新劇の読売巨人

圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗うチームたちの戦いを描いたデータ主義ブログ

giantshow

巨人をこよなく愛しながらも、決して冷静さを忘れない俯瞰で野球を見るデータ主義者! スポーツ全般が好きなので、その時々に旬なスポーツについてコメントしていきます。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:601
  • 累計のページビュー:165566
  • (10月13日現在)

最新の記事

【新劇の読売巨人】復帰発表!吉村禎章総合打撃コーチを見直す

CSに出場することも無くなり、早くもストーブリーグに突入した巨人。 そんな中、来季の1軍首脳陣の陣容を発表しました。 OBの吉村禎章氏(54)が11年以来となる復帰で、打撃総合コーチに就任。 小関竜也・現2軍打撃コーチ(41)が1軍打撃コーチに、豊田清・現2軍 投手コーチ(46)が1軍投手コーチに配置転換される。 村田真一ヘッドコーチ(53)はバッテリーコーチも兼任する。 江藤智打撃コーチ(47)は......続きを読む»

【新劇の読売巨人】「巨人」と「日ハム」のトレードを見直してみる

何とわたくし、2014年以来のブログのしたため。 まだアカウント残ってんだ、、と思いつつ、そろそろ巨人について思うことも多く 書かねばならん!と思い、おひさしぶり。 一旦、今年の巨人、また巨人の凋落ぶりはまた別の機会にゆっくりとですが 何となく、本人のためにもとても良いトレードだった「大田泰示」について見直します! 実は「巨人」と「日ハム」のトレードが他球団と比べて結構多い。 多いからこそ、日本......続きを読む»

【進撃の読売巨人】番外篇 データ分析 錦織VSワウリンカ

みなさん、お久しぶり。 お久しぶりといっても、そもそもこのブログを知らんだろうし 基本的に巨人ファンに向けたブログです。 そんでもってブログを書くとなると3ヶ月ぶり。そしてブログの 内容が「世の中、錦織一色だからって便乗するんじゃねーー!」 とのご批判もうけそうな。。その通りだが、その通りじゃない。 筆者は原監督と同郷かつ出身小学校も同じで、無類巨人好き ときたもんだが、にわかテニスプレイヤーでも......続きを読む»

【新劇の読売巨人】2015年正一塁手・阿部慎之助を見直してみる

巨人の原監督は28日、阿部慎之助捕手(35)を来季から一塁手に コンバートすることを明らかにした。  川崎市のジャイアンツ球場で取材に応じ、「慎之助にとっても ジャイアンツにとっても正しいと判断した」と語った。 阿部も「きのう監督と話してすぱっと決めた。(捕手に)未練はない。 野球をやめるわけじゃないので」と、新しい挑戦へ意欲を見せた。  入団以来14年間、捕手を務めてきた阿部は、今季は首痛の影......続きを読む»

【新劇の読売巨人】2014ドラ1交渉権獲得! 岡本 和真を見直してみる

皆様、おひさしぶりです。 巨人のCSのあまりの不甲斐なさに思考能力が停止し、ブログ無気力症候群から やっと立ち直りました。 ついに巨人が次世代を背負う野手に手をつけました。 【岡本和真(おかもと・かずま)内野手 18歳 智弁学園  右投右打 1メートル83、95キロ】 高校通算73本塁打を誇る高校生ナンバーワン長距離砲。今夏の甲子園大会は 1回戦で敗退したが、大会後にバンコク近郊で開催されたU―......続きを読む»

【新劇の日米野球 MLBの巨人】和田毅を見直してみる

カブス和田毅投手(33)が11月12日から東京ドームなどで行われる 「2014 SUZUKI 日米野球」のMLB代表として参加することが 7日、分かった。 メジャー関係者によると、この日までに所属するカ軍からの許可が下りた ために正式参加が決定した。カノ(マリナーズ)プホルス(エンゼルス)ら スター選手らとともに、侍ジャパンに挑みかかる。 12年に米挑戦してからは左肘の故障があり、3年目の今季初めて......続きを読む»

【新劇の読売巨人】フレデリク・セペダを見直してみる

キューバの至宝、フレデリク・セペダ レギュラーシーズンも終わり、台風18号も去ったので 今年の活躍を振り返ってみよう。 1年契約で契約金は5000万円、年俸1億5000万円。背番号は23。 キューバ政府が他国で海外移籍を容認した第1号となった。 そして球団創設80周年で「第80代」4番打者。 <一軍成績> 打率.194/打点18/本塁打6 108打数21安打 年俸1億5000万円÷21安打=¥7,1......続きを読む»

【衝撃の読売巨人】菅野智之 「右肘靱帯損傷」 トミー・ジョン手術を見直してみる

先発した2日のヤクルト戦で体の不調を訴え、わずか2回38球で降板した 巨人のエース菅野智之(24)。事態は予想よりはるかに悪かった。 都内の病院で精密検査を受けた結果、「右肘靭帯の部分損傷」と診断された。 出場登録を抹消された菅野は、「ある程度は覚悟していた。いい状態では ないということは、投げていて分かっていたので」と硬い表情。気を取り 直すように、「でも、自分は可能性を信じている。いつになるか分......続きを読む»

【衝撃の読売巨人】育成契約を見直してみる

巨人の戦力外選手が発表された。 ①越智大祐(31)→球団から職員のポストを提示されるも現役続行を希望 ②高木康成投手(32)→現役引退 ③雨宮敬投手(27) ④森和樹投手(21) ⑤荻野貴幸内野手(26) ⑥和田凌太内野手(22) ⑦柴田章吾投手(25) ①の越智と再生を目的としていた高木はさておき、③~⑦は育成ドラフト出身の選手だ。 そもその育成契約とはどういうものか。 これは、2005......続きを読む»

【新劇の読売巨人】越智 大祐を見直してみる

巨人は1日、越智大祐投手(31)、高木康成投手(32)ら7選手に戦力外通告をしたと発表した。 越智は早大から05年大学生・社会人ドラフト4巡目で巨人に入団し、09年にはセットアッパーとして、 山口との「風神雷神」コンビでチームの日本一に貢献。しかし12年に難病の「黄色靱帯骨化症」を発症し、 同年6月に手術を受けた。懸命のリハビリをこなして13年3月の2軍戦で実戦復帰を果たし、今季も 1軍復帰を目指し......続きを読む»

【新劇の読売巨人】大田泰志を見直してみる

(セ・リーグ、中日1-15巨人、22回戦、巨人15勝7敗、23日、ナゴヤドーム) 巨人・大田泰示外野手(24)が「8番・中堅」で先発出場し、七回に2号2ランを放つなど、3安打3打点の活躍を見せた。 チームは、大田の一発が口火となり、七回に一挙10点を奪う猛攻を見せ、中日に大勝し優勝マジックを「4」とした。 そんなわけで、もうこのまま芽が出ないまま今年も終わるのではないかと思っていた原 東海大派閥の......続きを読む»

【新劇の読売巨人】小山をあらためて見直してみる

9月20日(土)巨人 対 ヤクルト 21回戦 巨人が4連勝。巨人は初回、アンダーソンの3ランで幸先良く先制。2点リードで迎えた8回裏には阿部がソロを放ち、 貴重な追加点を挙げた。投げては先発・小山が8回1失点の快投で今季6勝目。敗れたヤクルトは9回に好機をつくるも、 あと1本が出なかった。 というわけで、小山が6勝目をあげた。 今シーズン6勝1敗とは堂々たるものだ。 谷間の宮ちゃんならぬ、谷間の......続きを読む»

このブログの記事ランキング

  1. 【新劇の読売巨人】2014ドラ1交渉権獲得! 岡本 和真を見直してみる
  2. 【新劇の読売巨人】「巨人」と「日ハム」のトレードを見直してみる
  3. 【衝撃の読売巨人】菅野智之 「右肘靱帯損傷」 トミー・ジョン手術を見直してみる
  4. 【新劇の読売巨人】2015年正一塁手・阿部慎之助を見直してみる
  5. 【新劇の日米野球 MLBの巨人】和田毅を見直してみる
  6. 【衝撃の読売巨人】育成契約を見直してみる
  7. 【進撃の読売巨人】番外篇 データ分析 錦織VSワウリンカ
  8. 【新劇の読売巨人】復帰発表!吉村禎章総合打撃コーチを見直す
  9. 【新劇の読売巨人】フレデリク・セペダを見直してみる
  10. 【新劇の読売巨人】越智 大祐を見直してみる

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
10
2015
01
2014
10
09
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss