棒球網誌~ヤキュウノブログ~

夢を預かる責任

このエントリーをはてなブックマークに追加

 本来なら、ちゃんと取材をした上でやらなければならないのですが、いても立ってもいられなくなったので、先ほど見ていたTV番組や一連の報道を基に書き込ませて頂きます。

 萩本欽一監督のゴールデンゴールズが、解散か存続かで揺れているみたいですね?どうも、ある芸能関係者の所属選手の不祥事がきっかけで、このような状況になったみたいですが、正直「コレでいいの?」というのが私の感想です。

 不祥事を起こした選手に関しては、具体的な事が分からない以上何も言えません。ただ言えるのは、「常に見られる側の立場である自覚が足りなさ過ぎる」という事くらいでしょうか。当該選手には、自分のために尽力して下さった多くの方々のために、猛省を促したいです。

 萩本欽一監督については、「若者たちの夢を預かっている責任をどのように感じているか?」と言いたくなります。萩本監督が野球が大好きで、元気の無い野球界を盛り上げるために情熱を傾けてきた事も、これまでの報道でよ~く分かります。
 しかし、チームの名前を知ってもらうために、野球界以外の有名人を頼りすぎていなかったか?という気がします。実際、1月初旬にナゴヤドームで遠征に来ていたゴールデンゴールズを観戦しましたが、まじめにプレーしている選手よりも、プレー中にマイクを持って叫んでいる萩本監督が他の誰よりも目立っていました。

 チームには、本気で都市対抗野球や全国大会を目指している選手だけでなく、プロ野球も目指している選手もいるはずです。また、片岡安祐美選手のように、遥か遠い夢に向かって一途な思いで野球に打ち込んでいる選手もいます。
 萩本監督はチーム設立にあたって、こうした若者たちの夢をどのようにとらえていたのでしょうか?失礼を承知で言わせて頂ければ、チームと自身の売名行為のために、彼らの夢を利用しようとしていたのではありませんか?

 一選手の不祥事で、チームの存続が左右されてしまうような今回の騒ぎを見ると、萩本監督に「若者たちの夢を預かっている責任と自覚」が無いように見えてしまいます。22日のセガサミーとの試合で、チーム存続の話を聞いて選手達が涙を流す姿を見ていると、本当にやりきれません。
 
 私も、いろんな野球界の指導者と言われる方々と会ってきましたが、現在に至るまでに多くの責任を負ってきた、もしくは負ってきている自覚ある顔立ちと品格を備えた方々ばかりでした。お話を伺っていても、あらゆる責任と正面から向かいあい、野球に対して真摯に向かいあっている姿勢がしっかり伝わってきました。これに対して、萩本監督からはタレントとしての自覚と責任は伝わってきますが、野球人としての責任と自覚は残念ながら伝わってきません。

 今回の騒動で、萩本監督は「自分が負っている責任」の重さと大きさが、お分かりになった事でしょう。野球に対して本当の意味で真摯に向かい合えば、プレー中にマイクであおったりして選手の集中を妨げるような事はできないはずですし、「解散」という言葉も簡単には出て来ないはずです。

 不祥事を起こした選手同様、萩本監督には、これを機に猛省してほしいと願っています。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本野球
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-icongiants3so

 HN高原成龍

 学生時代の初海外旅行をきっかけに台湾にハマり、某ガイドブックの取材を経て、そのまま台湾の野球をはじめ、台湾のスポーツ等の取材にのめり込む日々を送る。
 その後は、多くの方々のおかげで、アジアシリーズをはじめ、北京五輪予選、WBCといった主要国際大会でのTV中継用の情報提供、原稿執筆、ラジオ番組出演等を果たし、本人も驚くような展開に至る。
 現在は、台湾の高校生達の涙が光る高校バスケのHBLに夢中。

 各種お問い合わせ等は、
http://form1.fc2.com/form/?id=512187
 までよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:1068291

(01月18日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大豊さんのご冥福をお祈りします
  2. AA世界野球選手権  写真集3
  3. こ〜の八百長野郎! 2009 〜その6〜 兄弟の中込伸前監督のその後
  4. お疲れさまでした
  5. 斗六、台南各棒球場への行き方
  6. 台湾実業団バスケ・SBL潜入
  7. WBC台中ラウンドは今日から
  8. 山形大学女子バスケ部の台湾奮闘記
  9. 兄弟エレファンツの新ユニホーム
  10. cagerのインタビューに協力させていただきました

月別アーカイブ

2015
01
2014
12
07
01
2013
12
11
10
06
05
03
2012
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss