東京憂巨会

最終投稿!我が愛する巨人軍へ「言っておきたいこと」

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日のBS1「球辞苑」では引っ張りというテーマを放送していた。 そういえば昔はわんさかいた「プルヒッター」も最近はあまり見なくなった。 ホームランは野球の華。基本的に「引っ張らないと」ホームランになりにくい。 異口同音に「引っ張ったときは快感。」と言うがなぜその快感をファンとともに共有しようと思わないのか。 出演した井端氏は「ホームランは不調の入り口」と言った。 同じ巨人の仁志利久氏も同じようなタイプであった。 体が大きくなく「コンタクトヒッター」タイプの選手でもアマチュア時代では主砲格で本塁打連発をしていた。 しかしプロに入ると全然変わってしまう。仕方のないことだがいつクビになるかわからないこの世界。 生き残るための手段でもある。

また、個性という点ではどうだろう。 昔は特殊なフォームだとすぐに矯正されていたようだが近代野球ではあまりその傾向は低くなった。 近鉄に入団した野茂のトルネード投法、オリックスに入団した振り子打法のイチローが代表例だ。 同時にファッションも結構自由で染髪やピアスなども認められるチームも少なくない。

そ・こ・で・・・東京読売巨人軍。 巨人にもトルネード投法の選手がいる。 背番号011、育成契約の高井俊である。制球力に難があるが将来性を感じる投手でもある。 長いこと野球を観てきたが巨人には際立ったフォームの選手が少ない。 先述の野茂、イチロー以外でも他球団には結構いる。 こんにゃく打法の梨田(近鉄)、ガニマタ打法の種田(中日、横浜)などもそうだ。

失敗や批判を恐れずにダイナミックなフォームで見たい三振。豪快なスイングで味わいたい柵越え。 今の巨人には何かが足りない。 その正体は「伝統」「基本」「原則」「ルール」「セオリー」・・・そうした言葉の中で新しいものをやろうとするチャレンジ精神ではないだろうか。何か勘違いしているように思う。

今でこそ当たり前だが、その昔「二死一塁で盗塁」というのはあり得ない作戦だった。 もし盗塁が失敗したら終わりだからだ。 しかし就任1年目の長嶋茂雄監督は平然とやってのけた。 そこには失敗を恐れない、批判を恐れないチャレンジ精神があったからだ。

典型的なプルヒッターであるホームランキング・王貞治。彼の打球方向を研究して取った王専用の守備陣形である「王シフト」は広島東洋カープである。

世界の盗塁王・福本豊を何としても仕留めるために執念を燃やした野村克也は投手にクイック投法を命じた。

いずれにしても失敗したときの批判は相当なものだ。 しかし失敗を恐れていては何も変わらない。野球というスポーツはそうして成長してきたのだ。

3-0から振って凡打だと監督やコーチに叱られる? 振り回すと怒られる? そう思ってる選手が今の巨人には多くなってないだろうか。 柳田を見ろ!おかわりくんを見ろ! 「彼らは実績があるから許される、でも僕らは・・・」 そう思ってないだろうか。では聞きたい。 「実績ってどうやって作ってきたの?」

監督の高橋由伸は初球を簡単に打って凡退した打席が何回あっただろう。 もし、初球打って凡退の打席を監督から叱責されたのなら 「あんたが言うか?」これくらい言える選手・・・出てこないかな。

数年前、楽天戦で原監督が盗塁させて憤死したシーンに野村監督が「バッカじゃなかろうかルンバ♪」と言った。 大いに結構だ。

高橋監督にも言いたい。 昨年、盗塁を企図したシーンはいくつかあったが、ビハインドの場面での盗塁はほとんど無かった。 流れを変える盗塁だってあるんだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
シーズンオフ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

最終投稿!我が愛する巨人軍へ「言っておきたいこと」

bonobonoさん、コメントありがとうございます。
確かにおっしゃる通りあの楽天戦では野村さんに「ルンバ」って言われても仕方なかったと思うほど、私も見ていてキョトンでした。
私が言いたいことは批判を恐れるなということだけでした。
あのルンバの状況はちょっと適してなかったかもしれません。
2018年巨人の活躍を心から願うとともに広島の3連覇を阻止できるのは巨人だけとも思いたいものです。(笑)

「最終投稿!我が愛する巨人軍へ「言っておきたいこと」」へのコメント

コメント失礼します。
ブログ主さんに同感しますね、もっとリスクを犯してもメリットをとってもいいと思います。しかしルンバの件はそうとは思いません。
あの場面は、9回2点差で2アウトランナー1塁でした。守備側とすればランナー2塁でも3塁でも関係はなくて、バッターに集中して次のランナーさえ出さなければいい場面でした。ところが結果は盗塁死でゲームセット。リスクを犯してもいいけどメリットが少ない、というよりないといってもいい、ハイリスクノーリターンです。
走らせてもいいですがその場合100%の成功率が求められます、失敗すれば何を言われてもしょうがない。ルンバという表現は悪いですが、野村さんとすればリスクを犯す場面が違うんじゃないの、という気持ちだったのではと思います。

最終投稿!我が愛する巨人軍へ「言っておきたいこと」

長嶋巨人最下位からの腐れ縁さん、コメントありがとうございます。
岡本にしても全打席ホームランを狙うようなスイング、重信も松本以来の70盗塁とか期待しますよね。
かつて長嶋監督は周囲から何度非難されても新浦を使い続けました。
由伸監督はお行儀が良すぎます。
星野監督のように選手といっしょに泣いて怒って最後には笑ってドドーンと豪快な采配をファンは見たいはず。
がんばってほしいですね。

岡本なら「全打席100%フルスイング」。 重信なら「塁に出たら100%盗塁」。

前回の貴ブログに、
私は「高橋カントクに期待することは、
吉川尚・岡本・宇佐見に
規定打数を与えること・のみ」と記しました。

以下、その続きです。

>しかし失敗を恐れていては何も変わらない。

2018シーズンは
「攻撃陣その個々人に全面委任」。
私はコレを期待します。
って、表現が極端過ぎるのですが、
この意図は
「若手野手の自主性を尊重し、
その潜在能力を伸ばす・見極めることに
特化するシーズン」として欲しいのです。

判り易い例で言えば、
岡本なら「全打席100%フルスイング」。
重信なら「塁に出たら100%盗塁」。

結果が出ない試合が続くでしょう。
好投する投手陣を見殺しにする試合が続くでしょう。
勝利至上主義のファンから罵声が飛ぶでしょう。

悔しい!
歯痒い!
きっと辛酸を舐める日々が続くでしょう。

でも、だったら彼らは必ず考える筈。
「チームの勝利に、俺が出来ることは何か?」
「それは、俺の能力を最大限に発揮することだ!」
ならば、
「俺の長打力を活かす為に、配球を読む!」
「俺の脚力を活かす為に、相手投手のクセを読む!」
この為の「心底から努力する」、、、筈。

、、、って、こんなコト当たり前です。
でもね、
実戦でイヤというほど辛酸を舐めまくってこそ
ヒトは初めて心底から努力する、、、そんなモンです。

だからこそ
若手野手には「規定打数分の辛酸」を
経験させてやって欲しい。
これを乗り越えてこそ
「心底から努力する」心境に
ようやく至るのだと私は思います。
野球センスがあるヤツは、
オールスター休み明けから必ず開花しますよ。

なんせ、彼らは
天下の巨人軍のドラフト指名選手なのだから。

首脳陣・フロントともに一連托生!
それくらいの覚悟で
指名・入団させてきた人財、、、ですよね。

だから、2018シーズンは、
目先の1勝の為のヘタな采配・用兵は不要。
高橋カントクのそんな采配・用兵は、
もう観たくありませんし、
まだまだ大勢いるであろう巨人ファンの中で、
少なくともワタシは、
目先の1勝にはこだりませんから。


こんな記事も読みたい

阪神タイガース 選手名鑑2018 投手編②【ラテンアメリカの虎】

お別れの時【狗鷲通信】

闘将・星野仙一氏を偲んで。/「ワシが育てた。」【野手編】【プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!】

巨人・畠、新人で6勝!過去巨人で6勝以上の新人投手と「2年目のジンクス」【プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!】

巨人・ゲレーロは活躍できるのか?過去の「来日1年目で本塁打王」の2年目は?【プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!】

平成30年目のジャイアンツは何処へ向かうだろうか【NO NAME】

【巨人の来季を占う(2)】ブルペン陣の全体図【ジャイアンツ大好き! 小吉のブログ】

【最優秀死亡遊戯】2017年MSP受賞選手発表!【プロ野球死亡遊戯】

ブロガープロフィール

profile-icongiantsforever

人間ってのはクレーム・苦情や否定的な意見はすぐに出てきます。
しかし好意的な意見などはなかなか出てこないものです。
辛口G党の頃から批判的なコメントをたくさん頂戴してきました。
しかし一方ではコメントをくれた方々も皆さんこの記事を見てくれているということにはそれにも感謝するべきですね。
ブログにはその責任があるということかもしれませんし、愚痴を言いたいなら他の掲示板を見ればいいんだという声もあります。つまりブログには格式ってものが必要なのでしょう。
美辞麗句を並べて巨人軍を無理やり美化していく記事に辟易した読者さんがいるのも事実。
また、現在の巨人軍を憂いているG党も現存します。
そういう方々のために一つくらい私のようなブログがあってもいいと思いませんか?
そうした受け皿になれれば私はそれでいいのです。
  • 昨日のページビュー:318
  • 累計のページビュー:594460

(01月15日現在)

関連サイト:辛口G党のジャイアンツ再生委員会

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【ドラフト会議続報】12球団指名選手に対する独断と偏見による通信簿~コンセプトが見えない巨人軍~
  2. 2018巨人軍スタメンを日本一早くポジティブに予想する。
  3. 清宮選手、獲っても地獄、獲れなくても地獄、光の見えない巨人軍。
  4. 野上選手の人的補償について考える。
  5. 巨人は何故ゲレーロを獲得したのか考えてみた。
  6. 寒くなりましたね。もうすっかりストーブリーグですね。
  7. 村田のこと、野上のこと、外国人のこと、セのDHのこと、リクエスト制度のこと・・・まとめて語ります。
  8. 巨人の「クワタク」を売り出そう!!
  9. ジラルディ退任。ヤンキース次期監督に松井秀喜氏を懇願する・・・・。
  10. 巨人軍、閉塞感打破には掛布氏を招聘するのがいいと思う。

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss