チラ裏サーセン

【リーガ第20節】デポルティーボ・ラ・コルーニャ×レアル・マドリー

このエントリーをはてなブックマークに追加

1991年以来勝利が無い鬼門リアソール。更にロナウドのサスペンションに加え怪我人続出の為、ピボーテはアロンソ1人、セントラルも本職はアルビオルと公式戦での出場は遠ざかっているメッツェルダーのみという状況。

ラウールは久々のスタメンとなるのか、中盤に最終ラインの構成は?と色々な意味で待ち遠しい試合となった。


【デポルティーボ・ラ・コルーニャ】

Portero:アランスビア
Defensa:ラウレ、ディエゴ・コロット、ロポ、マヌエル・パブロ
Centrocampista:アントニオ・トマス、ジューカ(83分ボディポ)、フアン・ロドリゲス、パブロ・アルバレス(74分リキ)、バレロン(54分イバン・ペレス)
Delantero:アドリアン

ラウレがマドリーのカンテラに居たのを初めて知った。フィリペ・ルイス、ブライアン・アングロ、グアルダード、ミスタ、ラサダ、セルヒオと怪我人が多い様子。入場の際マドリーの選手達はフィリペのTシャツを着ていた。


【レアル・マドリー】

Portero:カシージャス
Defensa:アルベロア、アルビオル、セルヒオ・ラモス、マルセロ
Centrocampista:アロンソ、グラネロ、グティ、カカ
Delantero:ラウール(79分ドレンテ)、ベンゼマ


最初、MARCAのスタメン発表を見て小躍りした。中途半端にバランスを取ろうとせず、ポゼッションするには最高の中盤、そして何と言っても久々のカピタンラウール。左ラテラルのマルセロに不安を抱えながらも。それにしてもメッツェルダーはこの状況でも起用されないとは完全に構想外なのか。

前半のマドリーは良い出来だった。

底からアロンソがボールを散らし、グティが左サイドに中央からチャンスを演出する。グラネロはスペースに顔を出しながらバランスを取っていた。

前線ではカカが左右に開き起点となる事で、渋滞の解消を手助けし、ラウールが下がらず相手の最終ラインと勝負する事に因りベンゼマが自由に動けていた。カカにベンゼマの運動量があり前節の様な渋滞は起こっていなかった。

それでも左を得意とする選手が多いので左に偏る事もあったが、そこでアルベロアが絶妙の上がりを魅せ、グラネロもしっかりとフォローする事でピッチを広く使えていた。

また、心配していた左サイドも押し込む事で相手の攻撃を抑圧し、完全に制圧するという理想的な展開が出来ていた。本当はこういう守り方こそペジェグリーニが目指したスタイルじゃないんだろうかと思う。

デポルティーボとすればフィリペの怪我に因りMパブロが左に入ったのが痛かった印象だった。

結局、前半はこぼれ球を頭で押し込んだグラネロとカウンターからグティのお洒落で優しさ満点のヒールパスをベンゼマが決めて2点のリードを奪い終了。

ラウールがあのマルセロからのボールを決めれていたら最高だったのに…。


後半は前半とは、打って変わり凡庸な内容に。

2点リードという安心感からか動きが止まりダラダラとボールを回す事に終始した。

そんな後半のハイライトはラウールとグティ。

間違いなく誰よりも結果が欲しい筈のラウールだが、どんな時でもチームの事を1番に考えているのもラウール。この試合でも中盤がボールの出し所に困っていると受けに下がったり、守備の局面ではピボーテの位置まで戻りプレスをかけていた。それはデランテーロであるラウールがすべき事なのか疑問は残るが、流石としか表し様がない。

そして、この試合のハイライトでもあるグティ。戻ってきたグティの素晴らしさを毎試合、毎試合実感している。ロスタイムに試合を決定付ける3点目をベンゼマが決めた瞬間の喜び方、ガッツポーズはカッコ良すぎた。どれだけリアソールで苦しんできたか、それを如実に現していた。

シーズンの最も苦しい試合を苦しいチーム事情の中で勝利で出来たのは本当に大きかった。状態が落ちた1月だったが、これを機に乗っていって欲しい。そして、それはカカがこの試合の様にサイドを意識する事でより現実になってくるんじゃないかと思う。

それにしても右ラテラルに入った時のアルベロアは非常に躍動している。



別サイトですがマドリー関連のニュースを意訳したブログをはじめました。こちらも、よければご覧下さい。

http://cibeles.iku4.com/

こんなの書いて良いんだろうか…。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合レビュー
タグ:
鬼門
リアソール
ラウール
グティ
アルベロア
カカ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

コメント有難うございます

ジズーさん

初めまして。今後ともよろしくお願い致します。

全く同感です。久々にマドリーらしい内容が観れました。やっぱりスペイン人が多いと波長が合うんですかね。ラウールも得点こそなかったものの、パフォーマンスは良かったと思います。


Joseさん

確かに大きかったです。ここで落とすとかなり苦しくなっていましたから。

そうなる事を願いたいですね。

【リーガ第20節】デポルティーボ・ラ・コルーニャ×レアル・マドリー

>> Jose

> 間違いなくマドリーが勝ち点落とすと確信したアンチの連中も多かったようだが失望は非常に大きいみたいだね。
 あなたが一人で大騒ぎしていただけですか?

> 最後までローテしながら全勝で行けるだろう。
> ライバルの対戦相手を見れば、ほぼ優勝は確定したと言っても過言ではない。
> これで2月からは怪我人も戻ってきて、CLにプライオリティーを重点的に置ける。2冠だな。
 どこまでもおめでたい人ですね。まあ対戦相手を過小評価すれば、いつか足元をすくわれることでしょう。

【リーガ第20節】デポルティーボ・ラ・コルーニャ×レアル・マドリー

これだけエース級主力(イグアイン&ロナウド)が欠場してなおかつ難しいリアソールでの勝利は物凄く大きな価値。
間違いなくマドリーが勝ち点落とすと確信したアンチの連中も多かったようだが失望は非常に大きいみたいだね。
この結果は昨年までと比べて選手層&戦力(選手の質)が段違いに凄いと言う事を証明した。主力中の主力が数名欠場しても全く問題ないというのが今のマドリー。
これでリーガに関しては難しいアウェイは全て終了。
最後までローテしながら全勝で行けるだろう。ライバルの対戦相手を見れば、ほぼ優勝は確定したと言っても過言ではない。向こうはビセンテカルデロンで勝ち点0だろうから、首位奪還は時間の問題。
これで2月からは怪我人も戻ってきて、CLにプライオリティーを重点的に置ける。2冠だな。





【リーガ第20節】デポルティーボ・ラ・コルーニャ×レアル・マドリー

初めてコメントさせていただきます。

自分もラウール・グティ・レドンド・ジダンこの辺りが好きでしょうがないマドリディスタです。

この試合の前半の試合展開これがまさしくレアルのサッカーだという感じでわくわくしてみていました。ここ数試合ラウールは出てない、やってるサッカーは面白くない、って試合が続いていてがっかりしていたんですが今日みたいな試合見せられると最高の気分です。

これからもたまに書き込みさせていただきます

こんな記事も読みたい

大久保が平山に「調子に乗ってる」その理由は…【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

リーガも後半戦に入って…【蹴球愛文】

ハムレーン監督とイブラヒモビッチが会談【スカンジナビア・サッカーニュース】

ブロガープロフィール

profile-icongenco

98年以来Real Madridが好きです。ラウール、グティ、レドンドが特に好きです。色んな意味でカンポたんも好きでした。00/01シーズンのマドリーが最強だと信じて疑いません。

至らぬ点も多々あると思いますが、生暖かく見守って頂ければ幸いです。コメントも気兼ねなくして下さい。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:84478

(09月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. マドリーベスト11
  2. ペジェグリーニ続投を求ム
  3. ペジェグリーニ解任
  4. 許されざるマドリーの愚行 *追記済
  5. ベンゼマよりデラレ
  6. 【CL決勝T1回戦-2stLeg】レアル・マドリー×オリンピック・リヨン
  7. スペイン代表~GK・DF~
  8. スペイン代表~MF・FW~
  9. Gracias Ruud van Nistelrooy!!
  10. 【リーガ第16節】CAオサスナ×レアル・マドリー

月別アーカイブ

2010
05
03
02
01
2009
12
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss