は常に打撃力という武器一本でライバル達に打ち勝っていかなければならなかった。

同期で長年1、2番コンビを組んだ仁志敏久や、ともに外野を組んだ松井、高橋らに比べると「華」には欠ける存在だった。

ただ、その打撃技術は見るものを魅了したし、ジャイアンツファンの中では根強い人気を誇っていた。

2007年、2008年。
代打に回った彼の名前がコールされた時のドームの歓声の大きさが、何よりそれを証明している。

「最後の一花」を咲かせる為に、高校時代を過ごした埼玉をホームとするライオンズに移ったものの、全盛時代のような打撃は見られずに昨年引退。

ただ、移籍しても打席に入る時に奏でられるテーマが「GO WEST」だったのが何だか嬉しかった。

2007年に優勝を決めた内野安打。
あのヘッドスライディングは生涯忘れない。

まさに「打撃の職人」。
清水隆行の技術が、いずれ本人からジャイアンツの明日を担う若手達に伝授される事を願う。

その人柄からも、絶対に「名コーチ」になれる。
必ず、ジャイアンツ球場に戻ってきて欲しい人材である。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ジャイアンツ OBを語ろう!
タグ:
打撃
打撃力
全盛時代
プロ入り
プロ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ジャイアンツ 「平成」を紡いできた男達#5 清水隆行。

tomcatさん

いつもコメントありがとうございます。

亀井選手に「9」を与えたのは、そういった意味もこめられているんでしょうね・・・きっと。

清水選手の背番号を一番引き継いで欲しい選手だっただけに、彼の後の「9」を亀井選手が背負っている事は嬉しく思います。

打者としてのタイプは少し違いますが、亀井選手には清水選手のように1番を打って、彼を超える200安打を放って欲しいと願っています。5番じゃあ200安打は不可能に近いですからね・・・。

ジャイアンツ 「平成」を紡いできた男達#5 清水隆行。

自分竜さん

コメントありがとうございます。

ドラゴンズファンの方でしょうか?

他球団のファンの方からは「ジャイアンツはなんで左投手だと清水を外すの?一番怖いのに・・・」なんてよく冷やかされたものです(笑)

他球団のファンの方にそれだけ評価されるって事が、清水選手の価値を証明していますよね。

移籍が復活につながらなかったのは残念ですが、恐らく本人も納得しての引退でしょうから、これからは育てる側として頑張って欲しいですね。あの打球を後輩達に伝承して欲しいものです。

ジャイアンツ 「平成」を紡いできた男達#5 清水隆行。

oneofcrazyg'sfansさん

いつもコメントありがとうございます。

打球の速さは本当に素晴らしいものがありました。
まさしく「弾丸ライナー」でね。

ルーキーの時から打撃では「壁」にぶつかった場面が無いように思います。

打撃センスは群を抜いていましたよね。

ジャイアンツ 「平成」を紡いできた男達#5 清水隆行。

Toy さん

いつもコメントありがとうございます。

コメントの方法変わりましたね・・・。
事務局様には失礼ですが、ちょっとやりづらくなったような気がするのは私だけでしょうか?

ま、こういった場を提供して頂いているだけでありがたいので文句は申しませんが(笑)

あの時のジャイアンツは確かに首を傾げたくなるような事が多かったですね。グラウンドでもその外でも。

ただ、おっしゃるようにあの「失敗」(←敢えて言います)があったから、今の充実があるのは間違いないでしょうからね。

でも、清水選手はそんな中でも常に我々を魅了し続けてくれました。あの打撃センスはほんと惚れ惚れしましたものね。

絶対に良い指導者になるはず。
3年以内には打撃コーチとして戻ってきて欲しいです。

こんな記事も読みたい

斉藤和巳【鱈肝臓】

土井健大♯69【オリックスバファローズを応援する】

縛りドラフト~第9回評論会【野球ファンであり中日ファン】

2010年の読売ジャイアンツを考える ~一塁手編~【G LOVER ~巨人愛~】

【プロ野球】名珍外国人列伝 ヘクター・アルモンテ【酒のツマミはスポーツ観戦】

新曲!!ジャイアンツ 2010【立ち見席より愛をこめて】

G:山口2世は真澄【カムイ空】

ジャイアンツ 「平成」を紡いできた男達#4 元木大介。【YGマークを追いかけて・・・】

ブロガープロフィール

profile-icongloves

小学生の時からジャイアンツを見続け、早や29年。
三度の飯より野球とジャイアンツが好きな38歳です。

当ブログ専用のツイッターアカウントはこちら @gfanreki
但し、基本的に実況ツイートは仕事休みの日くらいです(笑)
  • 昨日のページビュー:30
  • 累計のページビュー:6169687

(01月17日現在)

関連サイト:YGマークを追いかけて…Twitterアカウント

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジャイアンツ 38歳の1番打者。
  2. ジャイアンツ 「人的補償」と小林への期待。
  3. ジャイアンツ 「新三本柱」。
  4. ジャイアンツ 越智大祐 もう一度ドームのマウンドへ・・・。
  5. ジャイアンツ 阿部を「解放」するべきなのか。
  6. ジャイアンツ 新しい「強いジャイアンツ」の萌芽。
  7. ジャイアンツ 大田と岡本に「あの頃」の西武を想う。
  8. ジャイアンツ 原辰徳 「若大将」から「総大将」へ。
  9. ジャイアンツ 見返そうぜ・・・村田!
  10. ジャイアンツ 井端が打線を甦らせた。

月別アーカイブ

2017
10
05
04
03
2016
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2013
01
2012
12
11
09
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss