東京憂巨会

2017年、G党最後のボヤキを聞いてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポナビ終了までわずか。

鹿取GM体制になって我が巨人軍をどう変革させようとしているのか、全然見えてこない。

ゲレーロの獲得は2019年から導入が検討されているDH制への布石と私はにらんでいるがその他は正直どうにもわからないのだ。

CSで放送されたトライアウトの模様を見たが内容がすばらしかったのは投手で大隣(ソフトバンク)と乾(巨人)だった。 大隣は静観していた12球団の中でロッテが入団テストという動きを見せた。 鹿取GMも大隣に熱視線を送っていたと報道があったのに結局スルー。 来季の巨人の先発を予想すると菅野、田口の左右2枚看板だけが当確で残り3枠が未定。 西武から獲得した野上もDeNAから昨年獲得の山口俊と同じく「1年だけ」しか実績が無い。 未完の大器と言われた大田を放出してでも欲しがった吉川光はセリーグの野球に苦しみ安定感に欠けた。 不作と言われた2015年のドラフトでは小笠原(現中日)やオコエ(現楽天)の高校生の有望株には手を付けず、かといって直球の伸びに定評のあった熊原・今永(現DeNA)にもスルー。 この年巨人が選んだのは尻上がりに評価を上げていった桜井だった。 つまり巨人は近年の状態を重要視しているように思える。

で、その結果は、すべて及第点に至っていないのだ。

今のところ3枠の中で先発ローテーションの候補は・・・ 野上、畠、宮國、山口俊、今村、桜井等々の右投手。 そして吉川光、杉内、内海、中川、池田等々の左投手。 ここに高田、大江という原石がどう割って入るかだ。

そんな中で巨人は捕手を4人も獲得した。 岸田、大城は打撃を評価されているのでコンバートをあり得るのだが、こんなことしてる場合か?

また、先日のトライアウトで私は中日の古本選手に注目した。 4打数3安打1本塁打と結果を残しながら今のところどこのチームからも声がかかっていない。 左右に打ち分ける打撃センスもそうだが、あの本塁打。 あの打席、本来は凡退の打席だったがファールフライだったかな、それを落球してくれて思わぬサービス打席となった。 そこで会心の一撃のホームラン。 私はこの選手は何か持ってると思った。 打撃の構えも悠然としていて余裕を感じる、いわゆる「いらっしゃい打法」で威圧感がある。 俊足でもあり、「亀井」のような素材を持っている。 なのにどこのチームも手を出さない。 こんな選手こそ巨人に必要な選手ではないのか?

そして王柏融。 台湾球界から突如現れた4割打者。 長打力も兼ね備えたプリンスは日本球界なら巨人と公言してきたが巨人は手を出さない。 そうしているうちに中日が獲得調査の報道。

かつて巨人は入団間違いなしと言われた郭大源を西武にさらわれ、マギー、ペゲーロは楽天にさらわれた。 ロッテ時代の落合も「巨人くらいしか獲得しないだろう」と言われていて余裕ぶっこいているうちに中日にさらわれた。 巨人とはそもそも交渉で詰めが甘い球団と言っていい。

打線が良ければ菅野は間違いなく20勝していた2017年。 とにかく打線がひどかった。 重量打線と言えば聞こえは良いが「走れない打線」と言えばそれまで。 脚力のある坂本は3番に固定。4番が阿部という「足」に問題のあるオーダーで常に併殺の危機が付きまとう。 相手からすれば怖くもなんともない「朝飯前打線」だった。 さらに由伸監督と村田ヘッドの迷コンビが追い打ちをかける采配ミスのオンパレード。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
シーズンオフ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「腐れ縁」となってしまった経緯・自虐

>本当に巨人が好きなんだなぁと実感します。

ノミの心臓・新浦を負けても負けても起用し続けた長嶋監督に
心惹かれた小学6年生、、、以来の巨人ファンです。

私が生まれ育ったのは、猛虎ファンが跋扈する「反東京」の独立国家たる魔都・大阪。
そんな大阪でも特に
アホっ・ボケっと相手をケナす枕詞を付けて喋ることが風習の、
いわゆる「河内」と呼ばれるエリアですから、
まぁ濃ゆ〜い河内の猛虎ファン同級生から
バカにされまくった長嶋巨人最下位シーズン。

だがしかし、そんなドン底シーズンから、
張本・加藤初をトレードで獲得し、
塀際の魔術師・高田をまさかの三塁コンバート、、、
球界の話題を独占するアグレッシブな激変。
そして期待が充満して迎えたペナントレース。
晩年の長嶋を超える最高のパートナー・張本を得て復活した王が
張本と共にOH砲として連日火を噴き、
加藤初がノーヒットノーランの快投、
高田が攻守にわたっての眩い活躍、
そしてあの新浦が先発・リリーフで大車輪、、、
こんな血湧き肉踊るストーリーを伴って優勝へと這い上がった
1976シーズンのドラマチックな巨人が、
今でも一番好きですね。

次に好きなのは、第二次藤田監督時代の
斎藤・桑田・槇原の三本柱に
宮本・木田・香田を加えての
シーズン完投数70という超絶先発投手陣を
確立して優勝した1990シーズンですね。
「全員生え抜き」ということが素晴らしい。

こんな私が讀賣巨人軍に嫌気を感じ始めたのが
松井が去った代役大砲として
ペタジーニを奪取したあたりからで、
そのトドメが「清原 自由契約」。

大阪の中でも、そのガラの悪さでは河内と
双璧を為す岸和田が出自の清原には、
特別のシンパシーを抱いていた私でしたから、
「もう巨人ファンを辞めよう」とアタマでは
決意したのですが、
哀しいかな、カラダがG+をスイッチオン。

そして「堀内暗黒時代」よりも私が最悪だと定義する2006シーズン。
2005オフのFAで野口獲得の人的保障で小田を取られたことで、
私の中でのFA不信がムクムクと湧き始め、
シーズン途中でのアリアス獲得に
ついに心は折れる寸前となりました。

阪神をお払い箱になったアリアスにまで
手をつける程に、巨人は身を堕としたのかっ!

しかし原監督の血走った双眸を見るに、
やはり「ほっとけないな」と。
うーむ、こうなりゃ
地獄の底まで一連托生ぢゃっ・ヤケ。

、、、以来の「腐れ縁」です・苦笑。


>貴兄さえよろしければメル友になりませんか?

ありがとうございます。
こんな私で宜しければ・苦笑。
で、メアド交換は
具体的にはどのようにすれば宜しいのでしょうか?
ご指示頂けると幸いです。

2017年、G党最後のボヤキを聞いてください。

長嶋巨人最下位からの腐れ縁さん、再びコメントありがとうございます。
本当に巨人が好きなんだなぁと実感します。

まもなくスポナビが終わります。
終了までにもう一回くらい記事を書こうと思います。
貴兄さえよろしければメル友になりませんか?

高橋カントクは「1993シーズンオフから溜まりに溜まった澱」という貧乏クジを引いた

>でも高橋監督がそれをやってくれそうには思えないですね。

そうなんですよねぇ。
この2年間の高橋カントク、、、
「意思が見えない」って感じ。

目先の試合を勝ち取るべく、
知力を尽くす采配、、、も見えず、
チームを鼓舞するひたむきさ、、、も見えず。

かといって、
数年後を見据えた若手育成も見えず、、、

トドのつまり、
初出馬したドラフトでは連続して1位クジを外す、、、
てか、高橋カントクが引く時には、
2回とも外れクジしか残ってなかった悲劇。

あーこの人、持ってねえわ、、、
って思ってしまいました・嘆き。

唯一「2番セカンド マギー」のみが印象的。
しかし、コレは
貴ブログにシツコく投稿させて頂いた通り、
若手野手育成を阻む一因となる悪手中の悪手。

勿論、この2シーズンを、
全てが高橋カントクの責任だとは思いません。

「巡り合わせ」で、貧乏クジを引いた、、、
私はそう定義しています。
って、こんなクジだけ引き当てて・嘆き。

「巡り合わせ」とは、私が思うに
1993シーズンオフを機に、
足を踏み出してしまった讀賣巨人軍の黒歴史が
産み出し続けて溜まりに溜まった「澱(オリ)」です。


>「優勝しなくてもいいからとにかく育ててほしい。」というのが本音ではないですか?

はい、その通りです。
他チームからカネで奪取した選手が、
その額面通りに活躍して優勝、、???
もうそんな「マネーゲーム」なんぞ癖辟。

私は「這い上がるストーリー」が観たい。
同世代の主様も、おそらくそうですよね。

江川・西本・定岡。
斎藤・桑田・槇原。
歴代の生え抜き三本柱。
「空白の1日」事件で一人背負わされたダーティーイメージを、
唸る快速球で払拭してきた江川。
それにライバル意識剥き出しで這い上がった西本。
「外れ1位」からサイドスロー転換で、
一気にサクセスストーリーを這い上がった斎藤。
日本中を驚愕させたスーパー高校球児KKを、
「運命のドラフト」にて分水嶺とされ、
それでもひたむきに野球道を邁進した桑田。
この分水嶺は「清原のその後」という
哀しいストーリーまで続いてしまいましたが。

原を引き当てた藤田監督。
松井を引き当てた長嶋監督。
クジさえ、強運を味方に付け獲得した金の卵。
それを何が何でも「巨人の4番」に育て上げる
藤田・長嶋の確固たる意思。

「這い上がるストーリー」といえば吉村禎章。
あの大怪我さえなければ、、、巨人ファンのみならず、プロ野球ファンの誰しもが惜しんだ運命。
奇跡の復帰を果たした代打でのセカンドゴロ。
私の脳裏に焼き付いています・万感。

しかし、1993シーズンオフから導入された
逆指名制度とFA制度を機に、
讀賣巨人軍はマネーゲームに足を踏み外し、
これら「這い上がるストーリー」は、
雲散霧消したように感じるのです。

2017年、G党最後のボヤキを聞いてください。

長嶋巨人最下位からの腐れ縁さん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
さてご指摘の3名、確かにチャンスをあげなければその数字はクリアできませんね。
特に岡本は好不調の波が激しく、監督がしびれを切らしてしまいそうです。
また宇佐見は小林への偏重が強いため出番は6回以降になるでしょう。
思えば阿部だって最初はそうだったんですが長嶋さんが辛抱しまくって使いました。
でも高橋監督がそれをやってくれそうには思えないですね。
吉川尚、この3人の中で最も監督好みの選手です。昨年終盤のプチブレイクで今季のキャンプから頭角を現せばこの選手に限っては使っていくかもしれません。もし使ってくれるなら・・・.306、14盗塁と予想します。私は3割はクリアすると思ってます。しかし盗塁はどうかなぁ(笑)

貴兄もそう感じてると思いますが「優勝しなくてもいいからとにかく育ててほしい。」というのが本音ではないですか?
東京に来て半年ですが昨年はドームに行こうって全然思いませんでした。
今年は私をその気にさせてくれるんでしょうかね(^^)

こんな記事も読みたい

* 続・今年もありがとう、プロ野球。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

【侍日本&侍青の風】プロ野球・Jリーグのガチンコ観客数対決2017【サムライブルーの風】

現役メジャーリーガーとの集い❗️【やっぱりカープがナンバーワン❗️】

坂本、東野、松本、澤村、高木康、ロメロ 2010年・11年・12年ピンズ セット、オレが巨人 17年ポスター【やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)】

野上と高木勇と監督と【一般的な野球ファンが夜な夜な思うこと】

【巨人の来季を占う(1)】先発陣の全容【ジャイアンツ大好き! 小吉のブログ】

全てはこれからのジャイアンツのために【NO NAME】

巨人は何故ゲレーロを獲得したのか考えてみた。【東京憂巨会】

ブロガープロフィール

profile-icongiantsforever

人間ってのはクレーム・苦情や否定的な意見はすぐに出てきます。
しかし好意的な意見などはなかなか出てこないものです。
辛口G党の頃から批判的なコメントをたくさん頂戴してきました。
しかし一方ではコメントをくれた方々も皆さんこの記事を見てくれているということにはそれにも感謝するべきですね。
ブログにはその責任があるということかもしれませんし、愚痴を言いたいなら他の掲示板を見ればいいんだという声もあります。つまりブログには格式ってものが必要なのでしょう。
美辞麗句を並べて巨人軍を無理やり美化していく記事に辟易した読者さんがいるのも事実。
また、現在の巨人軍を憂いているG党も現存します。
そういう方々のために一つくらい私のようなブログがあってもいいと思いませんか?
そうした受け皿になれれば私はそれでいいのです。
  • 昨日のページビュー:161
  • 累計のページビュー:595251

(01月19日現在)

関連サイト:辛口G党のジャイアンツ再生委員会

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【ドラフト会議続報】12球団指名選手に対する独断と偏見による通信簿~コンセプトが見えない巨人軍~
  2. 2018巨人軍スタメンを日本一早くポジティブに予想する。
  3. 清宮選手、獲っても地獄、獲れなくても地獄、光の見えない巨人軍。
  4. 野上選手の人的補償について考える。
  5. 巨人は何故ゲレーロを獲得したのか考えてみた。
  6. 寒くなりましたね。もうすっかりストーブリーグですね。
  7. 村田のこと、野上のこと、外国人のこと、セのDHのこと、リクエスト制度のこと・・・まとめて語ります。
  8. 巨人の「クワタク」を売り出そう!!
  9. ジラルディ退任。ヤンキース次期監督に松井秀喜氏を懇願する・・・・。
  10. 巨人軍、閉塞感打破には掛布氏を招聘するのがいいと思う。

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss