no title

ジャイアンツのGM

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は素人ですのであくまでもいちファンとして外部から見ていての憶測や感情的な部分での記事になります。 ご了承ください。

現状のジャイアンツですが他のブロガーさんも仰っていますが将来ビジョンが見えてこない。 これを現場の選手や首脳陣の責任にするのはちょっと違うような気がしています。 そこでジャイアンツにもプロ野球OBのGMが必要なのではないか。と思ったのです。 現在GMとしての機能を担っている球団は ・王貞治(ソフトバンク) ・高田繁(ベイスターズ) ・吉村浩(日本ハム)、GM補佐として木田 ・星野仙一(楽天) ・渡辺久信(西武) ・堤(ジャイアンツ) ジャイアンツと日本ハムのGMはプロ出身ではないが日本ハムの吉村GMは元プロではないがメジャーでもGM補佐を行っていた経験からチーム編成に関してはプロであると思っています。 ジャイアンツのGMだけがサラリーマンという感じですね。 アマチュア野球経験者のようですが前任の原沢さんも含め近年のドラフトを見ているとプロでどんな選手が大成するのか理解していないであろうと感じてしまいます。 FAや外国人補強に関しても同じようなことが言えると思います。 勿論これは単純にGMだけの責任ではなくスカウトにも問題があるのだろうとは思います。 しかし、チーム全体の現在の状況を把握している人間が果たしてフロントにいるのだろうか? いるのならば近年のドラフトや外国人補強、FA補強の人選は少なくとも変わっていたと思います。 ソフトバンクは言わずもがなドラフト、FA、外国人と非常にバランスよく良い選手を獲得していて余剰戦力が多くなるような補強はしていない認識です。 ベイスターズはまだまだ発展途上ではあるが数年後には開花していきそうな面白い選手が多く走攻守においてスタメンメンバーを見るとバランスも良いです。 日本ハムは育成に定評があり首脳陣の指導も良いのでしょうが出てくる選手みんなそれぞれに特徴がありこちらもバランスよくチーム編成されているなと感じます。 楽天も今季は首位爆走中ですがベイスターズと同じくまだまだ発展途上ではあると思います。若手ベテラン外国人とバランスの良いチームですね。 西武はFAで出ていく選手が多い中次から次へとその主力に成り替わる選手がいるということはそれだけの選手をしっかりと指名、育成してきている証拠です。 ではジャイアンツは?同じような特徴の選手が多い若手~中堅選手。ポジションが被る外国人補強。実績という簡単な指標において多額を投資してしまうFA補強。悲しいですね。 単純にプラスになる補強をするには今のチーム状況や編成をしっかりと見極めていかないとできないでしょう。 今季で言えばマギーは成功です。それは疑いようのない事実として彼の成績が語っています。 しかしそれにより村田がベンチへ。確かにマギーによるプラスはあるが村田のマイナス分もあるので昨季と比較した場合投資額に見合うほどのプラスかと言われればそれは声を大にしてイエスとは言えないでしょうね。 カミネロにしても現状の中継ぎ陣の投壊ぶりをみたら成功と言えるのでしょう。 しかし彼の獲得により外国人枠の兼ね合いでギャレット、クルーズという昨年のスタメン野手をどちらも起用できないという状況になっています。これもカミネロ加入によるプラスとギャレット、クルーズを起用できないマイナスで編成上プラスになっているとは言えないでしょう。 一部報道では鹿取GMなんてのもありましたが願わくばジャイアンツOBではなく他球団での監督経験があるような方がベストではないでしょうか。 外から冷静に今のチーム状況を見極められる、現場と密に連携をとれる方を是非ともジャイアンツのGMにおいてもらいたい。 まずはフロントから血の入れ替えをはかっていかなければ現代野球の中ジャイアンツはどこかに置いていかれてしまうような気がします。 誰が適任というのは正直わかりませんが。。。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ジャイアンツ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ジャイアンツのGM

冷めるGファンさん、コメントありがとうございます。

確かに短期間での修復というか軌道修正は難しい現状ですよね。
良いGM、良いスカウトこれも短期間で判断できるものではないので
最初は日ハムなどのシステムを真似していくことも一つの手かもしれませんね。

ジャイアンツのGM

yomig-aiさんコメントありがとうございます。

原GMですか、確かに面白いと思いますが現在のチーム状況の悪さに一役買っているとも考えているので個人的には良しとはしない人選かもしれないですね。
ただ、長年ジャイアンツを指揮してきただけに現場との意思疎通はしやすいかもしれないですね。
今秋ドラフトはどんな理由があれ清宮君の抽選に参加するべきと考えていますよ。

ジャイアンツのGM

これは他のブログコメントにも一度書いたことがあるのですが、GMはやはり球界の内情に精通しているという点で球界OBの方がいいと思います。鹿取GMという記事を私も読んだことがありますが、悪くないのではないでしょうか。さすがに他球団出身だと、口うるさいOBが多いので、果たしてなり手がいるのかちょっと疑問です。原GM案もいいと思いますが、その場合は監督との意思の疎通をきちんと行い、現場の監督に余計な神経を使わせないようにすることが肝腎でしょう。

それより何より、今の巨人の喫緊の課題はスカウト部門の手直しだと思います。最近のドラフトで気になるのは、藤村(ドラ1)、大累(ドラ2)、重信(ドラ2)と、非力な駿足タイプを偏重し過ぎる点です。大累はほとんど1軍に上がることなく日ハムにトレードされてしまったし、藤村と重信は駿足なのにスタートが悪くて守備も今いちで、藤村などはここ数年は1軍に上がる気配すらないありさまです。この3人に共通しているのは、1軍のレギュラーになるには打撃の弱さが致命的だという点です(重信はまだ今後開花する可能性がありますが)。もちろんスカウトには、素人には理解出来ない難しさがあることぐらいは想像できますが、それにしても巨人のスカウトの手腕には?を抱かずにはいられません。
それに比べると、日ハムのスカウト陣の優秀さは対照的ですね。伝え聞くところによると、巨人やソフトバンクとは異なって3軍を置かず、支配下選手数の70人ぎりぎりで球団運営を行う方針があるため、非常に綿密なスカウト活動をしているそうです。例えば、ある高校生の遊撃手に注目したところ、肩の強さがどれ位なのか不明だったため、ずっと実戦で追いかけて、ある試合で三遊間の深い所に飛んだゴロをアウトに出来なかったプレーを見て獲得を断念したという記事を読んだことがあります。なるほど、このようなスカウトがいて初めて優秀な選手が発掘できるんだなと感心することしきりでした。

今の巨人の選手構成の歪さは、短期間で解決できない程の重症だと思いますが、GMとスカウト陣がよく調査して一つずつ手直ししていくしかないと思います。

ジャイアンツのGM

よく球界OBをGMに、なんていう意見も多いのですが、中日の落合GMみたいなことがあるので、そこは一長一短かなと思います。

と言いながらも、「原辰徳GM」、期待してるんですけどねぇ。清宮くんを原GMが当てる…ってこれだと大田の二の舞ですからやめたほうがいいですね。

こんな記事も読みたい

岩貞復活なるか【出来の悪い虎(子)ほど可愛い】

【鯉が強くある為にの宴】『飛び方を忘れた燕と小さくなった巨人の背中』【©カープ狂の宴】

今の苦境をポジティブに考えたい【いろいろ所持雑感】

巨人三軍vs滋賀ユナイテッド・新潟アルビレックス・福島ホープス戦【井戸掘り野球観戦記】

最下位になってみませんか。【一般的な野球ファンが夜な夜な思うこと】

楽天戦3連敗、大敗、大敗、逆転負けは広島戦と同じ【強くあれ、巨人】

語るなら『池田駿』を・・・改訂版【アバウトG、アバウト・・・】

17.6.1 由伸よ、迷うな。【巨人を見る】

ブロガープロフィール

profile-icongantu

  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:43050

(11月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジャイアンツの捕手3人制は何の為?
  2. 今のジャイアンツに必要なのは『松井秀喜』
  3. ジャイアンツのGM
  4. 高橋由伸監督の選手起用
  5. 後半戦はどんな戦い方を目指すのか
  6. 山口俊は救世主になれる?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss