神宮1番入り口

CS制度とDH制度&お知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

CSについては、2015年に書いたこちらを。 CSを考える 要点を書くと ・現行のハンデはそのままに、シーズン→CS1st→CS2nd→日本シリーズという区切りをシーズン→ポストシーズンとしたほうが良い。 ・ポストシーズンというイメージ作りのために、トーナメントは日本シリーズを頂点とした6チーム表記、優勝記念品もペナントとは分けてカップみたいなの用意する。打席記録などポストシーズン通した記録とする(現行はCS1st→CS2nd→日本シリーズで分かれている)。 ・本当はポストシーズンなんだから、ハンデなんて要らないし、1回戦も5戦3勝方式にしてほしいが、それは高望みというものであきらめる。

こんな感じだ。

さて、次はDH制度。セリーグでも導入を検討という新聞報道を見かけた。 結論から言うと、私は賛成である。

・ファームがDH制度 イースタン、ウエスタンともにDH制度を採用しており、ファームでは若手野手が打席に立つこと自体が貴重なので、投手が打席に立つ機会はない。 どこかのチームが怪我人続出、ブルペン捕手を育成登録なんてしつつ、DH使わないなんてこともあったけど(苦笑)、そんなのは稀である。

・救援投手も打席に立たない 今は分業制度が定着しており継投に移る場面が多いが、救援投手の打席では代打が出てくるので、打席に立たない。

・厳しさ、競争の激化→全体のレベルアップ? 実質、1軍の先発投手の、3打席以下なわけで(2017年イニングトップのマイコラス(188)は67打席、先発27回なので平均2.4打席。トップでこれなので他の投手は2打席近辺)、投手が打撃練習するとは思えないし、実際してないだろう。 27個のアウトを取るスポーツで、27/27をやってるリーグと25/27をやってるリーグでは、厳しさが違うのは当たり前。

野手も代打起用の機会が減るため(代打数がセは300打席前後あるのに対し、パは130打席ぐらい)、中途半端な選手の競争が激しくなる(調べてみて思ったが、パも意外と代打起用するのですね)。 一方、投手は投球に専念ができる。

確かに、意外性(投手(低打率打者)がヒットを打つ)や戦術性(継投や代打起用)が面白いという意見もあるとは思うが、それらはパリーグでもあるわけで、セリーグ独特という気はあまりしない。 野球の歴史という点からみても、ルールは時代と共に変わっていくわけで(近年ではコリジョンルールやビデオ判定制度)、見てる側が楽しめるように変わるのに抵抗はない。清宮選手のためとか言われたらちょっと待てよ、とは思うけど… 現状、いまのままセリーグでDH制度が採り入れられたら、箱庭球場+投手陣が弱い スワローズが壊滅的被害を受けそうではあるが(DH制の打撃向上<投手成績悪化になりそう)、それでも賛成である。

さて… スポナビが来年で終了ということで、かなり驚いている。 特に野球ファンにとっては、サブカテゴリ―(チーム名)がトップページにあって、きちんと更新順に出てくるのは使い勝手が非常によく、大変素晴らしいサービスだと思っているので残念の一言。 移転先の有名ブログサイト(FC2やlivedoor,はてな等)は、あっても野球カテゴリーであって、12球団分のブログがあると毎日更新するとかしないと、殆ど見てもらえないだろうし、そういう関係でまとめサイトがランキング上位に出てくる現状では気分が萎える。

月に2,3度の更新の私はどうしようかなと思っているのであるが、サイトのお引越し後に、にほんブログ村に登録という形でやって行こうかと思っている。 今、スワローズファンのブログが見たい、と思った場合にこれが最適なのかな、と思うので(google 検索上位に出ます)。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

CS制度とDH制度&お知らせ

ポストシーズンの見直し案について、私もリーグ別のCS、日本シリーズという括りよりも日本選手権としてのトーナメントとしてポストシーズンの制度にしてはと思います。
1回戦は従来通り各リーグの2位×3位での対戦とし、準決勝はセリーグ優勝チームVSパリーグ2位・3位の勝者。パリーグ優勝チームはセリーグ2位・3位の勝者との対戦にして、その準決勝の勝者が日本選手権を争う形ではどうか考えます。必ずしも日本シリーズをセリーグVSパリーグにする必要はなく、あくまでも年度の最強チームを決定する選手権にしてはとおもいますが如何でしょう?

CS制度とDH制度&お知らせ

DH制度について、私の基本的な立場は反対なのです。実はパリーグも
DH制度やめればいいのに..とさえ思っている。
まぁ、リーグ間で違いがあるのも面白いですがね。

他所でもコメントしたことがありますが、打撃能力の低い投手の
かわりにDH(指名打者)1人を入れることができるというルールですが、
確かに、攻撃力はアップするでしょう。その攻撃力に対峙するために
投手力があがる。
今のパリーグが強い理由にDH制度にあるとの見方もあるようですね。
(一因にはあるかもしれないが、それだけではないと個人的には思ってますが)

ファンからすれば、よりスリリングになり面白いといえるかもしれません。

そこで考えたいのは、DH2人はどうでしょう。

最近は打てない捕手が増えましたね。
8,9番が自動アウトというチームは多いと思います。
DH2人..より攻撃的になりますよね??面白くなりそうです。

究極はDH9人です。
投手含めて、守備のスペシャリストと打撃のスペシャリストのチームです。
とてつもなく強いでしょうね。全く違ったスポーツになりそうです。

しかし、面白いか?
時代と共に面白みだけを求め変化を求めるということは、こういう究極も
考えておかなければいけません。

さらに、プロ野球が両リーグ共にDH採用になると、高校野球、少年野球も
変わってくるでしょう。

もともとプロに入るような選手は、少年のころより、エースで4番という
選手が多いのは、よく知られています。
少年野球→高校野球とあがるにつれ、より秀でた部分を磨き、
投手に専念、あるいは俊足を活かした野手へ、強肩を買われ捕手へ転向など
していきます。

優れた野手が投手出身ということは珍しくないですよね。

プロ野球がDH制度のみになると、
投手志望の人は投球練習しかやらないでしょうね。

これでは果たして、野球界全体のレベルが向上するのか?
私には疑問なのです。

打撃は今一つだけど、守備だけでお金が取れる選手、
守備には不安があるが、打撃力だけでスタメンを張る選手。
それぞれに個性があり、その組み合わせでチームの個性、カラーが
違ってくる。そのほうが人間味があって、面白いと思いませんか?

エラー多いが、打ちまくって勝つチーム、
投手を含めた守備力で1点を守りきって勝つチーム。それぞれに
個性があるから対戦させると面白いのだと、私は思うのですが、
いかがでしょうか。

こんな記事も読みたい

”落合博満”という”監督”【ViVaDra!!】

本音ってどうなのよ!?【no title】

ハマスタのレジェンド、1978年の選手たちの思い出(2013年1月の記事から)【YOKOHAMA lover】

引越し準備完了 ですが 最後まで書きたく【ファン歴44年 神宮の杜】

秋季キャンプ「皆で頑張る!」【ファン歴44年 神宮の杜】

2017年を振り返り、アンケート回答結果のお知らせ、そしてお別れのご挨拶。【神宮と戸田、あと両国に思いを馳せて。~From愛媛・Live In大阪ちなヤク日記~】

いいドラフトだったのかな【プロ野球燕通信】

2017東京ヤクルト・ドラフト振り返り。テーマは「盛大にポジり倒す!」【神宮と戸田、あと両国に思いを馳せて。~From愛媛・Live In大阪ちなヤク日記~】

ブロガープロフィール

profile-iconfuwaku

  • 昨日のページビュー:317
  • 累計のページビュー:1495777

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. FA宣言残留を認めない、を考える
  2. 他球団ファンのための神宮球場講座
  3. 補償選手希望
  4. 戦力外から見るドラフト戦略
  5. スワローズドラフト予想 2016
  6. プロテクト予想
  7. スワローズドラフト予想 2017
  8. ドラフト戦略(1)~スワローズは独自路線なのか?~
  9. ファンの怒りは当然だ
  10. 真中監督の解任を要求する

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss