チラ裏サーセン

許されざるマドリーの愚行 *追記済

このエントリーをはてなブックマークに追加

MARCAによるとマドリーはEVIにデラレとの契約無効の手続きを行ったとの事。

このEVIという所に選手に健康的な問題があり、プレイ出来ないと認定されればLFPでのライセンスがなくなる事になる。つまり永久にスペインではプレイ出来なくなってしまう(デラレへの補償は残り契約期間である約2年の年俸のみ)。これに対しデラレは法的手段を検討しており、ラウール・グティ・カシージャスのカピタン達はクラブがそれぞれに行う補償にサインするのを拒否したとある。

詳細はファーポコさんが訳されているのでご参照ください。


その文字を見た瞬間頭が真っ白になった。前のめりになり詳細を知ろうと文字を必死に追うが頭に全く入ってこない。それが入ってくる様になったと同時に、深い悲しみと激しい怒りが全身を支配する。言葉にならない。こんな事があっても良いのだろうか。醜すぎる。

一体何の権利があってデラレの未来を奪おうというのか。一体何様のつもりなのか。ファーポコさんでも書かれているが、契約破棄だけに留まらずEVIに手続きを行うのは他のクラブでデラレが問題なくプレイした場合マドリーに火の粉が掛からない保身の為としか考えられない。
ただ、それだけの為に1人の青年の未来を犠牲にしようとしている。

確かに、この問題に関しては命に関わるが故に一概に正解が何かとは言い難く第3者である私達が簡単に意見出来る事ではないかもしれない。それでも、今回のこの処置が間違いであるというのだけは胸を張って言える。

これまでのマドリー側の対応を見ていて、何処か煮え切らない感じを覚えた。オフィシャルでも事細かに検査の内容や結果を発表せず軽く触れる程度。最近では話題にすらしなくなっていた。
どうも、このまま時が経ち徐々に世間の関心が失われデラレ自身の判断として契約破棄を行おうとしていたんじゃないだろうか。その判断を促すように夏にはカンテラでコーチとしてのポジションを用意していた。
マドリーにはどの様な結末になろうともデラレが納得いくまで、とことこ付き合っていって貰いたい。それがデラレに対する、デラレの親族に対する、マドリディスタに対するあるべき姿勢ではないだろうか。

ピッチで倒れてから約1年と半年。様々な検査を行ったにも関わらず原因が掴めず今シーズンの復帰も絶望となっていた。それでも、デラレは更なる精密な検査を望み再び選手としてピッチに立つ日を信じていたであろう。それを根底から破壊する今回の処置。こんな事があって、許されて良いはずがない。何か私に私達に出来る事はないかと思う。


これは先日、心臓疾患が見つかりプレイ出来ていないセルヒオ・サンチェスにも関わってくる問題にもなってくるのであろうか。だとすれば今回の件で失われた未来はそれこそ銀河系をすら超えるであろう。

この内容の信憑性がどれ程のものかは分からない。しかし、もし仮にこれが事実だとするならば心からこのクラブに、そしてフロレンティーノ・ペレスに更に幻滅する。

だから、ペレスの復帰だけは嫌だったのだ。

どうか誤報である事を心の底から祈る。



  • 追記

オフィシャルで声明が発表された。

分からない所が多々あって超意訳になるがクラブは法に沿って今回のデラレの件を行ったと恐らく書いてあると思う。自信はありません。少なくともMARCAの報道は事実だった様で。

法の解釈が全く分からないので、それはクラブに対する義務なのか権利なのか何とも。ただ、やっぱりデラレサイドの対応を見る限りクラブの権利であり義務ではないだろうと思う。

  • 更に追記

オフィシャル日本語ページ
にもきました。

今回は日本語訳が早いようで何かを予想させられる。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
チラ裏
タグ:
デラレ
絶対に許さない

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

コメント有難うございます

個人個人への返信ではなく一括での返信となる事ご了承ください。

肯定や否定様々なコメント有難うございました。

先ず注釈的に示しているとはいえMARCAによる情報のみで書くには配慮が足らない所があったと反省しております。ご迷惑をおかけした皆様には心より謝罪申し上げます。

他にこれは完全に個人的な問題なのですが、デラレに対し色々思い入れがあり先日メールを送った矢先の報道だっただけに過剰に反応してしまいました。

「デラレとの契約無効の手続きを行った」とありましたが正しくは「デラレとの契約無効になる可能性のある手続きを行った」でした。ものの見事に釣られてしまった訳です。

ただ、確かに今回の事実だけを抜き出せば法にそっておりクラブに落ち度はないのですが、検査内容や結果に関する不透明さ、以前の検査から何の音沙汰もない等これまでの経緯から色々と邪推をしてしまいます。勿論、邪推の域を出ないのですが、やっぱり私には今回の件を肯定する事は出来ません。

もし仮にこれまでの経緯が明確であり、クラブ側も最後の最後の方法として今回の措置に至ったという事が過去から明確であれば、また違った反応になっていた様にも感じます。

最後に何故か$さんに対する他の方からのコメントが確認出来ただけでも1つ削除されていたのですが事務局さんですかね。私的には何も問題はなく、むしろその方の方が正しい様に感じました。

許されざるマドリーの愚行 *追記済

単純に思うのですが、契約中に労災を延長するための手続きをしてはいけないという法律があるのでしょうか?

現在の状況としては、デラレは契約中に選手がプレーできないから労災を使って、今は期間限障害者としての待遇を受け、その15ヶ月の期間内にあるわけでしょ?

それを延長するための処置が契約違反なのか?

また、契約金のお金が払われないことを前提として書いてらっしゃるが、レアル側が今回の契約期間のお金を払わないといったのでしょうか?

事実がわからないまま、色々なことを言っているからおかしくなっているんだと思うんですけどね。

許されざるマドリーの愚行 *追記済

難しい問題氏はちょっと勘違いしているようだ

契約には義務と権利が伴う。
レアルとデラレッドの契約はあと2年残っている。
この2年間がデラレッドが健康だったとしても違約金を払わない限りデラレッドはほかのクラブに移籍できないように、レアルも一方的に契約破棄したり見直ししたりすることはできない。
同様にデラレッドがプレーできないとしても2年間は年俸を払い続ける義務がある。
さらに必要な治療、検査を受けさせる義務もある。

この契約をレアルが破棄したい場合は選手側と話し合いをし、合意をする必要がある。これも義務だ。
合意を得るからにはそれなりの提案をしなければならない。
しかしレアルは自ら契約を破棄しようとしているわけではない。
現在話題になっている、労災適用不可となれば、ライセンス剥奪、さらにしかるべき機関でも就労不可となれば、年俸を払わずにすむ形になる。
もし、レアルが年俸を払わなくてよい形になれば、法的に穴はないかもしれないが、義務をはたさずに、手を汚さずに権利だけを行使した形になる。

それからコーチ職のオファーは契約更新の見直しではない。休業中にこの職務についてはどうかという打診にすぎない。
ついでに、本当に復帰ができないと決定し、コーチ職に転職するとなれば、
現在よりも年俸はガクンと下がる。トップチームの監督でさえ一番低い金額の選手たちより年俸は低い。
そうであるから、例えば復帰不可が決定していないにもかかわらず、転職という形で契約見直しを持ちかけたとしたら、選手側には可能性があるのだから簡単に受けるとは思えないが。
難しい問題さんが社会人かどうかはわからないが、例えば営業職で月に50万給料をもらっていたとして、会社から、事務職に転職してくれ、月15万になるがと言われてYESというのかどうか自分に問いかけてみてほしい。
コーチ職のオファーやら契約見直しやら、言葉で言えば簡単に聞こえるが内実はいろんなことが含まれるわけだ。

>これはデラレが断っています。だから引き続き労災という形になっているんだと思いますが、

デラレッドに再契約や契約見直しの打診があったように書き込まれているが、どこにそういう事実があったのか教えてほしい。知る限りはそのような提案はなかったはずだが。
デラレッドがプレーできようとできなかろうと契約は2年あって、これが継続せざるをえない契約なのだ。契約を破棄したいのなら、レアルは正当な手続きを踏まなければならない。

>選手としての道をあくまでもデラレが追求したいのであれば、契約破棄するなりで、選択の自由を自分で得るしかないのではないでしょうか。

もしデラレッド側で契約を破棄するとなれば、ほかのクラブが選手をとるときに払うように
デラレッドが高額の違約金を払わなければならない訳だが、(当然年俸の何倍もの金額だ)それをご承知で書き込んでいるとなれば厳しいというより惨いとしか言いようがないのだが。

許されざるマドリーの愚行 *追記済

ペレス・マドリーは選手引き抜くときはアホみたいな金額出すくせにこういうことにはホント無責任だよね。選手を商品としか思ってない会長のクラブだわ。

こんな記事も読みたい

Liverpool のサポーターの方へ  大変です!!【Football France Ligue L1L2】

W杯対戦国最新情報はこちらから…オランダは日本眼中になし!?【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

アンドレアセンが再び怪我で離脱【スカンジナビア・サッカーニュース】

ブロガープロフィール

profile-icongenco

98年以来Real Madridが好きです。ラウール、グティ、レドンドが特に好きです。色んな意味でカンポたんも好きでした。00/01シーズンのマドリーが最強だと信じて疑いません。

至らぬ点も多々あると思いますが、生暖かく見守って頂ければ幸いです。コメントも気兼ねなくして下さい。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:84481

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. マドリーベスト11
  2. ペジェグリーニ続投を求ム
  3. ペジェグリーニ解任
  4. 許されざるマドリーの愚行 *追記済
  5. ベンゼマよりデラレ
  6. 【CL決勝T1回戦-2stLeg】レアル・マドリー×オリンピック・リヨン
  7. スペイン代表~GK・DF~
  8. 【リーガ第16節】CAオサスナ×レアル・マドリー
  9. スペイン代表~MF・FW~
  10. Gracias Ruud van Nistelrooy!!

月別アーカイブ

2010
05
03
02
01
2009
12
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss