サッカー監督生活(Sevillaセビージャ)

バルセロナ対セビージャのすーパーカップ当日

このエントリーをはてなブックマークに追加

残り約1時間でキックオフとなるスーパーカップ。 セビージャのスタメンが発表され、ベト、コケ、ラミ、クリホヴィアク、トレモウリーナス、バネガ、クローン・デーリ、イボーラ、レジェス、ビトーロ、ガメイロでキックオフを迎えるようです。クリホヴィアクのCB起用は、前日の記事で予想されていたことですが、ラミがスタメンというはセビージャにとっては良いニュースですが、彼のパフォーマンスがどの程度かが気になります。そして中盤は昨シーズンのセビージャを支えたと言える、バネガが先発し、イボーラもスタメンに名を連ねています。新顔はセルタから移籍をしてきたクローン・デーリが起用されていることですが、彼はセルタでの実力を証明しているだけに、活躍が期待されます。そして両サイドでは、新加入のコノプニャンカをベンチスタートさせることを決めたエメリ監督、ビトーロとレジェスを起用することに決め、1トップはガメイロとなります。 昨シーズンのベースを大事にしているように感じるスタメン選手ですが、自分としてのサプライズはベトの先発起用です。彼は昨シーズンは怪我のため、セルヒオ・リコにスタメンを奪われることになり、怪我から復帰したヨーロッパリーグのゼニト戦では、ミスによって2失点を喫し、度重なる怪我もありましたが、セビージャの昨シーズンの正ゴールキーパーはセルヒオ・リコでした。ですが、この大事な1戦にベトが先発復帰を果たしたのは、プレシーズンで監督の信頼を取り戻す活躍を見せたと考えられますが、Twitterではベトの先発起用を不安視する声が出ています。 一方のバルセロナはシュテーゲン、ダニエル・アルベス、マテュー、ピケ、マスチェラーノ、ブスケツ、ラキティッチ、イニエスタ、スアレス、メッシ、ラフィーニャというメンバーが発表されていますが、私の勝手な予想では、イニエスタをウィングで起用し、ラフィーニャが中盤でプレーするのではないかと思います。しかし、ここに来て再びペドロを外すというは、やはり放出が決まっているということなのでしょうか。それともクラブに対して彼をスタメンとして考えていないと、自分のアイディアを示しているのか。 どちらにしても攻撃の面で両チームともに、切り札となる選手を持っているというのは、そのカードを切るタイミングを見るという面でも面白いものになりそうです。 セビージャに関しては守備陣に問題があった場合、右SB以外のポジションは交代を余儀なくされた場合、格段にレベルが落ちる状態であり、ボランチに関しても同様のことが言えます。トップ下にはデニス・スアレス、FWにはインモビーレ、サイドにはコノプニャンカ、そしてまだ見たことのないカクタが控えているので、攻撃陣の控えは豪華な顔ぶれが揃っています。 心配されたコロもベンチ入りを果たしていますが、よほどのことがない限り、起用はされないでしょう。コロとは反対に、エスクデロがスタンド観戦になることになりました。サイドバックの控えはマリアーノとなり、中盤でもDFでもプレーできるルイスミとセルヒオ・リコもベンチ入りしています。

試合の鍵はセビージャの守備。ディフェンスのコンセプトが試合の中で見せられるか、そこからのカウンターを決めることができるかが勝負となります。バルセロナを相手にする場合、メッシを抑えると言われがちですが、それ以外の選手も危険な選手であるため、どれだけライン間を狭くして、チームとして上下に動きながら、守備ができるか、奪いどころを見極めてのカウンターで、サイドのスペースを使いながらも、スピードを落とさない攻撃が求められます。 そして何よりもバルセロナに勝つためには、立て続けに失点をしないこと。無失点で抑えれば勝利の確率は高くなりますが、バルセロナを無失点に抑えるは今のセビージャにできないと思います。1点失点しても、焦らず2失点目をしないこと。ライン間を空けて、チームがばらばらにならないこと。それが重要です。バルセロナは1点とっても次の1点を取りに行くチームです。そこをやらせないことで、必ずチャンスは訪れることでしょう。 エメリ監督がどうプランを立てているかはわかりませんが、彼のプランを90分、もしくは120分プラスPKまで、セビージャというチームがそれを実現することこそが、勝利への道となるのです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Sevilla
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

プレミアリーグ第1節 チェルシー×スウォンジー【サッカー三昧】

バルセロナ新主将のイニエスタ、UEFAスーパーカップに向け「6冠に向けた初めの一歩」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

ブンデスリーガ三クラブが下部チームに敗戦 DFBポカール一回戦の衝撃 【ベルリンからブンデス観察】

ブロガープロフィール

profile-iconfutbol1982

若林 大智
entrenadortw%gmail.com(%を@に変更)
セビージャに住んで5年。
NerviónでBenjamín(10歳以下の子供たち)で監督。
スペインでの経歴はSevilla Este Alevín←アシスタントを始め、次のシーズンでは、同じチームのCadeteでアシスタント、Alevínの監督、3シーズン目は、Sevilla EsteのJuvenilで第二監督、NerviónのPrebenjaminの監督、その後にNervionのBenjaminの監督をし2部リーグ2位、その後NerviónのBenjamínのトップカテゴリーで3位となり、今シーズンはAlevínのトップリーグで監督。スペインコーチングスクールの全ての過程を終了し、レベル3を取得。
スペインのやんちゃな子供たちと一緒に、サッカーという世界中の人が愛するスポーツを通して、ともに成長していきたいと思っています。
  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:1212860

(05月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オリンピック代表のスペインはなぜ敗退したのか
  2. オーストラリア対日本 1-1
  3. イタリア対日本 4−3 絶対に改善しなければならない、戦術とテクニック
  4. グループAはチェコとギリシャが予選通過
  5. サイクルの終わり
  6. 自由な発想がない
  7. ザッケローニ監督への批判について、ベラルーシとの試合から考える
  8. ブラジル対日本0ー4から考える日本サッカー
  9. セビージャ対レアルマドリ― 1-0
  10. 日本代表は強くなっている

月別アーカイブ

2015
08
01
2014
12
11
09
08
07
05
04
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss